版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
震災後の地域文化と被災者の民俗誌 高倉 浩樹(著/文 | 編集) - 新泉社
..

震災後の地域文化と被災者の民俗誌 フィールド災害人文学の構築

発行:新泉社
A5判
288ページ
定価 2,500円+税
ISBN
9784787718013
Cコード
C1039
教養 単行本 民族・風習
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年1月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

被災後の人びとと地域社会はどのような変化を遂げてきたのか。
無形民俗文化財の復興・継承、慰霊のありよう、被災者支援など、
民俗学・人類学・宗教学の立場で地域社会と人びとの姿を見つめ、
災害からの再生と減災に果たす生活文化の役割を考える。

目次

序論 フィールド災害人文学の構築にむけて 高倉浩樹・山口 睦

Ⅰ 無形民俗文化財の被災と復興事業
第一章 文化財化する地域文化――大規模災害後の民俗文化財をめぐる対応から 小谷竜介
第二章 生きた文化財を継承する――無形文化遺産と被災・復興 今石みぎわ
第三章 無形文化遺産の防災という考え方――東日本大震災の教訓と無形文化遺産アーカイブスの試みから 久保田裕道
第四章 復興のなかの発見と創造――震災復興関連事業に関わった一民俗学者の随想 俵木 悟

Ⅱ 被災地からみた民俗芸能の復興・継承
第五章 祭りの「復興」過程――宮城県山元町の八重垣神社の事例から 稲澤 努
第六章 被災地からみる民俗芸能の未来――「子ども神楽」の誕生とその活動から考える 呉屋淳子
第七章 民俗芸能の中期的復興過程における継承活動の諸相と原動力――福島県浜通り地方の三つの田植踊を事例として 一柳智子
第八章 福島県の民俗芸能と減災無形文化遺産――災害復興政策になぜ無形文化財が必要なのか 高倉浩樹

Ⅲ 災害死者の慰霊・追悼と記憶の継承
第九章 災害死者の供養と伝承 川島秀一
第十章 災害後の持続可能なコミュニティの構築に果たす記念碑の役割――東日本大震災と津波を事例に セバスチャン・ペンマレン・ボレー
第十一章 インドネシアと日本の津波記念行事にみられる「救いの約束」 福田 雄
第十二章 被災地の祭り・祈りを支援する学生ボランティアと宗教学者 黒崎浩行

Ⅳ 被災者・家族の暮らしの再建と地域社会
第十三章 被災地にみる手仕事ビジネスと新たな社会関係――宮城県を事例として 山口 睦
第十四章 大惨事と自主的判断――福島原発災害後の「母子避難」の意味を問う 堀川直子
第十五章 沖縄県における避難者受け入れ過程 及川 高
第十六章 災害時における外国人被害者に対する通訳の役割と問題点――二〇一一年クライストチャーチ震災に学ぶ スーザン・ブーテレイ

編者あとがき 山口 睦

上記内容は本書刊行時のものです。