版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
視界良好2 河野 泰弘(著) - 北大路書房
.

視界良好2 視覚障害の状態を生きる

発行:北大路書房
A5判
192ページ
並製
価格 1,500円+税
ISBN
978-4-7628-2962-8
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2017年4月
書店発売日
登録日
2017年2月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

注目された前著『視界良好』刊行後10年。主に盲ろう通訳として活動してきた著者が,事物や他者とのコミュニケーションを通じて「見ること」をいかに獲得し良好にしてきたかを記述した第Ⅰ部。続く第Ⅱ部で,現在の自分を見つめ直しつつ,人とのつながり,自身の就活,社会問題等その解決の方向について抱いている思いを綴る。

◆著者からのメッセージ
ひとりひとりの視点を補っていくと、
その先にはなにがあるのだろう。
すべてを見たい、もっと見たい…。
それぞれの「目」を合わせれば、
「見え」はより進化していくのかもしれない。

【好評既刊】
『視界良好:先天性全盲の私が生活している世界』(河野泰弘/著)
▼聞く・触れる・嗅ぐことで「見る」世界,そこでの暮らしを柔らかに語る。
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784762825620


◆主な目次

 まえがき

第Ⅰ部
1章 “見ること”とそれを広げること
2章 生活経験から知っていく
3章 生活の中の実感
4章 納得したい、もっと理解したいという気持ち
5章 生きる世界が拡がる:自由な想像の世界へ
●私の描く未来――――――――――――――――――ロング・コラム1

第Ⅱ部
6章 自分の気持ちを見つめる
7章 さらに、自分の気持ちを見つめる
8章 自分の可能性を探る
9章 私のこれから、世界のこれから
●近未来へ:私の就活展望―――――――――――――ロング・コラム2

 あとがき

目次

  まえがき

第Ⅰ部

 1章 “見ること”とそれを広げること
   自然な「振る舞い」って?/自然に「ものを見る」って?/「ものの違い」を知っていく/直接触れられないものを知っていく/動くものに手で触れる…

 2章 生活経験から知っていく
   レストランでの食事/身だしなみとおしゃれ/生活にとっての目印/表と裏/晴眼者と違うこと、だいたい同じこと

 3章 生活の中の実感
   トイレで…/概念の実感/疲れ目の実感/からだの疲れへの対処法/弓を引くということ/「コツをつかむ」という実感

 4章 納得したい、もっと理解したいという気持ち
   頭の中に地図を描く/一人ひとりの見え方/視点があるということ/焦点から“視点”を理解するということ/点字の世界、墨字の世界…/納得して理解したい…/自動車もいつか運転してみたい!

 5章 生きる世界が拡がる:自由な想像の世界へ
   そばにいる人の合図から…/世界を深く感じる…/私にとってのイメージ/モノと語らう/恐怖について/緊張について/“ない”からこそあり得ることも…/感覚の拡がりのために…

   私の描く未来――――――――――――――――――ロング・コラム1
      自分の目が見えるようになる…/未来のスマホ?/未来の自然体験ツアー?

第Ⅱ部

 6章 自分の気持ちを見つめる
   人前での緊張と安心感/言いにくい、聞きにくいことのやりとり/個性と安心感、楽しさ/「暗い話題」と私/共感と引き込まれること/自分を奮い立たせる

 7章 さらに、自分の気持ちを見つめる
   私はどうして「さびしい感じ…」になる?/さびしい感じ、新しい「楽しい」感じ…/「違い」を見て感じて幸せに触れる/夢は何層にも重ねて

 8章 自分の可能性を探る
   まずはとことん成りきることから…/「あとよろしく…」から「このあと、どうする?」/こんなに持っていていいのだろうか…/ヒントはあちらこちらに/いつかきっと…

 9章 私のこれから、世界のこれから
   限界? それとも…/つながっていること/大震災のあと…/「うまくいく」という思いを乗せて…/文化、価値観、生きるということ/もう一つの窓

   近未来へ:私の就活展望―――――――――――――ロング・コラム2
      「こんな仕事もあるんだ」/自分でもできそうな「会社の仕事」/企業説明会で…/近い未来に向けてできそうなこと
 
  あとがき

著者プロフィール

河野 泰弘  (コウノ ヤスヒロ)  (

河野 泰弘(こうの・やすひろ)
1980年 アメリカ・カリフォルニア州に生まれる。生まれた時から全盲(両眼)。3歳の時,家族とともに日本に帰国。小学校~高校まで統合教育を受け,普通学校で学ぶ。
2003年 中央大学法学部を卒業後,同大学文学部に学士入学。
2006年 中央大学文学部を卒業。卒業後,盲ろう者向けの通訳者・介助者としての活動を行なってきた。同時に,東京都内複数の小・中学校での講演活動,授業アシスタントの活動も続けている。
10歳代後半から視覚特別支援学校や公共施設をはじめ,さまざまな場所で講演活動も行なってきた。その中で,都内FM局、コミュニティ局のラジオ番組への出演を経験する。2009年1月4日「天声人語」(朝日新聞)での拙著紹介などをきっかけに,大学などにも活動の場を広げた。2013年12月には「聞いて聞かせて」(NHKラジオ第2)にも出演した。
著 書『視界良好 全盲の私が生活している世界』(北大路書房,2007年,単著)
   『ディスコミュニケーションの心理学』(東京大学出版会,2011年,分担執筆)

上記内容は本書刊行時のものです。