版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
一流の本質 児玉 光雄(著/文) - SBクリエイティブ
..
サイエンス・アイ新書

一流の本質 ずば抜けた成果を出す科学的努力の技術

新書判
192ページ
定価 1,000円+税
ISBN
9784797392685
Cコード
C0295
一般 新書 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年4月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

イチロー選手、クリスティアーノ・ロナウド選手、藤井聡太棋士、羽生善治棋士、アンリ・ポワンカレ、テレンス・タオ(数学者)、ウォルト・ディズニー――スポーツ選手、棋士、学者、表現者には「天才」と呼ばれる人がいます。なぜ、そのような人が存在するのでしょうか? 天才になるために重要なのは、「生まれ」なのでしょうか、「育ち」なのでしょうか? 「生まれ」だけで一流になれるのでしょうか? 「育ち」であれば、どうやって一流に到達したのでしょうか? 本書では、長年の研究成果から、天才・一流といわれる人の行動や思考を分析し、一流になるための極意を解説します。

目次

■第1章 天才の脳の使い方を理解する
■第2章 「非利き脳」を活性化させる
■第3章 潜在能力を発揮する技術
■第4章 直感を極限まで働かせる技術
■第5章 ひらめきを精一杯働かせる技術
■第6章 ひらめきを形にする技術
■第7章 天才児を育てるための秘訣
■第8章 子どもを天才アスリートにする技術
■第9章 天才を目指すためのトレーニング

著者プロフィール

児玉 光雄  (コダマ ミツオ)  (著/文

1947年、兵庫県生まれ。追手門学院大学客員教授。前鹿屋体育大学教授。京都大学工学部卒。学生時代はテニスプレーヤーとして活躍し、全日本選手権にも出場。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院にて工学修士号を取得。米国オリンピック委員会スポーツ科学部門本部の客員研究員として、オリンピック選手のデータ分析に従事。専門は臨床スポーツ心理学、体育方法学。能力開発にも造詣が深く、数多くの脳トレ本を執筆するだけでなく、これまで『進研ゼミ』(ベネッセコーポレーション)、『プレジデント』(プレジデント社)、『日経ビジネスAssocie』(日経BP社)など、多くの受験雑誌やビジネス誌に能力開発に関するコラムを執筆。これらのテーマで、大手上場企業を中心に年間70~80回のペースで講演活動をしている。著書は150冊以上、累計250万部にのぼる。日本スポーツ心理学会会員、日本体育学会会員。

上記内容は本書刊行時のものです。