版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
FPGAマガジンNo.18 Googleも推す新オープンソースCPU RISC-Vづくり FPGAマガジン編集部(編集) - CQ出版
..
FPGAマガジン

FPGAマガジンNo.18 Googleも推す新オープンソースCPU RISC-Vづくり 仕様の検討からFPGAへの実装,サンプル・プログラムの動作確認まで

発行:CQ出版
B5判
144ページ
定価 2,200円+税
ISBN
9784789846288
Cコード
C3055
専門 単行本 電子通信
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年1月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

最近注目されている新オープンソースCPU“RISC-V”について,ARMなどのCPUと比較しながらアーキテクチャについて解説します.後半ではMAX10とArtix-7の2つのFPGAに実装してサンプル・プログラムを走らせたり,カスタム命令を追加してその性能を評価します.

★目次

☆特集 Googleも推す新オープンソースCPU RISC-Vづくり

●プロローグ なぜRISC-Vが注目されるのか

●第1章 これでスッキリ!RISC-Vを取り巻く現状

●第2章 初めてのRISC-Vアーキテクチャ

●第3章 俺々RISC-Vの仕様検討

●Appendix1RISC-VコアのHDL記述の実際

●第4章 俺々RISC-VのFPGAへの実装

●Appendix2 RISC-V検証用テスト・プログラムによる動作確認

●第5章 俺々RISC-Vのプログラム作成

●第6章 俺々RISC-Vへのカスタム命令の追加

●Appendix3 ハードウェア&ソフトウェア開発環境の構築

☆特集関連

●Design Solution Forumへのお誘い

●ソフトウェアとして記述したCをハードウェアとして動かすには

☆最新技術

●Cyclone V SoC搭載 最新ボード“DE10-Nano”登場!(セットアップ編)

●ソフトウェア無線を実現するXilinx社のRFSoC登場

●高性能FPGA用電源の課題とディジタル制御電源のメリット

☆技術解説

●MIPI PHY規格の概要

●Linux上から大容量SATAストレージにダイレクト・アクセス!

●MAX10-FB基板対応拡張ボードで試すLCD&カメラ

●MIPS本家から登場 FPGA実装向けコア“MIPSfpga”を動かす

☆コラム

●FPGAディープラーニング実践懇親会

●“PDF版”FPGAマガジンのご案内
●読者プレゼント

目次

★目次

◎仕様の検討からFPGAへの実装,サンプル・プログラムの動作確認まで
☆特集 Googleも推す新オープンソースCPU RISC-Vづくり

[IoTの世界を制するか?]
◎懸念材料もあれど,今後の可能性を期待させるアーキテクチャ
●プロローグ なぜRISC-Vが注目されるのか

[全体像を整理する]
◎登場の背景からRISC-V対応ソフトウェアの状況,FPGA向け実装例まで
●第1章 これでスッキリ!RISC-Vを取り巻く現状

[MIPSそっくり?]
◎ARMやMIPSと比較すると見えてくる設計思想
●第2章 初めてのRISC-Vアーキテクチャ

[CPU設計入門]
◎拡張命令にはどれを組み込むか,ハードウェアをどう構築するか…
●第3章 俺々RISC-Vの仕様検討

[Verilog HDLでのCPU記述例]
◎5ステージ動作でベーシックなCPU設計の勉強にもなる
●Appendix1RISC-VコアのHDL記述の実際

[安価な評価ボードで誰でも試せる!]
◎評価ボードMAX10-FB基板&Artyで動かす
●第4章 俺々RISC-VのFPGAへの実装

[仕様書どおりに動作するか?]
◎このテストパターンをパスしないとRISC-Vとは言えない?!
●Appendix2 RISC-V検証用テスト・プログラムによる動作確認

[まずはLチカから始めよう]
◎「Hello World !」表示から乗除算命令を使う演算テストまで
●第5章 俺々RISC-Vのプログラム作成

[どんな命令を追加しようか]
◎3×3行列積演算を高速化するオリジナル積和演算命令
●第6章 俺々RISC-Vへのカスタム命令の追加

[Ubuntu上に環境構築]
◎FPGA開発ツールやRISC-V用コンパイラのインストール手順
●Appendix3 ハードウェア&ソフトウェア開発環境の構築

☆特集関連

[創ろう,拡げよう,設計者ネットワーク]
◎本邦初!RISC-Vトラックで5つの講演に注目
●Design Solution Forumへのお誘い

☆高位合成ツールVivado HLS特設記事

[CPUが無くても楽々シーケンス制御]
◎高位合成ツールVivado HLSをI/Oデバイス制御回路の作成に活用する
●ソフトウェアとして記述したCをハードウェアとして動かすには

☆最新技術

[HDMI表示にも対応!]
◎サンプル・デザインの入手先から開発環境の構築手順まで
●Cyclone V SoC搭載 最新ボード“DE10-Nano”登場!(セットアップ編)

[無線帯域もワンチップで]
◎FPGAにRFクラスのアナログ・テクノロジを統合
●ソフトウェア無線を実現するXilinx社のRFSoC登場

[Enpirion電源ソリューション]
◎低電圧化/大電流化に対応し,より高度な柔軟性を求められる最先端FPGA向け電源
●高性能FPGA用電源の課題とディジタル制御電源のメリット

☆技術解説

[カメラ/LCDモジュールの接続で使われる]
◎スマートフォン内部で使われる高速インターフェースの定番!
●MIPI PHY規格の概要

[Tバイトオーダの領域が使える]
◎Zynq搭載ZedBoard+Spartan-6搭載SATA接続FMC拡張ボードで試す
●Linux上から大容量SATAストレージにダイレクト・アクセス!

[Altera社製デバイス活用編]
◎デジカメとしてもフォトフレームとしても使える
●MAX10-FB基板対応拡張ボードで試すLCD&カメラ

[本家お墨付きのCPUコア!]
◎Linuxも起動できる本物MIPSコアの無償評価版が自由にFPGAに実装できる!
●MIPS本家から登場 FPGA実装向けコア“MIPSfpga”を動かす

☆コラム

[参加型のFPGA勉強会]
◎FPGAコミュニティ探索記
●FPGAディープラーニング実践懇親会

[いつでもどこでも読める]
●“PDF版”FPGAマガジンのご案内
●読者プレゼント

上記内容は本書刊行時のものです。