版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
きみは宇宙線を見たか 山本海行(著) - 仮説社
.

きみは宇宙線を見たか 霧箱で宇宙線を見よう

発行:仮説社
四六判
縦188mm 横127mm
64ページ
並製
定価 1,200円+税
ISBN
978-4-7735-0285-5
Cコード
C0044
一般 単行本 天文・地学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2018年4月
書店発売日
登録日
2018年3月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 2015 年に東京大学宇宙線研究所長の梶田隆章さんがノーベル物理学賞を受賞しました。受賞理由は,〈宇宙線の一つであるニュートリノというものが質量を持っているという証拠を明らかにした〉ことだそうです。
 〈宇宙線〉って,何なの? どこにあるの? 目に見えるの? ――本書は,そんな疑問を解き明かすだけでなく,原子よりも小さいという宇宙線をこの目で見てしまおうという本です。中学生でも読める内容になっています。
 宇宙線は,宇宙空間をものすごいスピードで飛び交っている小さい粒のことです。じつは私たちのまわりにも「宇宙線」が飛び交っているのです。といっても,目でも見えませんし,顕微鏡でも見えません。
 でも,「霧箱(きりばこ)」という装置を作ると,宇宙線が飛んだ跡を見ることができるのです。霧箱で宇宙線を見ながら,遠い宇宙から地球まで飛んでくる宇宙線の謎に,あなたもせまってみませんか。
 黒画用紙やアルミホイル,ラップ,アルコール,ドライアイスなどで,霧箱が作れます。
思ったよりもずっとたくさん宇宙線は飛び交っています。

目次

 はじめに  3
宇宙線はどこからやってくる?  8
宇宙線の粒はすごく小さい  10
 〔質問1〕宇宙線の粒の大きさは?  12
宇宙線は原子より小さい粒――原子は、原子より小さい粒でできている  14
宇宙線の粒は、原子の部品  16
 〔質問2〕原子はいつできた?  18
原子は星の内部や、爆発によってつくられて種類が増えた  20
 〔質問3〕いまの宇宙に存在する原子でもっとも多いのは?  24
宇宙の原子のほとんどは、水素とヘリウム  26
見えない宇宙線を見るには  28
霧箱で宇宙線が見える  30
放射線の発見  32
宇宙線と、宇宙線は放射線であることの発見  37
霧箱の発明  37
宇宙線は霧箱につぎつぎに飛び込んでくる  39
宇宙線には、はるか遠くの宇宙の情報がいっぱい詰まっている  44

霧箱とその作り方
 宇宙線、放射線を見る道具「霧箱」  46
 霧箱とそのしくみ  47
 「クリアファイルで作る簡易型霧箱」の作り方  50

 おすすめの本/参考文献/ウェブサイト  57
 写真等出典  61  
 あとがき  62

前書きなど

はじめに
 あなたは、宇宙線ということばを聞いたことがありますか?
 「うちゅうせん」と聞くと「宇宙船」を思い浮かべた人もいるかもしれませんが、文字がちがいます。

 宇宙線というのは、宇宙空間をものすごいスピードで飛びまわっているものすごく小さい粒のことです。わたしたちが気づかないうちに、その小さい粒は地球にも降りそそいでいます。宇宙船は、地球から宇宙にでかけていく乗りものですが、宇宙線のほうは反対に宇宙から地球にやってくるのです。

 粒のことを○○線というのは変な感じがするかもしれません。英語ではCosmic Rayです。Cosmicは「宇宙の」、 Rayには「光線」とか「まっすぐ放射状にすすむもの」という意味があります。これを日本語で「宇宙線」といっています。
 宇宙線とはどんなものなのでしょうか。あなたも宇宙線を見てみませんか。
 この本は、小林が勤務していた学校で実施した「霧箱をつくって宇宙線を見よう」という中高生向けの課外実験講座のために、霧箱について研究していた山本の指導で作成した授業プランをもとにしています。東京大学宇宙線研究所の梶田隆章さんがノーベル物理学賞を受賞された年(2015年)の暮れに開催したその実験講座には、中学生を中心に高校生や他教科の先生たちも参加して、その場で自分たちが作成した霧箱で宇宙線を観察し、宇宙と物質の歴史に思いをはせる楽しいひと時をすごしました。
 あっけないほど簡単につくれて、宇宙線がバンバン見られる画期的な霧箱のつくり方をくわしく紹介しています。(名古屋大学素粒子宇宙物理系F研究室林熙崇さん考案の霧箱が原型です)
 宇宙線入門の本として、中学生くらいの人が自分で読みすすめることができるように専門用語は最小限にして、初心者向けに書きました。もっと詳しく知りたいという人のためには、おすすめの本やウェブサイトを巻末に紹介してあります。
 小学校、中学校、高校の先生方が授業プランとしてお使いになるときは、学年に応じた内容や用語、知識を補ってお使いいただければと思います。
                                 (小林眞理子)
*本書は『たのしい授業』2016年2月号に発表した原稿に大幅に加筆したものです。

版元から一言

身近な材料で,霧箱を作って,宇宙線や放射線の飛跡をかなり簡単に観察することができるという,画期的な本です。

著者プロフィール

山本海行  (ヤマモト ミユキ)  (

やまもとみゆき。
静岡県磐田市生まれ。静岡県浜松市在住。
1985年、静岡大学教育学部卒業。
公立高校教諭。
仮説実験授業研究会会員、日本気象予報士会(CAMJ)会員

小林 眞理子  (コバヤシ マリコ)  (

こばやしまりこ。
神奈川県横浜市生まれ。
1974年、明治大学農学部農学科卒業。
製薬会社勤務を経て、主に埼玉、東京、神奈川の中学校で理科を教えてきた。
仮説実験授業研究会会員、NPO埼玉たのしい科学ネットワークメンバー、物理教育研究会(APEJ)会員。
著書 『煮干しの解剖教室』『シミュレーション版《もしも原子が見えたなら》』(CD-ROM編集・共著)(どちらも仮説社)

上記内容は本書刊行時のものです。