版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ソーシャルメディア論 藤代 裕之(編著) - 青弓社
.

ソーシャルメディア論 つながりを再設計する

発行:青弓社
四六判
縦188mm 横128mm
260ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-7872-3391-2
Cコード
C0036
一般 単行本 社会

出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2015年10月
書店発売日
登録日
2015年6月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

4刷 出来予定日: 2017-04-03
3刷 出来予定日: 2016-08-31
2刷 出来予定日: 2016-04-15
ソーシャルメディアを使いこなし、よりよい社会をつくっていくための、ありそうでなかった「ソーシャルメディア論」の教科書である本書は、大学の授業などでも活用されて、おかげさまで4刷出来です。未読の方はぜひ!

紹介

「ネットは恐ろしい」で終わらせず、無責任な未来像を描くのでもなく、ソーシャルメディアを使いこなし、よりよい社会をつくっていくための15章。歴史や現状の課題、今後の展開をわかりやすく解説する、ありそうでなかった「ソーシャルメディア論」の教科書。

目次

はじめに――すべてがつながっていく 藤代裕之

第1部 歴史を知る

第1章 歴史――ソーシャルメディア社会の誕生 藤代裕之
 1 ソーシャルメディアの歴史
 2 つながりと分断
 3 報道とソーシャルメディア
 4 ミドルメディアによるマスメディアとの接合
 5 公と私が入り交じる空間

第2章 技術――技術的に可能なオープンプライバシー社会とその功罪 木村昭悟
 1 技術的に可能なバッドシナリオ「オープンプライバシー社会」
 2 「つなげる」技術の仕組みと現状
 3 いまそこにあるオープンプライバシー問題
 4 「つなげる」技術がもたらす恩恵とのバランス

第3章 法――ソーシャルメディア時代の制度はどうあるべきか 一戸信哉
 1 インターネット関連の法整備
 2 インターネット上の権利侵害と表現の自由
 3 繰り返される著作権法改正
 4 「媒介者」の責任――プロバイダ責任制限法
 5 インターネット犯罪への対応
 6 プライバシーとソーシャルメディア

第2部 現在を知る

第4章 ニュースメディア――「ネットニュース」は公共性を保てるか 伊藤儀雄
 1 日本のインターネットにおけるニュースの担い手
 2 ニュースを取り巻く3つの「変容」
 3 不正確な情報が流通する要因
 4 「悪貨」が「良貨」を駆逐する
 5 「ネットニュース」と「Yahoo!ニュース」
 6 「公共性」を続けられるか

第5章 広告――「ルール間の摩擦」が生む問題 山口 浩
 1 ネットが広告ビジネスを変えた
 2 「マス」と「パーソナル」が融合する
 3 ルール間の摩擦
 4 規制の限界
 5 広告主の役割

第6章 政治――すれ違う政治と有権者、理想なきインターネット選挙の解禁 西田亮介
 1 日本のネット選挙解禁とその経緯
 2 ソーシャルメディア時代の政治と選挙制度の設計についての覚書

第7章 キャンペーン――ソーシャルメディア社会の透明な動員 工藤郁子
 1 個人を動かすキャンペーン
 2 社会を動かすキャンペーン
 3 個人が動かすキャンペーン
 4 個人が動かされるキャンペーン
 5 社会が動かされるキャンペーン
 6 解決・提案に向けて

第8章 都市――都市の自由を我々が維持するために 小笠原 伸
 1 自由な交流が都市を作る
 2 ネット時代の都市での「つながり」と「アジール」、都市の自由さと制約
 3 新しいつながりを得るための寛容さの意味と、都市の隙間の発見
 4 都市がIT、インターネットと関わり創出する新しい場づくり

第9章 権利――つながりが生み出す侵害の連鎖 新志有裕
 1 「名無し」から「個」の時代へ
 2 つながりが加速させる「創造性」のサイクル
 3 つながることで、気軽に権利侵害してしまう
 4 つながりが「私刑」を加速させる可能性
 5 「負の連鎖」を防ぐための仕組み
 6 個人の意識かどう変わるか

第10章 モノ――「あらゆるモノがつながる社会」のメリットとデメリット 小林啓倫
 1 ネットにつながるモノの急増
 2 IoTの歴史
 3 つながるモノが生み出す価値
 4 「あらゆるモノがつながる」社会の姿
 5 ディストピアを回避するために

第3部 未来を考える

第11章 メディア――都市と地方をつなぎ直す 藤代裕之
 1 加速する東京視点
 2 「ソーシャル鎖国」でつながりを制限する
 3 つながる人数を限定する
 4 価値はコミュニティーにあり
 5 兼業メディアの可能性と課題

第12章 共同規制――ルールは誰が作るのか 生貝直人
 1 情報社会のルール形成主体
 2 事業者に対する規制
 3 媒介者を通じた個人の規制
 4 国際的なルール形成の可能性
 5 自由と安全の両立のために

第13章 システム――システムで新たなつながりを作る 五十嵐悠紀
 1 つながりすぎたソーシャルメディア社会
 2 つながらない設計による解決
 3 ノイズが交ざる設計による解決
 4 フィルターバブルによるセレンディピティーの減少
 5 人や機械による編集の課題
 6 情報リテラシー教育の必要性

第14章 教育――「発信者」としての大学生はどうあるべきか 一戸信哉
 1 「キャンパス」という聖域は崩れた
 2 複数アカウントで「キャラ」を使い分ける
 3 就職活動とソーシャルメディア
 4 トラブル対策とソーシャルメディアガイドライン
 5 「学生発」ウェブメディアの可能性

第15章 人――「別の顔」を制度化する 山口 浩
 1 「つながり」のリスクとジレンマ
 2 「分人」による有限責任制
 3 分人制度の実装
 4 事業者の責任
 5 分人制度が目指すもの

あとがき 一戸信哉

版元から一言

ありそうでなかった「ソーシャルメディア論」の教科書。「ネットは恐ろしい」で終わらせず、無責任な未来像を描くのでもなく、ソーシャルメディアを使いこなし、よりよい社会をつくっていくための15章。

ソーシャルメディアの登場によって個人の発信が容易になり、新たなつながりが生み出され、利便性が向上した。その一方で、誹謗中傷や炎上といったトラブルも後を絶たない。さらに、ソーシャルメディアの投稿とビッグデータが組み合わさることで、個人のプライバシーが暴かれ、人々による新たな監視社会が生み出されている。
本書は、日常的に利用しながらもあまり知られていないソーシャルメディアの成り立ちや裏側を動かす技術、関連する法律、社会的な課題をわかりやすく丁寧に解説することで理解を深め、人や社会とのつながりを再設計するための視点を提示し、「誰もが発信者になる」という新たなメディア環境を生きる力、すなわち現代的なメディア・リテラシーのあり方を提示する。
「ネットは恐ろしい」で終わらせず、無責任な未来像を描くのでもなく、ソーシャルメディアを使いこなし、自由で民主的な社会を構築するためにはどうすればいいのか。メディア、ジャーナリズム、政策、経営、コンピューターサイエンスといった幅広い分野の研究者と、ウェブニュースの編集者など第一線で活躍するメンバーによる情報ネットワーク法学会の研究会「ソーシャルメディア社会における情報流通と制度設計」の2年間に及ぶ討議をまとめた。
企業や大学で増えつつあるソーシャルメディアの研修や講義で活用できるように、平明な文章と読み進めやすい構成を柱に、基本文献案内なども充実させたソーシャルメディア論入門。

著者プロフィール

藤代 裕之  (フジシロ ヒロユキ)  (編著

1973年、徳島県生まれ。ジャーナリスト、法政大学社会学部准教授。専攻はソーシャルメディア論、ジャーナリズム論。著書に『発信力の鍛え方』(PHP研究所)、共編著に『地域ではたらく「風の人」という新しい選択』(ハーベスト出版)など。

上記内容は本書刊行時のものです。