版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:30:"紫式部日記を読み解く";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-653-04346-1";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1233:"平安文学を代表する女流作家・紫式部。栄華を誇る藤原道長の娘・中宮彰子のもとで、彼女が見たもの・感じたこととは何だったのか。そして、そこでの経験はどのように彼女の物語世界に昇華されたのか。謎とされる部分も多い『紫式部日記』を丹念に読み解き、紫式部自身の姿とその目に映る宮廷社会に迫る!【目次】第一章 「紫式部日記」の構成と内容第二章 表現方法の特徴―「栄花物語」との比較検討―第一節 日記的部分の執筆動機を表現から探る/第二節 紫式部独自の表現第三章 女たちへの眼差し第一節 彰子に対する評価/第二節 女房の集団/第三節 女房としての自分/第四節 「家の女」とキャリアウーマン第四章 藤原道長像第一節 道長の魅力/第二節 紫式部と道長の関係第五章 「源氏物語」との共通点・相違点第一節 容姿を形容する語/第二節 食をめぐる言説/第三節 出産をめぐる言説主要人物解説註系図(天皇・源氏/藤原氏/「源氏物語」主要登場人物あとがき";s:6:"author";s:22:"池田 節子(著/文)";s:10:"publishers";s:12:"臨川書店";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"臨川書店";s:12:"release_date";i:1486652400;}

日記で読む日本史6

紫式部日記を読み解く 源氏物語の作者が見た宮廷社会

文芸 ラノベ

池田 節子(著/文)
発行:臨川書店

四六判   272頁 
定価 3,000円+税

ISBN 978-4-653-04346-1   C0395

書店発売日 2017年2月10日
登録日 2016年12月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-03-19 毎日新聞  朝刊
評者:小島ゆかり(歌人)

紹介

平安文学を代表する女流作家・紫式部。栄華を誇る藤原道長の娘・中宮彰子のもとで、彼女が見たもの・感じたこととは何だったのか。そして、そこでの経験はどのように彼女の物語世界に昇華されたのか。謎とされる部分も多い『紫式部日記』を丹念に読み解き、紫式部自身の姿とその目に映る宮廷社会に迫る!


【目次】

第一章 「紫式部日記」の構成と内容

第二章 表現方法の特徴―「栄花物語」との比較検討―
第一節 日記的部分の執筆動機を表現から探る/第二節 紫式部独自の表現

第三章 女たちへの眼差し
第一節 彰子に対する評価/第二節 女房の集団/第三節 女房としての自分/第四節 「家の女」とキャリアウーマン

第四章 藤原道長像
第一節 道長の魅力/第二節 紫式部と道長の関係

第五章 「源氏物語」との共通点・相違点
第一節 容姿を形容する語/第二節 食をめぐる言説/第三節 出産をめぐる言説

主要人物解説



系図(天皇・源氏/藤原氏/「源氏物語」主要登場人物

あとがき

目次

第一章 「紫式部日記」の構成と内容

第二章 表現方法の特徴―「栄花物語」との比較検討―
第一節 日記的部分の執筆動機を表現から探る/第二節 紫式部独自の表現

第三章 女たちへの眼差し
第一節 彰子に対する評価/第二節 女房の集団/第三節 女房としての自分/第四節 「家の女」とキャリアウーマン

第四章 藤原道長像
第一節 道長の魅力/第二節 紫式部と道長の関係

第五章 「源氏物語」との共通点・相違点
第一節 容姿を形容する語/第二節 食をめぐる言説/第三節 出産をめぐる言説

主要人物解説



系図(天皇・源氏/藤原氏/「源氏物語」主要登場人物

あとがき

上記内容は本書刊行時のものです。