版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
731部隊と戦後日本 加藤 哲郎(著) - 花伝社
.

731部隊と戦後日本 隠蔽と覚醒の情報戦

発行:花伝社
四六判
256ページ
並製
価格 1,700円+税
ISBN
978-4-7634-0855-6
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2018年5月
書店発売日
登録日
2018年4月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

現在に生き続ける731部隊の影

ソ連のスパイ、ゾルゲが握った細菌戦の情報。
プリンスと呼ばれた首相の息子・近衛文隆の、シベリアでの不審死。
『政界ジープ』、ミドリ十字、731部隊戦友会、日本イスラム教団教祖……
残虐な人体実験の中心的医師、二木秀雄がたどる戦後の数奇な運命。

ゾルゲ事件、731部隊、シベリア抑留――すべてが絡み合う戦争の記憶

目次

はじめに  湯川博士はなぜ原爆開発に協力したのか 
Ⅰ 戦争の記憶――ゾルゲ事件、七三一部隊、シベリア抑留
Ⅱ 七三一部隊の隠蔽・免責・復権と二木秀雄
Ⅲ 戦後時局雑誌の興亡――『政界ジープ』対『真相』

著者プロフィール

加藤 哲郎  (カトウ テツロウ)  (

1947 年岩手県生まれ。東京大学法学部卒業、博士(法学)。現在、早稲田大学大学院政治学研究科客員教授、一橋大学名誉教授。英国エセックス大学、米国スタンフォード大学、ハーバード大学、ドイツ・ベルリン・フンボルト大学客員研究員、インド・デリー大学、メキシコ大学院大学客員教授等を歴任。専門は政治学・比較政治・現代史。インターネット上で「ネチズン・カレッジ」主宰。著書に『「飽食した悪魔」の戦後――731部隊と二木秀雄『政界ジープ』』(花伝社、2017年)、『日本の社会主義――原爆反対・原発推進の論理』(岩波現代全書、2013年)、『ゾルゲ事件――覆された神話』(平凡社新書、2014年)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。