版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
遠藤利克―聖性の考古学 遠藤利克(著) - 現代企画室
.

遠藤利克―聖性の考古学

発行:現代企画室
A4変型判
縦250mm 横210mm
242ページ
並製
価格 3,000円+税
ISBN
978-4-7738-1716-4
Cコード
C0070
一般 単行本 芸術総記

出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2017年9月
書店発売日
登録日
2017年7月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

そう、人は昔から知っていた。エロス的結合の究極において世界は発火し、恍惚と畏れがないまぜになって発現する聖域を。(―遠藤利克「火について」より)

遠藤利克は、「もの派」以降における日本の現代美術を代表する彫刻家です。1960­–70年代に芸術の根源をラディカルに問い直したミニマリズム、コンセプチュアリ ズム、「もの派」などの成果を批判的に受け止めつつ、遠藤はそれらの地平を乗り越えるべく1980年代に現代美術のシーンに登場し、以後、ドクメンタ、ヴェネツィア・ビエンナーレなどの国際展にも参加するなど、現在に至るまで精力的に活躍を続けています。

本書は、遠藤の現在と本質を提示するために、埼玉県立近代美術館で企画された「遠藤利克展-聖性の考古学」の図録であり、1974年から2017年にいたるまで、40年以上制作を続けてきた遠藤の主要な作品、約500点の図版を収録したカタログレゾネです。

著者プロフィール

遠藤利克  (エンドウトシカツ)  (

1950年岐阜県高山市生まれ。1970 年代より焼成した木、水、土、金属などを用い、〈円環〉、〈空洞性〉等を造形の核とし作品を発表。1980年代には、ドクメンタやヴェネツィア・ビエンナーレにも出品、北欧と英国で巡回展を行うなど、日本を代表する彫刻家として、国際的にも高く評価されている。2007年文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、2009年第5回円空賞を受賞。現在、武蔵野美術大学彫刻学科客員教授。

上記内容は本書刊行時のものです。