版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:61:"日本の癩〈らい〉対策の誤りと「名誉回復」 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-7503-4569-7";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:369:"国立療養所多磨全生園の園長として、日本の癩(らい)病=ハンセン病治療に長年携わった著者が、「隔離」を継続した日本の癩(らい)対策の誤りの根源をあらためて振り返り、何を病もうと人は人という道理を元に、差別や偏見の克服、そして名誉回復とは何かを問う。";s:6:"author";s:21:"成田 稔(著/文)";s:10:"publishers";s:12:"明石書店";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"明石書店";s:12:"release_date";i:1505401200;}

世界人権問題叢書100

日本の癩〈らい〉対策の誤りと「名誉回復」 今、改めてハンセン病対策を考える

成田 稔(著)
発行:明石書店

四六判   232頁  上製
価格 3,200円+税

ISBN 978-4-7503-4569-7   C0336
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2017年9月
書店発売日 2017年9月15日
登録日 2017年9月4日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

国立療養所多磨全生園の園長として、日本の癩(らい)病=ハンセン病治療に長年携わった著者が、「隔離」を継続した日本の癩(らい)対策の誤りの根源をあらためて振り返り、何を病もうと人は人という道理を元に、差別や偏見の克服、そして名誉回復とは何かを問う。

目次

まえがき

はじめに

一 日本における癩の流行と消長

二 二〇世紀日本における癩、らい、ハンセン病への一般的な認識の移り変わり
 二-一 癩をめぐって
 二-二 ハンセン病の年間新発生患者数ゼロの真実
 二-三 ハンセン病の現状と憲法

三 日本の癩(らい)対策の根源的なあやまり

四 日本の癩(らい)対策の無為な継続
 四-一 日本の癩(らい)対策には「隔離が最善」との安易な受容
 四-二 「癩予防ニ関スル件」の制定、疎かにされた「患者は人」の倫理
 四-三 惰性的かつ無定見な隔離の継続
 四-四 光田は癩(らい)の権威か
 四-五 光田を支えた権力構造

五 日本の癩(らい)対策 その過ちの責任を問う
 五-一 日本の癩(らい)対策についての私たち個人の責任
 五-二 癩(らい)に対する偏見・差別の血族的な拡がりについての責任
 五-三 一般的な社会はハンセン病についていかに無知か

六 一般社会におけるハンセン病への関心

七 ハンセン病の社会啓発
 七-一 不治の癩の社会啓発
 七-二 可治のらいの社会啓発
 七-三 普通の病気ハンセン病の社会啓発

八 名誉回復とは何か

九 日本の癩(らい)対策の歴史に類似する他の医療領域について

一〇 癩(らい)と知覚麻痺疎かにされた見えないものを診ること

一一 日本の癩(らい)対策の後半にかかわった私自身を考える

おわりに

付録
 一 日本の癩(らい)対策についての史実を資料館常設展示のいくつかに重ねる
 二 墓守であれ

前書きなど

まえがき

 二○○九年に拙著『『日本の癩(らい)対策から何を学ぶか 新たなハンセン病対策に向けて』を刊行した。同著では主に、日本の癩(らい)対策の基本である絶対隔離について、その施策の苛酷な条件と不当性とを医学的な誤りとするに止まり、あとは「らい予防法違憲国家賠償裁判」の国側敗訴までを主に取上げ、それに癩(らい)関係の国際会議における主要決議を併記し、国際的動向からの日本の乖離を示した。
 問題は、E・H・カーが〈歴史とは、現在と過去との対話である〉と繰り返し強調しているとし、これを訳者清水幾太郎が〈一方、過去は、過去のゆえに問題となるのではなく、私たちが生きる現在にとっての意味のゆえに問題になるのであり、他方、現在というものの意味は、孤立した現在においてではなく、過去との関係を通して明らかにし、その意味を変じて行く。われわれの周囲では、誰も彼も、現代の新しさを語っている。(引用者中略)しかし、遺憾ながら、現代の新しさを雄弁に説く人々の、過去を見る眼が新しくなっていることは極めて稀である。過去を見る眼が新しくならない限り、現代の新しさは本当に掴めないであろう〉と、カーの歴史観を体得できるかのように述べている。
 それにもかかわらず実際にはこの教訓を生かせず、過去の事実はすべて誤りでもあるかのような先入観にとらわれ、過去から現在への道すじでの矯める言葉すら見過していた。
 その悔いを、多磨全生園入所者自治会機関誌『多磨』などに寄せてきたが、そこから拾い出したものをまとめて、小著の出版を思い立った。

著者プロフィール

成田 稔(ナリタ ミノル)

1927年 札幌生まれ。
1950年 東京大学医学部付属医学専門部卒業。
1951年 東京大学医学部病理学教室研究生。
1955年 国立療養所多磨全生園医務課。
1968年 同園整形外科医長。
1981年 同園副園長。
1985年 同園園長。
1992年 国立多摩研究所所長併任。
1993年 退官。
同年 国立療養所多磨全生園名誉園長。
2007年 国立ハンセン病資料館館長。

上記内容は本書刊行時のものです。