版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
教員のための「国際語としての英語」学習法のすすめ 大坪喜子(編集) - 開拓社
..

教員のための「国際語としての英語」学習法のすすめ

発行:開拓社
A5判
180ページ
定価 2,200円+税
ISBN
9784758922418
Cコード
C3082
専門 単行本 英米語

出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年4月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

教室で「英語をしゃべることが苦手だ」とか「英語をしゃべれない」と思っている日本人英語教員は多いかもしれない。しかし、母語とは別に英語を使って生活する人(non-native speakers)は世界では多く、国際社会は必ずしも英語母語話者(native-speakers)の発音でなくてもいいのだ。そう考えれば、今知っている英語で気楽に話せるようになることを本書は教えてくれる。本書は、新しい挑戦に立ち向かう日本人英語教員のための応援歌でもある。

その他情報

また、事前注文チラシを配信させて頂きます。よろしくお願いします。

著者プロフィール

大坪喜子  (オオツボ ヨシコ)  (編集

1967年、東北大学大学院文学研究科修士課程(英語学)修了。1980-1982年、ハワイ大学大学院言語学科博士課程単位取得。1967年4月より東北大学助手(文学部)、1968年4月より尚絅女学院短期大学英文科講師・助教授を経て、1972年4月から長崎大学教育学部英語科で英語科教員養成に従事し、1994年に長崎大学大学院教育学研究科(英語教育専修)の発足後、大学院主任指導教授。2004年3月定年退職。長崎大学名誉教授。主要業績:『使える英語を教えよう:英語科教員養成の実践記録1972-89』(1990)長崎大学英語教育研究会/川原書店(長崎)、『小学校で英語を教えよう:英語科教員養成の理論と実践』(1999)創英社/三省堂書店(東京)、Yoshiko Otsubo & Giles Parker (eds.), DEVELOPMENT OF A TEACHER TRAINING PROGRAM AT THE DEPARTMENT OF ENGLISH, NAGASAKI UNIVERSITY 創英社/三省堂書店(東京)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。