版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:16:"族の系譜学 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-7872-3273-1";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:357:"太陽族からみゆき族、暴走族、アンノン族、クリスタル族などの「族」の系譜をたどり、オタク、渋谷系、コギャル、裏原系へという「族から系への転換」を見定めて、若者文化の戦後史を描き出す。「族」や「系」を光源として日本社会を照射する若者論の力作。";s:6:"author";s:24:"難波 功士(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"青弓社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"青弓社";s:12:"release_date";i:1180882800;}

族の系譜学 ユース・サブカルチャーズの戦後史

難波 功士(著)
発行:青弓社

A5判   404頁  並製
定価 2,600円+税

ISBN 978-4-7872-3273-1   C0036
品切れ・重版未定(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2007年6月
書店発売日 2007年6月4日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-09-10 毎日新聞  朝刊
評者:長谷川晶一(ノンフィクション作家)
2012-01-08 朝日新聞  
評者:中西新太郎(横浜市立大学教授・現代日本社会論)

紹介

太陽族からみゆき族、暴走族、アンノン族、クリスタル族などの「族」の系譜をたどり、オタク、渋谷系、コギャル、裏原系へという「族から系への転換」を見定めて、若者文化の戦後史を描き出す。「族」や「系」を光源として日本社会を照射する若者論の力作。

目次

はじめに

第1部 「ユース・サブカルチャーズ」へのアプローチ

第1章 研究の系譜
 1 「カルチャー」とは
 2 「サブカルチャー」とは
 3 「ユース・サブカルチャーズ」とは
 4 日本での研究の現状

第2章 諸状況としてのユース・サブカルチャーズ
 1 アーヴィン・ゴフマンの視点から
 2 ユース・サブカルチャーズへの五つの視角
 3 言説のなかの状況、状況のなかの言説

第2部 戦後ユース・サブカルチャーズ史

第3章 太陽族の季節
 1 十代とプロト太陽族
 2 メディエイテッド太陽族
 3 モラル・パニックとしての太陽族
 4 太陽族その後

第4章 みゆき族というストリート・カルチャー
 1 みゆき族の生成・消滅
 2 「平凡パンチ」とみゆき族
 3 フォーク・デヴィルとしてのみゆき族
 4 銀座のトポロジー

第5章 ‘Youthquake’とフーテン族
 1 大都市に集住する団塊
 2 一九六七年、フーテン族の夏
 3 フーテン族とは誰か
 4 拡散する若者文化情況

第6章 旅するアイデンティティ、アンノン族
 1 急成長する女性誌
 2 カニ族からアンノン族へ
 3 ディスカヴァーされる日本
 4 ジェンダー・トラブルか、従順な消費者か

第7章 暴走族──モビリティとローカリティ
 1 暴走族前史
 2 「暴走族」の構築
 3 階級、マスキュリニティ、ローカリティ
 4 メディアというギャラリー
 [補論] 「ヤンキー」スタイルの消費へ

第8章 クリスタル族──クラスとテイストのセクト
 1 二十五年後の太陽族
 2 消費するアイデンティティ
 3 世代としての「新人類」
 4 カタログ化する都市空間へ

第9章 おたく族からオタクへ
 1 おたく族とメディア、おたく族のメディア
 2 ユースフォビアとしてのおたく族
 3 おたくとジェンダー
 4 世代のなかのおたく、おたくのなかの世代

第10章 族の末裔としての渋カジ
 1 「渋谷の後背地=山の手」の拡張
 2 「東京二世=団塊Jr.」への期待
 3 煽るメディア、鎮めるメディア
 4 チーマーと‘-er’の浮上

第11章 渋谷系というテイスト・ジャンル
 1 渋谷系の誕生
 2 音楽ジャンルであり、ユース・サブカルチャーであること
 3 渋谷系とアキバ系
 4 渋谷の変容と渋谷からの離脱

第12章 コギャル、ジェンダー・(アン)トラブルド
 1 「コギャル」の生成過程
 2 コギャルに発情するメディア
 3 メディアと共振する女子高生
 4 (コ)ギャルとギャル男(ルビ:お)

第13章 裏原系という居場所
 1 「裏原(宿)」の生成過程
 2 上京者の居場所としての裏原
 3 ストリート系男性誌の族生
 4 ホモソーシャルな男性性と裏原系女子

第3部 結語

あとがき

著者プロフィール

難波 功士(ナンバ コウジ)

1961年、大阪府生まれ。関西学院大学社会学部教授。専攻は広告論、メディア史、ユース・サブカルチャーズ史。著書に『「広告」への社会学』(世界思想社)、『「撃ちてし止まむ」──太平洋戦争と広告の技術者たち』(講談社)、共編著に『メディア文化を読み解く技法──カルチュラル・スタディーズ・ジャパン』(世界思想社)、共著に『メディア史を学ぶ人のために』(世界思想社)、『一九三〇年代のメディアと身体』(青弓社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。