版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
護憲派による「新九条」論争 杉田 敦(著) - ほんの木
.

護憲派による「新九条」論争

発行:ほんの木
A5判
縦210mm 横148mm
136ページ
並製
価格 1,000円+税
ISBN
978-4-7752-0098-8
Cコード
C0030
一般 単行本 社会科学総記

出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2017年1月
書店発売日
登録日
2016年10月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 驚くことに、朝日新聞(2016年9月7日朝刊)が報じた世論調査によれば、憲法改正に「賛成」「どちらかと言えば賛成」の賛成派42%、「どちらかと言えば反対」「反対」の反対派が25 %、「どちらとも言えない」中立派が33%と、賛成派が反対派を倍近く上回っていた。しかも改憲賛成派の多くが、第一に「憲法九条の改正を求める」という結果だった。
 将来、国民投票が行われた場合、「どちらとも言えない」中立派の意思がどのように変化するかが、「九条」の命運を決める。戦争への道を繰り返さないために、今こそ「私たちは九条をどうするのか」を徹底的に議論すべき時に来ている。
 しかし、「憲法とは何かを考え、自分の意見を持ち、他者と議論すること」は、容易でない。さらに、中立派にも響き、賛同を得られる言葉や論理を持つためには、どうしたらよいのだろうか。その契機とするための試みが今回の企画です。

目次

**************************************************
特集 STOP THE WAR!
護憲派による「新九条」論争

FOR READERS
護憲派が九条を議論する場を作りたい

憲法九条を巡る「解釈改憲」の歴史

「新9条」を創る 映画作家 想田 和弘

国民投票は九条を甦らせる ジャーナリスト 今井 一

憲法は魔法の杖ではない 弁護士 伊藤 真

改憲の中身こそ議論すべき 衆議院議員 辻元 清美

九条は立憲主義の原理を示す 法政大学教授 杉田 敦

九条を巡る基本用語集

悼みの列島 日本を語り伝える 第2回
花咲く南房総に戦跡を訪ねて ライター 室田 元美

おしどりマコの知りたがりの日々・レッツ想定外! 第5回
社会運動には笑いの技術が有効でしょ 芸人・記者 おしどりマコ

道場親信さんが託してくれたもの
『「戦後日本の社会運動」と生活クラブ』刊行によせて
**************************************************

著者プロフィール

杉田 敦  (

法政大学教授

辻元 清美  (

衆議院議員

白井 和宏  (

市民セクター政策機構専務理事

伊藤 真  (

弁護士

今井 一  (

ジャーナリスト

想田 和弘  (

映画作家

おしどり マコ  (

芸人・記者

室田 元美  (

ライター

上記内容は本書刊行時のものです。