版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
日本中世国制史論 佐々木 宗雄(著/文) - 吉川弘文館
..

日本中世国制史論

発行:吉川弘文館
A5判
336ページ
定価 11,000円+税
ISBN
9784642029469
Cコード
C3021
専門 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年4月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日本における中世国制の変遷を、初期―前期―後期に分け、その実態を論じる。中央集権国家体制が12世紀初頭に中世国家に転換するとの説を提示した著者が、その後の知見を加えて初期中世国家論を再構成し、さらに隣国高麗の国制に関する学説を批判的に再検討しつつ、鎌倉・室町時代の国制を明らかにし、その体制の終焉に至るまでを見通す意欲作。

目次

序章/初期中世国家の成立(土地・人民の支配体制の転換/王権の転換/初期中世国家体制の成立)/平安日本・高麗前期の国制と政治運営(一〇・一一世紀の王権と政治構造/高麗前期の国制と政治運営/一〇・一一世紀の政治運営と国制)/初期中世国家の構造(後白河院政期の政治構造/政治構造の転換/初期中世国家の構造)/初期中世国家と諸権門・諸国(治天決裁の二つのルート/治天権力と諸権門・諸国/初期中世国家と諸権門・諸国)/鎌倉前期の国制(治天・鎌倉殿と諸権門・諸国/鎌倉初期の政治構造/鎌倉前期の国制)/鎌倉後期の国制と高麗(鎌倉後期の領主・百姓と国家体制/高麗の国制と「武人政権」/鎌倉後期の国家運営―治天・権門と実務官僚)以下細目略/後期中世国家の成立/後期中世国家の構造とその終焉/終章

著者プロフィール

佐々木 宗雄  (ササキ ムネオ)  (著/文

1948年島根県に生まれる。1972年、同志社大学卒業。1977年同志社大学院単位取得。現在、同志社大学非常勤講師 ※2011年6月現在 【主な編著書】『日本王権国家論』『平安時代国制史研究』

上記内容は本書刊行時のものです。