版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
RIVER 木曽川×発電所 吉村和敏(著/文 | 写真) - 信濃毎日新聞社
..

RIVER 木曽川×発電所

A4変型判
112ページ
定価 2,500円+税
ISBN
9784784073047
Cコード
C0072
一般 単行本 写真・工芸

出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年5月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 木曽谷を抜け、伊勢湾にそそぐ木曽川は、15を超えるダムと33の発電所が稼働する日本有数の電源地帯。本書は、近代日本発展の基礎を支えた水力発電の舞台でもある木曽川を、関西電力の協力を得てあらゆる角度からとらえた写真集。
 明治44年に完成した最初の木曽川発電所(現八百津発電所)、電力王福沢桃介が建設した国重文と近代化産業遺産を含む七つの発電所、今なお現役として稼働する巨大な発電機やフランシス水車といった近代日本の情熱の片鱗を、木曽川源流の清らかな水と木曽谷の豊かな自然をからめながら、余すところなく撮影した。
 写真家吉村和敏と、印刷界のレジェンド、プリンティング・ディレクター熊倉桂三の初タッグ。すべての水門が開いて勢いよく放水されるダムと夕陽に染まる飛沫、ふだんは非公開の発電所内部、立ち並ぶ鉄塔などもファンにはたまらない写真集。

著者プロフィール

吉村和敏  (ヨシムラカズトシ)  (著/文 | 写真

1967年、長野県松本市生まれ。県立田川高校卒業後、東京の印刷会社勤務を経て、1年間のカナダ暮らしをきっかけに写真家としてデビュー。以後、東京を拠点に世界各国、国内各地を巡る旅を続けながら、意欲的な撮影活動を行っている。

上記内容は本書刊行時のものです。