版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:64:"電池レス無線マイコンEnOceanでセンサIoT製作入門";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-7898-4805-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:476:"本書は,電池の代わりにエネルギー・ハーベスティング(環境発電技術)による電力でワイヤレス・センサ・ネットワークを実現する方法の一つ,EnOcean(エンオーシャン)の技術を解説. IoTやM2Mを支える技術で,ワイヤレス・センサ・ネットワークの果たす役割は大きく,センサと無線通信を組み合わせた機器の活用やサービスが様々な分野で拡大中です.";s:6:"author";s:89:"堺谷 智 渡辺 明禎 松香 光信 西田 衣織 大野 謙司 坪井 義浩(著/文)";s:10:"publishers";s:8:"CQ出版";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:8:"CQ出版";s:12:"release_date";i:1505228400;}

トライアルシリーズ

電池レス無線マイコンEnOceanでセンサIoT製作入門 貼りまくり!バラまきまくり! ソーラ発電だからエンドレス&メンテナンス・フリー

工業・工学 ラノベ

堺谷 智 渡辺 明禎 松香 光信 西田 衣織 大野 謙司 坪井 義浩(著/文)
発行:CQ出版

B5判   168頁 
定価 2,000円+税

ISBN 978-4-7898-4805-3   C3055

書店発売日 2017年9月13日
登録日 2017年9月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

本書は,電池の代わりにエネルギー・ハーベスティング(環境発電技術)による電力でワイヤレス・センサ・ネットワークを実現する方法の一つ,EnOcean(エンオーシャン)の技術を解説.
 IoTやM2Mを支える技術で,ワイヤレス・センサ・ネットワークの果たす役割は大きく,センサと無線通信を組み合わせた機器の活用やサービスが様々な分野で拡大中です.

目次

★目 次


☆基礎編

◎エネルギー・ハーベスティングでIoTを実現する
●第1章 電池が不要な無線通信技術EnOceanの基礎知識
1-1 EnOcean GmbHという会社について
1-2 EnOcean無線通信技術とは
1-3 EnOcean通信プロトコルの概要
1-4 国際標準規格 ISO/IEC 14543-3-1X
1-5 EnOcean通信を活かしたアプリケーション
1-6 世界的な普及のために設立されたEnOceanアライアンス
1-7 EnOcean無線通信の導入例
1-8 EnOcean関連の定期刊行誌“EnOcean Alliance Journal”

◎超低消費電力無線通信を簡単に実現できる
●第2章 電池不要の無線モジュールの種類と活用法
2-1 スイッチ・モジュール PTM210J
2-2 スイッチ用発電モジュール ECO200
2-3 スイッチ用送信モジュール PTM430J
2-4 マグネット・コンタクト・センサ STM429J
2-5 温度センサ・モジュール STM431J
2-6 湿度センサ・モジュール HSM100
2-7 USBタイプ受信モジュール USB400J
2-8 送信用エネルギー・ハーベスティング無線モジュール STM400J
2-9 送受信用プログラマブル無線モジュール TCM410J
2-10 低電圧DC-DCコンバータ ECT310
2-11 EnOcean開発キット EDK400J
2-12 ゲートウェイ開発キット CS-A420W-ENOCEAN
2-13 XBee互換EnOceanモジュール XOcean
2-14 送受信モジュール CS35A3
2-15 STM429J/STM431J用樹脂ケースと磁石
2-16 ケース付き STM429J/STM431J
コラム1 各周波数シリーズのEnOcean製品対応表
コラム2 エネルギー・バジェットの計算例
コラム3  EnOceanモジュールの各国の周波数への対応

◎EnOcean無線通信のハードウェアとソフトウェアの詳細
●第3章 Dolphin V4プラットフォームのアーキテクチャ
3-1 Dolphin V4プラットフォームのハードウェア
3-2 EnOcean通信プロトコル
3-3 EnOcean Radio Protocol(ERP)
3-4 EnOcean Serial Protocol(ESP)
3-5 EnOcean Equipment Profile (EEP)
3-6 Generic Profiles(GP)
3-7 リピータ機能
3-8 その他の通信機能(オプション機能)

◎モジュール・コンフィグレーションとファームウェアの開発方法
●第4章 EnOceanの開発ツールと開発フロー
4-1 EnOcean提供のツール
4-2 アプリケーション・インターフェース Dolphin V4 API
4-3 プログラムの変更ができる Dolphin V4 Suite
4-4 解析用可視化ツール DolphinView Basic/Advanced
4-5 Keil製統合開発環境(μVision)
4-6 EnOceanのソフトウェア開発フロー
4-7 モジュール・コンフィグレーションとファームウェアの開発
コラム4 928.350MHzから海外周波数へ移行する際の注意点
コラム5 EnOceanに関するよくある質問(FAQ)

◎電池レスで配線レスが画期的な応用を生み出す
●第5章 EnOceanを活用した開発事例と導入事例
5-1 EnOcean ゲートウェイ開発キット
5-2 LED照明用PWM調光コントローラ
5-3 マルチ通信ゲートウェイ
5-4 スマート・ライティング・システム
5-5 EnOcean見守りIoTシステム開発キット
5-6 植物工場の無線制御対応植物育成用LEDバー
5-7 文化財保護に貢献するEnOcean照明ソリューション
5-8 ラウンド・スイッチとセンサ用ケース
5-9 エコロジー・コール・システム
コラム6 電波伝播に影響する各種要因と回避策
コラム7 EnOcean機器設置の実際


☆実践編

◎EnOceanモジュールの活用とファームウェアの書き換え方
●第6章 温度センサSTM431Jと無線受信機USB400Jの使い方
6-1 STM431JとUSB400Jを使ってみる
6-2 STM431Jのコンフィグレーションを変更する
6-3 VisualBasicにより受信パケットを表示する
6-4 STM431Jのファームウェアを書き換える
6-5 ファームウェアを書き換える方法
6-6 市販マイコンでプログラマを自作する
6-7 ファームウェアの開発方法

◎TCM410Jによるデータ通信とSTM431Jを使ったゲートウェイ
●第7章 EnOceanモジュールを使ったデータ通信の実験
7-1 双方向データ通信ができるTCM410J
7-2 TCM410JとUSB400Jによる通信実験
7-3 STM431Jを使った通信実験
コラム8 EnOcean Serial Protocol 3(ESP3)のパケット定義

◎玄関や窓の防犯対策を簡単に実現できる
●第8章 EnOceanを使ったホーム・セキュリティ・システム
8-1 ECO200とPTM430Jを使ってみる
8-2 センサを窓に取り付ける
8-3 火災報知器に取り付ける
8-4 温度センサ・モジュールSTM431Jをセキュリティに使う
8-5 玄関部のセキュリティ
8-6 ソフトウェアの作成
コラム9 指紋センサ

◎EnOcean無線通信を使った温度/湿度,大気圧,風速の計測
●第9章 簡易気象観測ステーションを作る
9-1 温度/湿度と大気圧の計測
9-2 超音波風速計
9-3 トランシーバ・モジュールTCM410Jによる無線送信

◎EnOceanゲートウェイ開発キット・セットで実践する
●第10章 小型サーバArmadillo を使ったEnOceanデータの活用
10-1 EnOceanの開発環境を構築する
10-2 ArmadilloでEnOceanを受信
10-3 データを表示するシェル・スクリプト
10-4 データ表示するC言語によるプログラム

◎EnOceanで植物とコミュニケーションしてみよう
●第11章 STM431Jと土壌湿度センサでツイートする「植物ったー」の製作
11-1 「植物ったー」とは
11-2 「植物ったー」に使用するEnOceanモジュール
11-3 「植物ったー」を製作する準備
11-4 「植物ったーEnOcean版」の導入手順
11-5 「植物ったーEnOcean版」アプリケーションの詳細

◎iOS/Android端末用ソフト開発ボードkonashiを使用
●第12章 EnOceanスイッチ制御と温度計測アプリの制作
12-1 Shimotsukiをkonashiに接続する
12-2 EnOceanスイッチでkonashiのPIOをON/OFFする
12-3 konashi部分のアプリケーションの作成
12-4 Shimotsukiをkonashiに接続する

◎展示会場の温度分布をSTM431J/USB400Jとmbedで収集
●第13章 EnOcean による温度データ・マッピング・システムの製作
13-1 EnOcean による温度データ・マッピング・システムの概要
13-2 mbedの開発環境はクラウドで提供
13-3 IoTのためのクラウド環境Bluemix
13-4 アプリケーションの作成

本書付属CD-ROMの概要と本書の最新情報の入手先

上記内容は本書刊行時のものです。