版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:36:"歴史としての大衆消費社会";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-7664-2447-8";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:760:"▼戦後70年、高度成長の「呪縛」を乗り越え、日本再構築に向けた針路を示す! 敗戦の瓦礫のなか、日本は生活文化の全面的な西洋化・アメリカ化を「さしあたって」決意した。大衆消費社会、分厚い中間層と高度成長はそこから生まれ、その後の経済停滞はこうした歴史理解の取り違えから生じた。 そして現在、われわれの生活文化感覚は着実に伝統回帰しつつある。21世紀日本のあり方を考えるには、鎌倉時代に始まり江戸時代に完成した日本伝統の資本主義が育んだ文化と精神を再評価し、1000年の歴史のなかで戦後70年の意味を問い直さなければならない。";s:6:"author";s:22:"寺西 重郎(著/文)";s:10:"publishers";s:27:"慶應義塾大学出版会";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:27:"慶應義塾大学出版会";s:12:"release_date";i:1502377200;}

総合研究 現代日本経済分析 第Ⅱ期

歴史としての大衆消費社会 高度成長とは何だったのか?

社会科学 ラノベ

寺西 重郎(著/文)
発行:慶應義塾大学出版会

A5判   384頁 
定価 4,500円+税

ISBN 978-4-7664-2447-8   C3333

書店発売日 2017年8月11日
登録日 2017年7月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-11-11 日本経済新聞  朝刊
評者:岡崎哲二(東京大学教授)

紹介

▼戦後70年、高度成長の「呪縛」を乗り越え、日本再構築に向けた針路を示す!

敗戦の瓦礫のなか、日本は生活文化の全面的な西洋化・アメリカ化を「さしあたって」決意した。大衆消費社会、分厚い中間層と高度成長はそこから生まれ、その後の経済停滞はこうした歴史理解の取り違えから生じた。
そして現在、われわれの生活文化感覚は着実に伝統回帰しつつある。21世紀日本のあり方を考えるには、鎌倉時代に始まり江戸時代に完成した日本伝統の資本主義が育んだ文化と精神を再評価し、1000年の歴史のなかで戦後70年の意味を問い直さなければならない。

目次

第1章 はじめに――日本における大衆消費社会
 通説への懐疑と対立仮説、二つの消費社会、二段階の近代化、限定合理
 性、分厚い中間層と大衆、その後の消費社会

第2章 消費の社会的枠組みの形成過程
 第1節 生活様式としての消費
 第2節 消費の社会的枠組みの形成過程
  第1段階:自己保存と承認をめぐる闘争/第2段階:宗教の変化と他
  者関係/第3段階:市場の拡大
 第3節 日本の経済行動における儒教の影響
  近世の通俗道徳/経済行動における仏教的要素と儒教的要素
 第4節 限定合理性 
  行動の整序の意味の合理性/全体的合理性への関心/情報と予見に関
  する不完全性

第3章 2つの消費社会
 第1節 近代以降の二つの消費社会
  3段階での消費の社会的枠組みの変化/供給主導型消費経済システム
  と需要主導消費経済システム
 第2節 消費行動の不変性
  相互主観的な知の蓄積/他者関係の構造性
 第3節 近代化と生活様式の変化
  和魂洋才と生活様式/近代化と生活様式の不変性/生活様式の根源性

第4章 近代化戦略における戦前・戦後
 第1節 2段階の近代化
  連続(進歩)経済史観による生活用式・消費社会論/一般論としての
  戦前戦後の連続性/非連続性:敗戦が区切った戦前と戦後/なぜ敗戦
  の衝撃は無視されてきたか/和魂漢才と和魂洋才
 第2節 戦前の近代化
  在来産業と発展戦略/戦前における中流階級・新中間層および大衆/
  在来生産における質変動への対応/消費需要における新しい価値の発
  見/戦前的戦略の欠陥
 第3節 戦争と敗戦から戦後へ
 第4節 日本の経済システムの捉え方

第5章 大衆消費社会の生成と衰亡
 第1節 大衆の出現と消滅
  中流意識の生成/中間層の大衆性
 第2節 所得分配の平等化と身分格差
  高度成長期経済システムの三側面/ブルーカラーのホワイトカラー
  化/所得分配と身分の平等化と大衆の出現
 第3節 高度成長期とは何であったか
  高度成長のメカニズム/準拠軸としての日本型企業システム/管理社
  会化/株主vs銀行vs経営者/日本と欧米の戦後における所得分配

第6章 消費社会の今後
 第1節 1980年代の消費社会化の伝統回帰
  ポスト・モダン消費文化論/消費財の需給構造の変化/他者関係の伝
  統回帰/伝統回帰の持続可能性
 第2節 消費不況と日本経済

第7章 結語

著者プロフィール

寺西 重郎(テラニシ ジュウロウ)

寺西 重郎
一橋大学名誉教授
1965年一橋大学経済学部卒業、70年同大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学、83年経済学博士(一橋大学)。1970年一橋大学経済研究所専任講師、73年助教授を経て84年教授、2004年名誉教授。この間、1976~78年イェール大学客員教授、85~86年オーストラリア国立大学客員教授。2006年より日本大学大学院商学研究科教授などを経て、2015年より一橋大学経済研究所非常勤研究員。
主著に、『経済行動と宗教――日本経済システムの誕生』(勁草書房、2014年)、『戦前期日本の金融システム』(岩波書店、2011年)、Evolution of the Economic System in Japan(Edward Elgar, 2005)、『日本の経済システム』(岩波書店、2003年)、『経済開発と途上国債務』(東京大学出版会、1995年)、『工業化と金融システム』(東洋経済新報社、1991年)、『日本の経済発展と金融』(岩波書店、1982年)、などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。