版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:9:"猫の怪";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-7684-7966-7";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1008:"猫は不思議な生き物だ。猫好きにはそれがたまらない。江戸時代にも、猫をこよなく愛する人たちがいた。いきおい、さまざまな猫の怪異の物語が生まれる。奇っ怪な行動をとる猫にまつわる物語のなかから、江戸怪談における猫の怪の世界を、文学・芸能史・民俗学などの視点から選りすぐって紹介する。江戸時代の化け猫話といえば、講談で有名な鍋島の化け猫騒動があるが、いくつもの物語が伝わるなかでその原型と考えられる『肥前佐賀二尾実記』と、飼い主の美女を救う猫の話「三浦遊女薄雲が伝」の原文を現代語訳とともに掲載。そのほか江戸の随筆『甲子夜話』や『耳袋』などに記された猫の奇談、猫にまつわる日本や韓国での民間伝承、芝居や映画を紹介する。祟る猫・化ける猫・助ける猫・招く猫etcと、江戸怪談猫づくしの巻。";s:6:"author";s:31:"横山泰子(著/文)…他7名";s:10:"publishers";s:9:"白澤社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"白澤社";s:12:"release_date";i:1499958000;}

江戸怪談を読む

猫の怪

文芸 ラノベ

横山泰子(著/文), 早川由美(著/文), 門脇大(著/文), 今井秀和(著/文), 飯倉義之(著/文), 鷲羽大介(著/文), 朴庾卿(著/文), 広坂朋信(著/文)
発行:白澤社

四六判   224頁 
定価 2,000円+税

ISBN 978-4-7684-7966-7   C0093

書店発売日 2017年7月14日
登録日 2017年6月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

猫は不思議な生き物だ。猫好きにはそれがたまらない。
江戸時代にも、猫をこよなく愛する人たちがいた。いきおい、さまざまな猫の怪異の物語が生まれる。奇っ怪な行動をとる猫にまつわる物語のなかから、江戸怪談における猫の怪の世界を、文学・芸能史・民俗学などの視点から選りすぐって紹介する。
江戸時代の化け猫話といえば、講談で有名な鍋島の化け猫騒動があるが、いくつもの物語が伝わるなかでその原型と考えられる『肥前佐賀二尾実記』と、飼い主の美女を救う猫の話「三浦遊女薄雲が伝」の原文を現代語訳とともに掲載。そのほか江戸の随筆『甲子夜話』や『耳袋』などに記された猫の奇談、猫にまつわる日本や韓国での民間伝承、芝居や映画を紹介する。
祟る猫・化ける猫・助ける猫・招く猫etcと、江戸怪談猫づくしの巻。

目次

第一部 佐賀鍋島の化け猫
 第一章 『肥前佐賀二尾実記』──鍋島化け猫伝説の原型
 第二章 御家騒動の怪猫
〈コラム1〉肥前白石・秀林寺の猫大明神──もう一つの佐賀怪猫伝説
第二部 江戸時代の怪猫談
 第三章 馬場文耕「三浦遊女薄雲が伝」──猫の報恩物語
 第四章 猫の報恩譚
 〈コラム2〉猫檀家──東北の猫怪談
 第五章 江戸の噂と怪猫──猫はなぜ喋るのか
 〈コラム3〉江戸怪談の猫──猫と狸と
第三部 怪猫をめぐる民間伝承・芸能
 第六章 猫は化けるが役に立つ──猫をめぐる民俗
 〈コラム4〉韓国の猫の話──「忠」の犬と「悪」の猫
 第七章 芸能史における「化け猫物」の系譜
 〈コラム5〉恋する猫──猫になりたい
〈おわりに〉福を招く猫

著者プロフィール

横山泰子(ヨコヤマヤスコ)

1965年東京都生まれ。国際基督教大学教養学部卒、同大学大学院比較文化研究科博士後期課程修了。法政大学教授。主な著書に『江戸東京の怪談文化の成立と変遷』(風間書房)、『妖怪手品の時代』(青弓社)など。

早川由美(ハヤカワユミ)

1959年愛知県生まれ。奈良女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程修了。奈良女子大学博士研究員など。論文に「『吾嬬下五十三駅』考─猫騒動と天一坊物実録の利用─(『文学』2015年7月、岩波書店)など。

門脇大(カドワキダイ)

1982年生まれ。神戸大学大学院人文学研究科博士課程修了。専攻は日本近世文学。神戸星城高等学校ほか非常勤講師。論文に、「海の化物、海坊主──化物の変遷をたどる」(鈴木健一編『海の文学史』三弥井書店、所収)など。

今井秀和(イマイヒデカズ)

1979年東京都生まれ。大東文化大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。専門は日本近世文学、民俗学、比較文化論。国際日本文化研究センター機関研究員。主な著書に『怪異を歩く』(共著、青弓社)など。

飯倉義之(イイクラヨシユキ)

1975年千葉県生まれ。國學院大學文学部卒、同大学大学院文学科博士後期課程修了。國學院大學准教授。主な著書に『ニッポンの河童の正体』(新人物往来社、共著)、『日本怪異妖怪大事典』(東京堂出版、共編著)など。

鷲羽大介(ワシュウダイスケ)

1975年岩手県釜石市生まれ。国立宮城高専(現:仙台高専)電気工学科中退。ブロガー。2010年より「せんだい文学塾」運営委員会会長。

朴庾卿(パクユギョン)

1978年生まれ。法政大学大学院修士課程修了。現在、同大学院博士後期過程。研究テーマは動物表象を中心とする日韓比較文化。論文に「韓国における猫の認識変化とその社会的・象徴的意味」など。

広坂朋信(ヒロサカトモノブ)

1963年東京都生まれ。東洋大学文学部卒。編集者・ライター。主な著書に『東京怪談ディテクション』(希林館・現在絶版)など。

上記内容は本書刊行時のものです。