版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:22:"戦争犯罪と人権 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-7503-1009-1";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:276:"「慰安婦」問題をなぜ日本は避け続け,責任の所在を明かそうとしないのか。戦争責任を明確にせず,補償からも逃げ続けて来た日本の社会意識,それを見すえる国際社会の視点をわかりやすく解説する。";s:6:"author";s:21:"前田 朗(著/文)";s:10:"publishers";s:12:"明石書店";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"明石書店";s:12:"release_date";i:883580400;}

AKASHI人権ブックス5

戦争犯罪と人権 日本軍「慰安婦」問題を考える

前田 朗(著)
発行:明石書店

四六判   256頁  並製
定価 2,300円+税

ISBN 978-4-7503-1009-1  
品切れ・重版未定(出版社情報)

奥付の初版発行年月 1998年1月
書店発売日 1998年1月1日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「慰安婦」問題をなぜ日本は避け続け,責任の所在を明かそうとしないのか。戦争責任を明確にせず,補償からも逃げ続けて来た日本の社会意識,それを見すえる国際社会の視点をわかりやすく解説する。

目次

序 章 いま何が問題になっているのか
第一章 慰安婦問題—解決への道筋
第二章 クマラスワミ報告書の意義
第三章 チャベス報告書を検証する—性奴隷とは何か
第四章 日本型修正主義とアジアの声
第五章 朝鮮人強制連行と日本人の意識
終 章 国家責任と個人—〈上野千鶴子〉を解体する

上記内容は本書刊行時のものです。