版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
どもる君へ いま伝えたいこと 伊藤 伸二(著) - 解放出版社
.

どもる君へ いま伝えたいこと

発行:解放出版社
A5判
95ページ
並製
定価 1,200円+税
ISBN
978-4-7592-6715-0
Cコード
C0037
一般 単行本 教育
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2008年8月
書店発売日
登録日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

6刷 出来予定日: 2017-12-20

紹介

どもる著者自らの40年以上にわたる取り組みが生みだした体験の結晶を、いま悩む子どもや親、関係者に贈る。具体的な場面をふまえ、どもりとどうつきあえばよいかをQ&Aでやさしく語りかける。小学校高学年以上向き。

目次

どうして私はどもるようになったのですか。私が弱いからですか。/どもりを治す方法に、どんなものがありますか。/友だちが、どもっている私をからかいます。今はまだからかうぐらいだけど、いじめにあったらと思うと不安です。/友だちがいません。どうしたら友だちができますか。/私がどもると、よく笑う人がいます。とても嫌なので、やめてほしいんですが、どうしたらいいですか。/ことばの教室はどんなところですか。/このままどもりが治らなかったら、どんな仕事に就けますか。就いたらいいですか。/君が幸せに生きるために/特別寄稿・竹内敏晴「自分の話し方を見つけるために」

前書きなど

 どもりは、「そんなことぐらい気にしないで」とまわりから言われるほど単純で軽いことじゃない。
 どもりは、とても人間らしい悩みで、古くは紀元前のギリシャの時代から、どもる人の悩みは記録として残っている。また何人もの小説家が自分のどもりについて書いている。
 君がどもることで困り、悩むのは当たり前のことなんだ。ぼくなんか21歳まですごく悩んでいたし、世界的に活躍した有名な人で、30歳や50歳まで悩んでいた人がいる。君がひとりで考えるほど簡単なことではない。
 ぼくは深刻に悩んでいたとき、真剣にどもりに向き合ってこなかった。21歳の夏に、初めて同じようにどもる人と出会ってから、勉強しはじめた。それから40年以上、どもりに取り組み、どもりについて考え続けてきた。
 どもる人の会や研究会をつくり、世界大会を初めて京都で開き、国際組織を作った。また、子どものための吃音親子サマーキャンプは今年で19年になる。世界のたくさんの人の体験が集まったことで、どもりとどのようにつきあえばいいか、ぼくなりに整理ができた。
 だから今、ぼくが40年以上考え、実際に行動して、失敗したこと、とてもよかったことを、君のようにどもることで困ったり、悩んでいる人に伝えたかったんだ。
 ぼくは今、たくさんの友だちがいて、自分の好きな仕事をし、充実した楽しい人生を送っている。今からみると、なぜあんなに悩んだのだろうと不思議なくらいだ。だけど、あんなに悩んだから今のぼくがある。悩んだことに意味があったんだ。
 自分の人生はよかったと思えた瞬間に、過去の苦しかったことは、オセロゲームの黒がぱたぱたと白に変わるように、大切な意味のある経験に変わる。
 たくさん失敗してきた先輩として、「こんなことには気をつけてね」と書きたかった。少しでも参考になればうれしい。
 ちょっと先を歩いてきたどもる人間として、一緒に考えたい。ぼくはいつも君の味方だから。決してひとりで悩まないでね。

著者プロフィール

伊藤 伸二  (イトウ シンジ)  (

1944年、奈良県生まれ。明治大学文学部・政治経済学部卒業。大阪教育大学特殊教育特別専攻科修了。大阪教育大学専任講師(言語障害児教育)を経て、現在伊藤伸二ことばの相談室主宰。日本吃音臨床研究会会長。大阪教育大学非常勤講師。言語聴覚士養成の専門学校5校で吃音の講義を担当。
小学2年生の秋から吃音に強い劣等感をもち、1965年にどもる人のセルフヘルプグループ・言友会を設立するまで吃音に深く悩む。現在は大阪スタタリングプロジェクトでセルフヘルプグループの活動を続けている。1986年に第1回吃音問題研究国際大会を大会会長として開催し、世界44か国が参加する国際吃音連盟の設立にかかわる。現在国際吃音連盟の顧問理事。
セルフヘルプグループ、論理療法、交流分析、アサーション・トレーニング、竹内敏晴からだとことばのレッスンなどを活用し、吃音と上手につきあうことを探る。吃音ワークショップ、吃音親子サマーキャンプ、臨床家のための吃音講習会などを開催している。
著書に『吃音者宣言』(たいまつ社)、『人間とコミュニケーション』(日本放送出版協会)、『吃音と上手につきあうための吃音相談室』『新・吃音者宣言』(芳賀書店)、『やわらかに生きる-論理療法と吃音に学ぶ』『話すことが苦手な人のアサーション-どもる人とのワークショップの記録』(金子書房)、『知っていますか? どもりと向きあう一問一答』『知っていますか? セルフヘルプ・グループ一問一答』(解放出版社)、『治すことにこだわらない、吃音とのつき合い方』(ナカニシヤ出版)など
日本吃音臨床研究会のHP http://www.bekkoame.ne.jp/i/chioaki

言葉がうまく出ないときって、あせる。悔しくて、恥ずかしくて、悲しくて泣きたくなることだってある。僕もそうだ。でも、この本は、「そんな自分もまるごと、世界にたった一人の、かけがえのない自分なんだよ」と教えてくれた。肩をそっと抱いてくれた。優しくて力強い手のひらの温もりが、確かに伝わった。 (重松 清さんの推薦文より)

上記内容は本書刊行時のものです。