版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
東アジア連携の道をひらく 進藤 榮一(編著) - 花伝社
.

東アジア連携の道をひらく 脱炭素社会・エネルギー・食料

発行:花伝社
四六判
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-7634-0830-3
Cコード
C0036
一般 単行本 社会

出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2007年9月
書店発売日
登録日
2017年8月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

アジアに環境・エネルギー・食料の共同体をつくる
トランプ政権下のアメリカが、温室効果ガス規制協定やTPPから離脱した今、
すでにアジアは民間・政府レベルで共通問題へと取り組み、連帯へと向かっている。
ASEAN、RCEP、AIIB、「一帯一路」、アジアスーパーグリッド――
専門家、ジャーナリストによる最新状況の報告と展望。多数のコラム収録。

目次

Ⅰ部 東アジア地域統合の道
Ⅱ部 環境低炭素共同体とアジア経済協力の道
Ⅲ部 アジア・エネルギー共通安全保障のシナリオ
Ⅳ部 食糧自給は国境を超える――食料安全保障共同体の構築へ

前書きなど

「求められているのは、覇権国主導のグローバリズムの共通リスクに対して、アジアがデファクトの地域統合の仕組みをどう進めていくかである。アジアにあっては地域統合が、格差と体制の違いを逆に乗り越える動きを動力に展開する、開かれた地域統合メカニズムが見えてくる。」(序章より)

著者プロフィール

進藤 榮一  (シンドウ エイイチ)  (編著

筑波大学名誉教授

松下 和夫  (マツシタ カズオ)  (編著

京都大学名誉教授

朽木 昭文  (クチキ アキフミ)  (編著

日本大学生物資源科学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。