版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:31:"ニュータウンの社会史 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-7872-3427-8";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:362:"高度経済成長期、「理想」や「夢」と結び付いて人びとの「憧れ」とともに注目を集めたニュータウン。50年を経て、現在は少子・高齢化や施設の老朽化の波が押し寄せている。日本最大規模の多摩ニュータウンを中心にその軌跡をたどり、地域社会の変貌を描き出す。";s:6:"author";s:19:"金子 淳(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"青弓社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"青弓社";s:12:"release_date";i:1511794800;}

青弓社ライブラリー90

ニュータウンの社会史

社会一般 ラノベ

金子 淳(著)
発行:青弓社

四六判   256頁  並製
価格 1,600円+税

ISBN 978-4-7872-3427-8   C0336
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2017年11月
発売予定日 2017年11月28日
登録日 2017年9月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

高度経済成長期、「理想」や「夢」と結び付いて人びとの「憧れ」とともに注目を集めたニュータウン。50年を経て、現在は少子・高齢化や施設の老朽化の波が押し寄せている。日本最大規模の多摩ニュータウンを中心にその軌跡をたどり、地域社会の変貌を描き出す。

目次

まえがき

第1章 病理と郊外──社会の「鏡」としてのニュータウン
 1 なぜ、いまニュータウンか
 2 ニュータウンの「病理」
 3 ニュータウンとは何か
 4 「社会史」としてのニュータウン

第2章 開発と葛藤──多摩ニュータウンの成立と地域社会
 1 多摩ニュータウン計画の成立過程
 2 開発をめぐる地域社会の葛藤
 3 地域社会での開発の受容過程
 4 開発による地域産業の変容
 5 開発と農業の共存をめぐる運動

第3章 実験と抵抗──多摩ニュータウンという「実験都市」
 1 陸の孤島と実験都市
 2 都市計画の実験
 3 住宅の実験
 4 “初期不良”に抗する「暮らしの実験」

第4章 移動と定住──ニュータウンの住環境
 1 「住宅双六」と居住地移動
 2 “住みやすい”のに“住みにくい”
 3 居住空間の快適化
 4 「住宅双六」というゲームの終焉

第5章 断絶と継承──歴史をつなぐ語りの実践
 1 開発前/開発後の感覚的な断絶
 2 挫折の語り/武勇伝の語り
 3 歴史を仲立ちとした地域社会の再編
 4 呼び起こされる「古層」
 5 歴史としての「新層」

参考文献一覧

あとがき

版元から一言

高度経済成長期に誕生したニュータウンは、新しいライフスタイルとして「あこがれ」の的になった。丘陵を切り開いて建設した東京・多摩ニュータウンや大阪・千里ニュータウンが代表する集合住宅は、都会で就職した地方出身者には誇らしい住空間だった。それとともに、私鉄は都心と直結することで交通網を整備した。2DK・3DKという間取りを生んだ住宅政策の原点でもある。
しかし、現在、日本各地のニュータウンで深刻な問題になっているのが、居住者の高齢化である。これは、同時期に同年代層が大量に入居し、また定住志向が強かったため、居住人口の中心年齢が固定化されたまま一気に押し上げられたためだ。
さらに、少子化に伴う学校の統廃合問題、建物の老朽化と建て替え問題、商店街の衰退など、現在のニュータウンではさまざまな問題が同時並行的に発生している。
もてはやされた時期から少子・高齢化が急速に進んでその対応策に苦慮している現在までの50年間をたどって、日本の縮図であるニュータウンを通じて社会の変貌を描き出す。

著者プロフィール

金子 淳(カネコ アツシ)

1970年、東京都生まれ。東京学芸大学大学院教育学研究科修了。多摩市文化振興財団(パルテノン多摩)学芸員、静岡大学准教授を経て桜美林大学准教授。著書に『博物館の政治学』(青弓社)、共著に『歴史と向きあう社会学――資料・表象・経験』『よくわかる都市社会学』(ともにミネルヴァ書房)、『過熱と揺らぎ』(大月書店)、『東京スタディーズ』(紀伊國屋書店)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。