版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:24:"人生の修活ノート";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-7745-1616-5";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1013:"究極のエンディングノート誕生!「人は老いるほど豊かになる」を実践するために、あなたの「老いの時間」を記録するノート。 今、「終末」ブーム。ですが、「終活」という表現は、「死」を連想させます。死より「老い」の時間を豊かにするために、「修活」という言葉を提案します。 「修生」とは文字通り、「人生を修める」という意味です。かつての日本は美しい国だったように思います。 しかし、いまの日本人は「礼節」という美徳を置き去りにし、人間の尊厳や栄辱の何たるかも忘れているように思えます。 戦後の日本人が「修業」「修養」「修身」「修学」という言葉で象徴される「修める」という覚悟を忘れてしまったからではないでしょうか。 高齢社会、多死社会の今、人生の老いを美しく「修めるための方法」を伝授します。";s:6:"author";s:24:"一条 真也(著/文)";s:10:"publishers";s:12:"現代書林";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"現代書林";s:12:"release_date";i:1483714800;}

人生の修活ノート

趣味・実用 ラノベ

一条 真也(著/文)
発行:現代書林

B5判   128頁 
定価 1,000円+税

ISBN 978-4-7745-1616-5   C0039

書店発売日 2017年1月7日
登録日 2016年12月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

究極のエンディングノート誕生!「人は老いるほど豊かになる」を実践するために、あなたの「老いの時間」を記録するノート。
今、「終末」ブーム。ですが、「終活」という表現は、「死」を連想させます。死より「老い」の時間を豊かにするために、「修活」という言葉を提案します。
「修生」とは文字通り、「人生を修める」という意味です。かつての日本は美しい国だったように思います。
しかし、いまの日本人は「礼節」という美徳を置き去りにし、人間の尊厳や栄辱の何たるかも忘れているように思えます。
戦後の日本人が「修業」「修養」「修身」「修学」という言葉で象徴される「修める」という覚悟を忘れてしまったからではないでしょうか。
高齢社会、多死社会の今、人生の老いを美しく「修めるための方法」を伝授します。

目次

プロローグ  「修活」とは、残りの人生を考えることから始まる
日々の生活を記録する「修活修活ノート」の使い方

第1部 人生を豊かにするにするために

第1章 「老い」を豊かにする「修活」
「老い」とは、無縁社会を生きること?
「老い」と「死」に揺れる魂を安定させる
死を見つめ、儀式で縁を深める
死を乗り越えるための読書
死を乗り越えるための映画
「老い」を豊かにする文化活動のすすめ
辞世の歌・辞世の句のすすめ

第2章 「死」を恐れない「修活」

自分の葬儀をイメージする
葬儀は何のためにあるのか
葬儀が愛する人の心を守る
あなたは、永遠に生きられる
「遺体」の本当の意味とは
享年について考える
時間は「日薬」である
コラム:葬祭業者選びの基本
日本で行われる葬儀の4割は互助会
人は葬儀によって永遠に生きられる
月は「永遠」のシンボルである

著者プロフィール

一条 真也(イチジョウ シンヤ)

福岡県生まれ。
早稲田大学政治経済学部卒。
作家。歌人としての雅号は「庸軒」。株式会社サンレー代表取締役社長。全国冠婚葬祭互助会連盟会長。
九州国際大学客員教授。2012年、第2回「孔子文化賞」受賞。主な著書に『決定版 冠婚葬祭入門』、『決定版 終活入門』『決定版おもてなし入門』(以上、実業之日本社)、『愛する人を亡くした人へ』、『永遠葬』(以上、現代書林)、『死ぬまでにやっておきたい50のこと』(イースト・プレス)など多数。『思い出ノート』(現代書林)など監修書も多数。
一条真也オフィシャルサイト
http://www.ichijyo-shinya.com

一条真也オフィシャルブログ
http://d.hatena.ne.jp/shins2m+new/

上記内容は本書刊行時のものです。