版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:105:"年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-7973-8989-0";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1403:"資産家でもなく、ブラック企業の一社員だった小林さんが、34歳にして、自分だけのひとりビジネスで年収1億5000万円を稼ぎ出しているワケ。小林さんは、収入の柱が25本を超えるビジネスオーナーにして投資家。サラリーマン時代ですでに副業での月収が1000万円を超える月もあったそう。しかも、継続性や安定性に欠ける「自転車操業」の商売ではなく、やっているのは毎月継続的に収益をあげるビジネスだけ。小林さんが体得した、読者にとっても再現性の高い、儲かる「ストックビジネス」の作り方をレクチャーする。33歳の若さで、自分のビジネスを持ち、年収1億5000万円を稼ぎ出している。しかも社員ナシ、自分ひとりだけで。いったい何をやっているの?[小林さんの収入の実績]・不動産投資:43室保有、毎月のキャッシュフロー100万円・民泊ビジネス(airbnb):5室保有、毎月のキャッシュフロー30万~80万円・太陽光発電:毎月のキャッシュフロー5万~10万円・その他の権利収入:毎月200万~300万円・カメラ転売:最高月間利益45万円・教材販売、アフィリエイト:毎月10万~20万円……etc.※最高月収:2500万円(2015年12月)";s:6:"author";s:22:"小林 昌裕(著/文)";s:10:"publishers";s:23:"SBクリエイティブ";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:23:"SBクリエイティブ";s:12:"release_date";i:1489762800;}

年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方

ビジネス ラノベ

小林 昌裕(著/文)
発行:SBクリエイティブ

四六判   224頁 
定価 1,400円+税

ISBN 978-4-7973-8989-0   C0034

書店発売日 2017年3月18日
登録日 2016年12月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

資産家でもなく、ブラック企業の一社員だった小林さんが、34歳にして、自分だけのひとりビジネスで年収1億5000万円を稼ぎ出しているワケ。
小林さんは、収入の柱が25本を超えるビジネスオーナーにして投資家。
サラリーマン時代ですでに副業での月収が1000万円を超える月もあったそう。

しかも、継続性や安定性に欠ける「自転車操業」の商売ではなく、やっているのは毎月継続的に収益をあげるビジネスだけ。
小林さんが体得した、読者にとっても再現性の高い、儲かる「ストックビジネス」の作り方をレクチャーする。

33歳の若さで、自分のビジネスを持ち、年収1億5000万円を稼ぎ出している。
しかも社員ナシ、自分ひとりだけで。
いったい何をやっているの?


[小林さんの収入の実績]
・不動産投資:43室保有、毎月のキャッシュフロー100万円
・民泊ビジネス(airbnb):5室保有、毎月のキャッシュフロー30万~80万円
・太陽光発電:毎月のキャッシュフロー5万~10万円
・その他の権利収入:毎月200万~300万円
・カメラ転売:最高月間利益45万円
・教材販売、アフィリエイト:毎月10万~20万円
……etc.
※最高月収:2500万円(2015年12月)

目次

●プロローグ:あなたの心を折ってしまう「稼ぎの落とし穴」
・なぜお金儲けの情報は多いのに、行動に移している人は少ないのか
・最初は誰でも不安、勇気は稼ぎながら身につけよ
・不動産投資から入り、時間と心の余裕を作ろう

・最初にやってはいけない落とし穴ビジネス 一覧
心理負担度 ☆☆☆
時間拘束度 ☆☆☆
参入難易度 ☆☆☆ 3つの星で各項目をひと目で評価
1)株式投資 ※初めにやるものではない。心理負担が大きく、本業に支障が出る
2)FX ※ 損してもいい範囲内でやらないと、間違いなく心が折れる
3)投資信託 ※ 元手が大きくない今では、小銭しか稼げない
4)転売(カメラ・せどり等)
※労働が2つになり、最初としては時間的拘束が大きすぎる。仕入れでお金が先に出て行
く不安もある
5)アフィリエイト
※ラクそうに見えて実は重労働。回収は先になる上、虚業コンプレックスでの燃えつきに
注意
6)YouTuber
※典型的な蓄積型だが、月200本×半年を積み重ねられる時間の余裕はあるか?

・あなたの勇気を鍛え、稼ぎを実現する「3ステップ」戦略
・何より心の余裕が大切、次にある程度の元手、この順番を間違えるな
・リスクは後回し、怖い気持ちを乗り越え 精神的安定を得てからでよい
・しっかり稼ぐためには「勇気」の成長にあわせてビジネスを変えよ
・収入は「自動課金系→実働系→情報発信系」の順番で得なければ続かない
・「お金から入ってお金から離れる」この心得が人間的にも成長させる

●ステップ1:儲けのベースは 「不動産投資」から
◎まず一部屋から不動産投資を始めよう
・その一部屋が大きな自信、マインドセットになる
・金額の多寡にかかわらず、コペルニクス的大転換を体験
・融資は日本政策金融公庫から固定金利で
◎狙うは、23区内の区分マンション
・資産価値が落ちにくい
・「民泊」にも対応できる
・サブリースにも対応できる
・日本人向けの賃貸でも需要が高い
・築50年でも値崩れしない六本木のマンション
◎都心の区分は超手堅い&経験値を積む練習に
◎都心の区分は3室まで
・月10万円のキャッシュフローを生み出す

◎その後は、一棟ものにシフトせよ!
1)地方の中古一棟
2)1都3県の新築アパート
3)賃貸併用住宅

・価値が変わりにくい土地を買って、キャッシュフローも大きくなる
・3棟持つと、月額キャッシュフロー1000万円に
・資産管理法人を作ろう
・空室リスク、広告費や修繕費はこうやって下げられる

◎利回り16~17%物件の探し方
◎選ばれる物件のつくり方
・リフォーム業者の探し方
・業者さんには儲けてもらう
・天井のファンを付ける
・トイレットペーパーホルダーは金物に
・POPの作り方
・フリーレント、初期費用ゼロ物件
・不動産会社には「袖の下」も用意
……etc.

●ステップ2:成長に応じてビジネスを「複線化」し続ける
※ 経済的基盤を構築することで資金が必要だったり多少リスクがあったり結果が出るの
に少し時間がかかるようなビジネスに挑戦できるようになる。権利収入には自分の時間が
取られないのでマネタイズに時間を投下できる。稼げるようになると、抱えるリスクもヘ
ッジできるようになり、ますます磐石になっていく。
○「自動課金型→労働型→情報発信型」の流れを守りつつ複線化する
・前提はここまでで自動入金の基盤をつくり、精神的・時間的余裕をつくること
・不動産投資家は「働く実感が欲しい」と悩む人が多い
・向き不向きをチェック!自分に合ったビジネスや投資に集中してマネタイズせよ
・勇気が増した今なら、落とし穴も飛び越えられる

a)自動課金系(コインパーキング、コインランドリー、トランクルーム)
b) ネットビジネス(転売 or トレンドアフィリエイト)
c) 金融系(バイナリーオプション or FX自動売買)
d) 稼げたノウハウで情報発信(メルマガ、セミナー講師)
e) コンサルやスクール、会員制ビジネスなどの販売
f) ノルマがなく、消耗品系ではないMLM(抵抗ない人だけ)

●ステップ3:「権利収入」で人生の自由を確実に
※ 人生を選べるようになるためには、やはり最終的に「権利収入」を増やしていく必要
がある。ただ、不動産投資以外の権利収入は難易度が高すぎるか、或いは資金が必要なこ
とが多い。難易度が高い権利収入(印税、特許など)は難しいが、資金が必要な権利収入
についてはSTEP1?3で稼いでいるので、挑戦できるようになる。お金を預けることで得
られる権利収入を増やせば、STEP1?3のいずれかの収入の柱が1つ2つ減ったり無くな
ったりしたとしても、もう崩れることはない。

g) ベンチャー企業への出資
h) 物販代行業者への出資
i) 外貨を複利で運用する
j) 国内金融投資(ソーシャルレンディング)
k) 海外金

著者プロフィール

小林 昌裕(コバヤシ マサヒロ)

1982年生まれ。大学卒業後、建築材料メーカーに就職。営業職としてガムシャラに働くも、祖母の葬式で、社用の電話をかけながら集合写真に撮られた自身の姿を見て、社畜のような人生を見つめ直す。2009年1月に転職。同年7月、不動産投資用に区分マンションを購入。以降、26~30歳の間に、3戸の区分マンション、4棟のアパートやマンションを購入し、合計43戸のオーナーになる。2014年に会社を退職し、現在は、20余りのキャッシュポイント(太陽光発電、アフィリエイトなど)を持つ。年収は1億5000万円ほど。年150回のセミナーを開催し、1万2000部のメルマガを配信。労働収入だけではなく資産収入を構築するためのノウハウを広める。

上記内容は本書刊行時のものです。