版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:77:"ソフトウォーターブック 軟水のお風呂で赤ちゃんの肌に ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-7705-0192-9";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:243:"水道水(硬水)で洗うと肌が石鹸カスでコーティングされ、痒いカサカサ肌・アトピー・キメの乱れなどの原因にもなります。荒れ肌を改善する日本初の軟水(化粧水風呂)の本。";s:6:"author";s:27:"上関 久美子(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"径書房";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"径書房";s:12:"release_date";i:1125327600;}

ソフトウォーターブック 軟水のお風呂で赤ちゃんの肌に

上関 久美子(著)
発行:径書房

四六判   192頁  並製
定価 1,400円+税

ISBN 978-4-7705-0192-9   C0077
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2005年8月
書店発売日 2005年8月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

お風呂に入っただけでスキンケアができる……そんな超簡単な肌のお手入れ方法です。
お風呂に入って体を洗ったあと、肌が「キュッキュ!」としませんか? あの「キュッキュ!」感で汚れが落ちたと思っているかもしれませんが、それは「石鹸カス」が肌に残っている証拠。石鹸カスの膜で肌がコーティングされているのです。石鹸カスは、石鹸と水の中の硬度成分(カルシウムやマグネシウム)がくっついてできたもの。洗顔後の「つっぱり感」の原因とも言われています。撥水性があるため、化粧水が肌にしみこみにくくもなります。イギリスでも「家庭用水道水の硬度は皮膚炎の発症に重要な関連をもつ」という研究が発表されています。つまり、硬度成分は、肌にとっては厄介者。冬の痒いカサカサ肌・アトピー・髪の傷みなどの原因のひとつでもあるのです。
でも、硬度0の「Soft Water=軟水」で洗えば、石鹸カスは発生しません。そのうえ、お風呂あがりには、石鹸カスのかわりに、肌の上に「天然のクリーム」ともいわれる脂肪酸が残ってくれるのです。欧米や韓国では「Soft Water=軟水」はとてもポピュラーな存在。アメリカではホームセンターなどでも普通に売られています。
本書は日本で初めて本格的に「Soft Water=軟水」を紹介した本。「Soft Water=軟水」を使った化粧水風呂の作り方や、石鹸の選び方なども載っています。お風呂や洗顔で使う水を「Soft Water=軟水」に変えれば、石鹸カスに覆われていない、あなたの「ほんとうの素肌」が体験できます。頑固な肌トラブルに悩んでいる方はぜひご一読ください。

目次

●はじめに……これはもしかして究極のスキンケアかも?
●スキンケアの基本
▼ソフトウォーターで快適生活
スキンケアの基本は化粧水……ってほんとう?
水のミネラルってどんなもの?
肌にやさしい硬度ゼロ水
イギリスでも硬度が問題に
日本は軟水の国?
水道水がお肌に影響 
なぜハードウォーターが肌によくないの?
自宅の硬度を調べてみよう
もし硬度がゼロだったらどうなるの?
ソフトウォーターとシャンプー
ターンオーバーで赤ちゃんの肌に
▼ソフトウォーターのお風呂を試してみよう
水道水をソフトウォーターに変える方法
ソフトウォーターができる仕組み
手作りウォーターソフナー 
市販のウォーターソフナー
●究極の石鹸を選ぶ
▼お風呂で使う石けん
石けんの種類
ほんとにいい石けんはどれ?
ソフトウォーターと無添加石けん
石けんに含まれる脂肪酸
▼肌質を考えた手作り石けんの作り方
オイル(油脂)について
安全・簡単に石けんを作る方法
手作り石けんレシピ
精製水のかわりに使うハーブティー
石けんに香りをつける
●化粧水風呂
▼化粧水風呂の基本レシピ
●手作り化粧品・掃除・洗濯
▼ソフトウォーターと手作り化粧品
▼ソフトウォーターで楽々お洗濯
●あとがき

前書きなど

 わたしは、生まれつき超乾燥肌のアトピー体質で、迂闊にメイクもできない肌でした。ちょっとでも肌にあわないものをつけたら、とたんに「むずむず・ぽりぽり」となって、最終的には真っ赤にただれてしまうのです。
 「自分の肌はちょっと人と違うかも」と気づいてから、わたしのスキンケアはつねに「乾燥」との闘いでした。どうしても、なにを塗っても、肌が潤ってくれない。そんな状態が小学生のころからずっと続いていたのです。とくに冬場は全身が粉をふいて、唇は切れて、手はひび割れて……。学生時代は、寒いなか、学校のトイレで服を脱いで全身にクリームを塗ったり、ときにはまぶたの皮膚が腫れあがって目が開かなくなったり、いま思うと大変な苦労をしていました。
 そんな状態でしたから、スキンケア商品は、できるだけよいものを……と思って選んでいました。でも、世の中にはすごい数の化粧品があふれ、情報もたくさんあって、どの商品が自分にあうかわからないのです。ドラッグストアに行くたびに、より効果がありそうな商品に目を奪われ、しょっちゅう新しい商品に手をだしていました。
 そうやって、新しい商品、新しいスキンケア方法、と試しているうちに、もっと困ったことになってきました。いつの間にか一時も素顔でいられなくなってしまったのです。化粧水のうえに乳液、そして保湿のための薬。なにをどんなに塗っても、肌の赤みや発疹、黒ずみが治まらず、隠さずにはいられない状態。だから、お化粧なしでは外にでられないのです。そのお化粧も肌荒れを隠したい一心で、どんどん厚塗りに、どんどんハイテクになっていって。そうなると、家に帰ってお化粧を落とすのがまた一苦労です。強いクレンジング剤を使って、念入りに洗わなくてはなりません。それでも、ほんとうにちゃんと落ちたのかわからなくて不安だし、当然、洗顔後はまた慌てて保湿。化粧水、乳液、美容液、そして皮膚科でもらった塗り薬……。とにかく何層も塗らないと、わたしの肌は乾燥してしまうのです。
 そんなスキンケアをしていたわたしが、7年前から大きく変わりました。いまのわたしのスキンケアは、とてもシンプルです。そのキーワードは「ソフトウォーター(軟水)」。ソフトウォーターを使い始めてからというもの、わたしの保湿作業は大幅に軽減しました。それはほんとうに劇的な変化でした。あわてて何種類もの保湿剤を塗る必要が、まったくなくなったのです。いまは、お風呂上がりにさっと化粧水をつけ、ポイントにクリームを塗るだけ。夏場はクリームもいらないほどです。街にでるときも基本的にノーメイク。家でくつろぐときは手入れすらほとんどしません。とても楽ちんな生活です。

版元から一言

わたしたちがこの本を刊行したのは、実際に「Soft Water」を使って肌荒れが大幅に改善したからです。それはまさに衝撃的な体験でした。肌荒れに悩む多くの人に、このことをどうしても伝えなければ! というのがこの本を出版した理由なのです。
わたしたちの体験で、実際に効果があったのは次の4点です。
(1)20年以上治らなかった冬の痒いカサカサ肌が完治した。
(2)化粧水が肌にしみこむのを生まれて初めて実感した。
(3)毛穴が目立たなくなり、二の腕などにできていた小さなブツブツがすべてなくなった。
(4)フケが出なくなって、髪の毛はさらさら。梳かさなくてもいいほど髪が絡まない。
上の4つは、すべて径書房編集部が実際に体験したことです。著者の上関久美子さんは、超乾燥肌のアトピー体質ですが、彼女もまた大幅に肌荒れが改善したそうです。もちろん、Soft Water は、だれにでも効果があるわけではありません。主婦性湿疹が治らないというひともいました。それでも、いまや径書房は全員、「Soft Water」のとりこ。「もう一生 Soft Water を手放せない! Soft Water 以外のお風呂には入れない!」が、いまの私たちの最大の悩みなのです。肌荒れで苦しんでいるひとは、あきらめるまえに、ぜひ一度、Soft Water をためしてみてください。

著者プロフィール

上関 久美子(カミセキ クミコ)

千葉県出身。合資会社ソフトウォーター代表。石けん洗顔を基本としたスキンケア・コンサルタント。大学卒業後、軟水器メーカーに勤め、ソフトウォーターと洗剤に関する科学的知識を学ぶ。またその間、多数の顧客に対しスキンケアのアドバイスを行なう。その後、食品メーカーを経て、合資会社ソフトウォーターを設立。現在、ソフトウォーターと無添加石けんの普及を目指し、ホームページ「Soft Water Club」(http://softwater.jp)を2005年8月頃開設予定。
問い合わせ先:info@softwater.jp

上記内容は本書刊行時のものです。