版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
石塚さん、書店営業にきました。 石塚 昭生(著) - ポット出版
.

石塚さん、書店営業にきました。

発行:ポット出版
四六判
240ページ
並製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-7808-0113-2
Cコード
C0000
一般 単行本 総記
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月
2008年2月
書店発売日
登録日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

書店と出版社は、いつもすれ違い…。どうすればお互い気持ちよく仕事ができるのか?



書店営業がうまくいかない、営業のやり方が想像もつかない、という方々へ、元書店員・石塚さんが書店員の視点から「どうすればいいの?」を解決するヒントをお教えします。



大上段に構えた提言ではなく、書店と出版社が「本を売る」ために実践すべきことはなんなのか。書店営業の方のみならず、編集など出版業界の方、出版業界を目指している方にも読んでほしい1冊です。





【電子書籍】

●『石塚さん、書店営業に来ました。』は電子版(価格:1,100円+税)もあります。以下のサイトでご購入いただけます。

目次

はじめに



01 営業に取りかかる前に



02 短時間で効率よく



03 事前に話を組み立てておく



04 お願いしてはいけない023



05 しましょうと言う



06 自社本の悪口を言わない



07 全てを肯定的に



08 沈黙の効用



09 営業の小技



10 個性的な営業は得か



11 空気を読んでも営業はできない



12 キホンのホ1



13 キホンのホ2



14 キホンのホ3



15 キホンのホ4



16 キホンのホ5



17 キホンのホを書いた理由



18 大書店の資料で営業しない



19 他社の人気本に寄りかからない



20 商品を詳しく知っておく



21 書店員に教えてもらう



22 店の特性をつかむ



23 棚在庫の営業



24 棚とは何か



25 常備の現実



26 既刊を積極的に薦める



27 じっくり売るのは時代遅れか



28 単品ではなく企画



29 メインの平台へどんとお願いします



30 書店員に届くFAX1



31 書店員に届くFAX2



32 書店員に届くFAX3



33 電話してもいいですよ



34 アポを取りませんか?



35 POPを配るのはやめろ



36 目録を見直そう



37 そうだ書店へ行こう



38 土嚢



39 金太郎飴書店は実在しない



40 幸せのお持ち帰り



おわりに







【コラム●書店業界あれこれ】



読者不在



書店人が仕事ができない理由1



書店人が仕事ができない理由2



書店人が仕事ができない理由3



人材が確保できない



なぜ残業するのか



「余裕」について



毎日1冊入ればそれで良い



本は大量に売れるものなのか?

版元から一言

橋田祐孝氏(日本経済新聞出版社)、小川宗也氏(小学館パブリッシング・サービス)、工藤秀之氏(トランスビュー)より、推薦文をいただきました。







橋田祐孝氏●日本経済新聞出版社



重要なのは「キホンのホ」!悩める版元営業マン必見です!見過ごしやすい書店営業のポイントを「書店人・石塚」の目で鋭く指摘。







小川宗也氏●小学館パブリッシング・サービス



「版元さんもしっかり営業して」という懇切丁寧なメッセージ。書店さんの現場の本音はこうだったのか、と耳に痛くてためになる書店営業指南、書籍化を待っていました。







工藤秀之氏●トランスビュー



元書店員・石塚さんの言葉に納得と新発見。営業部の新人だけでなく、オンリーワンの1冊をリレーする全ての人へ!

著者プロフィール

石塚 昭生  (イシヅカ アキオ)  (

石塚昭生(いしづか・あきお)



1958年生まれ。出版・書店コンサルタント。有限会社スタジオ・ポットSD役員。



書店店長、資産用ダイヤモンド販売などの経験を生かし、



フリーランスで書店に関する提案・コーチング・研修に携わる。



スタジオ・ポットSDでは出版サイトの設計・リニューアルの他、



出版社団体「版元ドットコム」サイトの管理・運営なども手がけている。



また、個人サイトでは、書店営業のヒントや出版業界についての様々な提言を公開し、



自由参加の情報交換・討論の場として「INC総会」を毎月主催している。







IKIMONO net club●http://www.ikimono.org/



スタジオ・ポットSD●http://sd.pot.co.jp/

上記内容は本書刊行時のものです。