版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:39:"航空自衛隊「装備」のすべて";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-7973-8327-0";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:2437:"【日本の防空を担う航空自衛隊の最新装備を、F-15Jの元パイロットで航空写真家の赤塚 聡氏が美麗写真とともに1冊にまとめました。空自の今を知るのに最適な1冊です!】【『ドッグファイトの科学』『ブルーインパルスの科学』などの著者・赤塚 聡氏が、自らがこれまでに撮影した貴重な写真とともに航空自衛隊の装備を徹底解説!】近年、我が国を取り巻く安全保障環境は、様々な問題や不安定要素が顕在化・先鋭化してきています。特に南西地域では、2012年12月に生起した中国のY-12輸送機による尖閣諸島での領空侵犯をはじめ、翌年の中国による防空識別圏(ADIZ)の設定など、活発化する中国の動きに対する航空自衛隊の戦闘機による緊急発進の回数が急増しています。2014年には過去最高を記録した1984年の944回に迫る943回に達しましたが、そのうちの半数が中国機に対する緊急発進でした。本書では航空自衛隊の様々な装備をまとめ、我が国の空を守る唯一の組織の最新情報を解説していきます。【この本の内容】●我が国の空を守る唯一の組織●より不安定さを増す、我が国周辺の安全保障環境●発見→識別→要撃→撃破のプロセス●防衛任務だけでなく、災害時などでは多くの人命を救う●任務に対応するために様々な航空機を装備●近代化改修により、さらなる能力向上を果たすF-15J/DJ●空自初の本格的な多用途戦闘機三菱F-2A/B●本格的な要撃戦闘機のスタンダードを築いた名機F-4EJ●航空自衛隊初のステルス戦闘機F-35A●航空自衛隊が唯一導入した偵察専用機RF-4E/EJ●空飛ぶレーダーサイトE-767早期警戒管制機●大きな搭載能力と長大な航続性能を有する国産輸送機C-2●戦術輸送機のベストセラーC-130H●航空自衛隊初のジェット捜索救難機U-125A●自動警戒管制(JADGE)システム●ペトリオット地対空誘導弾●進化を続ける国産の空対空ミサイル●様々なバージョンに発展した国産の空対艦ミサイル●誘導弾化が図られて命中精度が向上した各種爆弾●電子対抗手段によって自身を守る装備……";s:6:"author";s:19:"赤塚 聡(著/文)";s:10:"publishers";s:23:"SBクリエイティブ";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:23:"SBクリエイティブ";s:12:"release_date";i:1494946800;}

サイエンス・アイ新書

航空自衛隊「装備」のすべて 「槍の穂先」として日本の空を守り抜く

新書 ラノベ

赤塚 聡(著/文)
発行:SBクリエイティブ

新書判   192頁 
定価 1,000円+税

ISBN 978-4-7973-8327-0   C0231

書店発売日 2017年5月17日
登録日 2017年3月31日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

【日本の防空を担う航空自衛隊の最新装備を、F-15Jの元パイロットで航空写真家の赤塚 聡氏が美麗写真とともに1冊にまとめました。空自の今を知るのに最適な1冊です!】

【『ドッグファイトの科学』『ブルーインパルスの科学』などの著者・赤塚 聡氏が、自らがこれまでに撮影した貴重な写真とともに航空自衛隊の装備を徹底解説!】

近年、我が国を取り巻く安全保障環境は、様々な問題や不安定要素が顕在化・先鋭化してきています。特に南西地域では、2012年12月に生起した中国のY-12輸送機による尖閣諸島での領空侵犯をはじめ、翌年の中国による防空識別圏(ADIZ)の設定など、活発化する中国の動きに対する航空自衛隊の戦闘機による緊急発進の回数が急増しています。2014年には過去最高を記録した1984年の944回に迫る943回に達しましたが、そのうちの半数が中国機に対する緊急発進でした。本書では航空自衛隊の様々な装備をまとめ、我が国の空を守る唯一の組織の最新情報を解説していきます。

【この本の内容】
●我が国の空を守る唯一の組織
●より不安定さを増す、我が国周辺の安全保障環境
●発見→識別→要撃→撃破のプロセス
●防衛任務だけでなく、災害時などでは多くの人命を救う
●任務に対応するために様々な航空機を装備
●近代化改修により、さらなる能力向上を果たすF-15J/DJ
●空自初の本格的な多用途戦闘機三菱F-2A/B
●本格的な要撃戦闘機のスタンダードを築いた名機F-4EJ
●航空自衛隊初のステルス戦闘機F-35A
●航空自衛隊が唯一導入した偵察専用機RF-4E/EJ
●空飛ぶレーダーサイトE-767早期警戒管制機
●大きな搭載能力と長大な航続性能を有する国産輸送機C-2
●戦術輸送機のベストセラーC-130H
●航空自衛隊初のジェット捜索救難機U-125A
●自動警戒管制(JADGE)システム
●ペトリオット地対空誘導弾
●進化を続ける国産の空対空ミサイル
●様々なバージョンに発展した国産の空対艦ミサイル
●誘導弾化が図られて命中精度が向上した各種爆弾
●電子対抗手段によって自身を守る装備
……

目次

■第1章 航空自衛隊とは?
■第2章 空自の航空機
■第3章 空自の防空装備
■第4章 航空機に搭載する装備
■第5章 空自の将来の装備
■第6章 空自の飛行部隊

著者プロフィール

赤塚 聡(アカツカ サトシ)

1966年、岐阜県生まれ。航空自衛隊の第7航空団(百里基地)でF-15Jイーグルのパイロットとして勤務。現在は航空カメラマンとして航空専門誌などを中心に作品を発表するほか、執筆活動や映像ソフトの監修なども行っている。日本写真家協会(JPS)会員。おもな著書は『ブルーインパルスの科学』『ドッグファイトの科学』(サイエンス・アイ新書)、『航空自衛隊の翼 60th』(イカロス出版)。

上記内容は本書刊行時のものです。