版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:65:"精神科医と考える 薬に頼らないこころの健康法 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-7825-3466-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:277:"日本の大学病院で唯一「薬に頼らない精神科」を主宰する専門医が職業別・症状別の悩みに寄り添いアドバイス。こころの健康は「薬」ではなく「3つの習慣」で創ることを説いたメンタルヘルスの新常識。";s:6:"author";s:19:"井原 裕(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"産学社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"産学社";s:12:"release_date";i:1497884400;}

精神科医と考える 薬に頼らないこころの健康法

スポーツ・健康 ラノベ

井原 裕(著/文)
発行:産学社

四六判   240頁  並製
価格 1,300円+税

ISBN 978-4-7825-3466-3   C0047
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2017年6月
書店発売日 2017年6月20日
登録日 2017年6月1日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「こころの健康」に「薬」はいらない!
日本の大学病院で唯一「薬に頼らない精神科」を主宰する専門医による“職業別・症状別の悩み"を乗り越える新常識。
“ヘルシーな毎日"は「薬」でなく「3つの習慣」で創る!

I 職業別・症状別 薬に頼らないこころの健康法 計27例
「長時間勤務、遠距離通勤、変則シフト」系の仕事 /「人間関係に苦慮、先行きが不安」系の仕事 /「飲酒過多、薬に頼りがち」系の仕事

II こころの健康Q&A
(精神科医に一度訊いてみたかったこと/ 精神科医が答える親・教師からの相談 / 精神科医が答える子供本人からの相談)

著者プロフィール

井原 裕(イハラ ヒロシ)

1962年神奈川県鎌倉生まれ。獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授。精神科医。東北大学医学部卒。自治医科大学大学院にて医学博士を、ケンブリッジ大学大学院にてPhDを修得。順天堂大学准教授を経て、2008年から現職。日本の大学病院で唯一の「薬に頼らない精神科」を主宰。専門は、うつ病、発達障害、プラダー・ウィリー症候群等。精神科臨床一般のみならず、産業医としてストレスチェックに対応し、精神保健判定医として医療観察法審判等の業務も行っている。
〈主な著書〉『精神科医島崎俊樹 ―人間の学の誕生―』(東信堂) 、『激励禁忌神話の終焉』(日本評論社) 、『精神鑑定の乱用』(金剛出版)、『思春期の精神科面接ライブ ―こころの診察室から―』(星和書店) 、『プライマリケアの精神医学 ―15症例、その判断と対応―』(中外医学社) 、『生活習慣病としてのうつ病』(弘文堂)、『うつの8割に薬は無意味』(朝日新聞出版) 、『うつの常識、じつは非常識』(ディスカヴァー・トゥエンティワン) 、『うつ病から相模原事件まで ―精神医学ダイアローグ―』(批評社) 、共編著として『精神科臨床はどこへいく』(日本評論社)、『子供のこころ医療ネットワーク ―小児科&精神科 in 埼玉―』(批評社)。

上記内容は本書刊行時のものです。