版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:30:"リリエールと祈りの国";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-7973-9068-1";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1245:"「このライトノベルがすごい!2017」(宝島社刊)の単行本・ノベルズ部門にランクインした、GAノベル話題作『魔女の旅々』シリーズの正統続編始動!!白石定規(著)×あずーる(イラスト)のコンビ再結集でおくるほんわか楽しく、ちょっぴり切ないアットホーム・コメディ。「これ絶対に何かヤバい仕事じゃん」 マクミリアは、空腹で行き倒れたところを謎多き少女リリエールに助けられ、彼女の下で働くことに――「最近ちょっと欲求不満なの。右手がうずくの。解呪やらせて?」 彼女は呪いともいえる厄介な祈りを解除する『戒祈屋』の主人だった。 賭博場を荒す灰の魔女、怪盗紳士、仮面少女、夢魔の偏愛、前王女の隠し子捜し。戒祈屋の助手として、マクミリアの奔走する日々が始まる!?「緩やかに崩壊が進む国で、戒祈屋リリエールは今日も平常運転です!!」 ここは領域都市クラウスレイン。捧げられた祈りを成就する不思議な大聖堂の影響で滅びつつある国を、楽しくテキトーに支え続ける少女達の物語。";s:6:"author";s:22:"白石 定規(著/文)";s:10:"publishers";s:23:"SBクリエイティブ";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:23:"SBクリエイティブ";s:12:"release_date";i:1489503600;}

GA文庫

リリエールと祈りの国

文庫 ラノベ

白石 定規(著/文)
発行:SBクリエイティブ

文庫判   288頁 
定価 600円+税

ISBN 978-4-7973-9068-1   C0193

書店発売日 2017年3月15日
登録日 2017年1月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「このライトノベルがすごい!2017」(宝島社刊)の単行本・ノベルズ部門にランクインした、
GAノベル話題作『魔女の旅々』シリーズの正統続編始動!!

白石定規(著)×あずーる(イラスト)のコンビ再結集でおくる
ほんわか楽しく、ちょっぴり切ないアットホーム・コメディ。


「これ絶対に何かヤバい仕事じゃん」
マクミリアは、空腹で行き倒れたところを謎多き少女リリエールに助けられ、彼女の下で働くことに――
「最近ちょっと欲求不満なの。右手がうずくの。解呪やらせて?」
彼女は呪いともいえる厄介な祈りを解除する『戒祈屋』の主人だった。
賭博場を荒す灰の魔女、怪盗紳士、仮面少女、夢魔の偏愛、前王女の隠し子捜し。戒祈屋の助手として、マクミリアの奔走する日々が始まる!?
「緩やかに崩壊が進む国で、戒祈屋リリエールは今日も平常運転です!!」
ここは領域都市クラウスレイン。捧げられた祈りを成就する不思議な大聖堂の影響で滅びつつある国を、楽しくテキトーに支え続ける少女達の物語。

その他情報

編集部激押しタイトル!! ゲラの試し読みによる書店員ガチレビュー


●年齢不詳、正体不明の主人公リリエール、性格に問題ありのマクミリア、魔法が使えない魔法使いのイレイナ達が戒祈屋【リクレス】なるお店で仕事をするドタバタ劇。謎や秘密が解かれる度に3人の関係が分かっていくのがおもしろい。持ち込まれる小さな事件から、国を揺るがす大きな事件まで解決するコミカルで時にはシリアスな傑作ストーリー! !
(ゲオ藤岡店/柳貴紀)

●久しぶりに冒頭からわくわくさせられる作品でした! 素直に話が面白く非常に読み易かったです。そして何よりも地の文が抜群に面白い! 『魔女の旅々』・『リリエールと祈りの国』を通してすっかり白石先生のファンになりました!
(とらのあな秋葉原店A/河村)

●理不尽な聖堂に纏わるマクミリアたちの日常を、世知辛いけど、ずっと眺めていたい。と思いました。一章の長さ毎がちょうど良く、気軽に楽しめて読み応えもありました。また違う視点から描かれる魔女の旅々のイレイナについては、作品を飛び出して、旅は続いていたんだと謎の感動がありました。気軽に楽しく、少し切ない。ふと思い出して手にとる、日々の読書を少し豊かにしてくれる一冊だと思います。
(COMIC ZIN新宿店/山本佳輝)

●祈りが叶ってしまう国で起こるちょっとした非日常がとても面白く描かれていてどんどんページを進めてしまいました。幸せを願うということは誰かが不幸にもなるという少し怖い側面もみせているのが魅力的でした。キャラクターたちは少しずつ滅びに向かっていく国でどのような動きを魅せるのか! 続きが気になります!
(オリオン書房ノルテ店/西室浩之)

●白石定規先生の世界観はとても魅力的で、文体も読みやすく、私個人としてもすぐにファンになりました。読み終えた日から、頭の中をずっと反芻しております。全体を通してコメディチックな面が多かったので、印象に残ったシーンも多々あります。その中で『祈り』によって他人を貶めようとする人間らしさにも、魅力を感じました。
(芳林堂書店 みずほ台店/水島弘貴)

●各章ごとで話が区切れているのでとても読みやすかったです! また、私は『魔女の旅々』を読んでいませんでしたが、それでも楽しめました
(アニメイト横浜店/増川)

●章ごとで「事件発生」⇒「依頼」⇒「解決」と完結するので大変読みやすく、また登場するキャラクターがみな活き活きとしている為世界観にしっかりとハマれる作品でした。※個人的にはサキュバスの話が好きです。
(アニメイト 津田沼店/米倉)

著者プロフィール

白石 定規(シライシ ジョウギ)

白石定規(しらいし・じょうぎ) GAノベル版『魔女の旅々』で商業作家デビュー。 愛知県在住。

上記内容は本書刊行時のものです。