版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:31:"上海の日本人街・虹口 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-7791-2334-4";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1288:"古くから長崎と上海は東シナ海を挟んだ 海のゴールデン・ルートだった。 帝国主義の時代、欧米の列強は中国を蚕食し、 各地に治外法権の租界を形成した。 上海の共同租界の一角に作られた日本人街は 10万人を超える人々が活動し、その多くが長崎人だった。 さびれた寒村から一気に東洋一の大都市へと変貌した 上海は、「魔都」と呼ばれる繁栄と貧困、歓楽と犯罪、 多くの矛盾を抱えた植民地の象徴でもあった。 多くの日本人が進出し、日本人街が形成され、 栄華を極めるかに見えた裏で、反日の狼煙があがる。 やがて、居留民保護のため陸戦隊を上陸させた日本軍と 共同租界の周辺で武力衝突が発生(第一次上海事変)、 その後、37年の盧溝橋事件を期に本格的な日中戦争に突入、 日本軍は上海を占領する。 しかし、太平洋戦争の敗北によって、日本人街は崩壊する。 引揚げは満州とは異なり悲惨なものではなかったが……。 本書は、上海の日本人街の歩みを長崎人の関わりを通して描く、 日中関係史の側面史である。図版多数収載!";s:6:"author";s:22:"横山 宏章(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"彩流社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"彩流社";s:12:"release_date";i:1497538800;}

上海の日本人街・虹口 もう一つの長崎

歴史・地理 ラノベ

横山 宏章(著)
発行:彩流社

四六判   200頁  上製
定価 2,500円+税

ISBN 978-4-7791-2334-4   C0020
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2017年6月
書店発売日 2017年6月16日
登録日 2017年4月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

古くから長崎と上海は東シナ海を挟んだ
海のゴールデン・ルートだった。

帝国主義の時代、欧米の列強は中国を蚕食し、
各地に治外法権の租界を形成した。

上海の共同租界の一角に作られた日本人街は
10万人を超える人々が活動し、その多くが長崎人だった。

さびれた寒村から一気に東洋一の大都市へと変貌した
上海は、「魔都」と呼ばれる繁栄と貧困、歓楽と犯罪、
多くの矛盾を抱えた植民地の象徴でもあった。

多くの日本人が進出し、日本人街が形成され、
栄華を極めるかに見えた裏で、反日の狼煙があがる。
やがて、居留民保護のため陸戦隊を上陸させた日本軍と
共同租界の周辺で武力衝突が発生(第一次上海事変)、
その後、37年の盧溝橋事件を期に本格的な日中戦争に突入、
日本軍は上海を占領する。

しかし、太平洋戦争の敗北によって、日本人街は崩壊する。
引揚げは満州とは異なり悲惨なものではなかったが……。

本書は、上海の日本人街の歩みを長崎人の関わりを通して描く、
日中関係史の側面史である。図版多数収載!

目次

【収録内容】

序 言

Ⅰ「魔都」といわれた上海

Ⅱ 虹口に形成された日本人街

Ⅲ 上海と長崎の結びつき

Ⅳ 上海の夜を彩った長崎の女性たち

Ⅴ 増大する日本人の進出

Ⅵ 上海の反日ストライキ――「五・三〇運動」

Ⅶ 第一次上海事変(1932年)
――戦争のなかの上海

Ⅷ 第二次上海事変(1937年)
――日本の上海占領へ

Ⅸ 中国から見た二つの上海事変

Ⅹ 日本人街の崩壊と上海日本人居留民の引揚げ

後 記

著者プロフィール

横山 宏章(ヨコヤマ ヒロアキ)

よこやま ひろあき
1944年、山口県下関市生まれ。
一橋大学法学部卒業。朝日新聞記者を経て、
一橋大学大学院法学研究科に進学、法学博士。
明治学院大学法学部、県立長崎シーボルト大学
国際情報学部、北九州市立大学大学院
社会システム研究科で、中華民国史を中心とした
中国政治史を教える。
現在は北九州市立大学名誉教授、
上海同済大学亜洲太平洋研究センター顧問教授。
著書 『中華民国』(中央公論社)、
『陳独秀の時代』(慶應義塾大学出版会)、
『素顔の孫文』(岩波書店)、
『孫文と陳独秀』(平凡社)、
『長崎が出会った近代中国』(海鳥社)、
『長崎 唐人屋敷の謎』(集英社)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。