版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:26:"中国山地 過疎50年";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-624-41103-9";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:357:"東京を中心に巻き起こった地方消滅論をきっかけに、過疎はいつまで続くのか、過疎地はいまどういう状況なのかを探るため、取材をはじめた中国新聞取材班が「中国山地のいま」を直視しつつ、時代の潮流を読み、明日への展望を提示する。写真・図版多数収録。";s:6:"author";s:30:"中国新聞取材班(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"未来社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"未来社";s:12:"release_date";i:1484233200;}

中国山地 過疎50年

社会科学 ラノベ

中国新聞取材班(著/文)
発行:未来社

四六判   212頁 
定価 2,200円+税

ISBN 978-4-624-41103-9   C0036

書店発売日 2017年1月13日
登録日 2016年12月2日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

東京を中心に巻き起こった地方消滅論をきっかけに、過疎はいつまで続くのか、過疎地はいまどういう状況なのかを探るため、取材をはじめた中国新聞取材班が「中国山地のいま」を直視しつつ、時代の潮流を読み、明日への展望を提示する。写真・図版多数収録。

目次

はじめに

第1部 最前線の現実
 ① 那須集落 6人になった(広島県安芸太田町)
 《特集》那須に生きる。今日も、明日も
 ② 原野に戻る「千枚田」(山口県岩国市錦町)
 ③ 点在5戸「5年後は……」(広島県庄原市東城町)
 ④ 悲願の駅 乗客「ゼロ」(島根県邑南町)
 ⑤ 伝統神楽 拠点は街に(広島県安芸高田市高宮町・島根県邑南町)
 ⑥ 豪雪の里それでも住む(広島県北広島町)
 ⑦ 限界集落に赤ん坊の声(広島県三次市作木町)
 中国新聞社・島根大共同集落調査 全六九市町村アンケート
  中国地方四市町 一〇年で八集落消滅
 アンケート詳報 集落は老いている
 季節の移ろいスケッチ①

第2部 過疎半世紀
 ① 高齢者も減る時代に(広島県三次市・庄原市)
 ② 統廃合 消える学びや(島根県津和野町・広島県安芸太田町)
 ③ 整った農地 後継不足(広島県北広島町)
 ④ 衰退加速 中心部すら(広島県庄原市東城町・島根県美郷町)
 ⑤ 流出対策 歯止めならず(島根県益田市匹見町)
 人口推移調査
衰える農山村 戦後日本の写し絵

第3部 揺らぐ交通
 ① 細る鉄路 募る危機感(広島県庄原市東城町・西城町)
 ② 三セク鉄道黒字へ腐心(鳥取県若桜町・八頭町・山口県岩国市)
 ③ 鉄道の代替バス苦境(広島県安芸太田町)
 ④ タクシー助成好循環(岡山県美咲町・久米南町)
 ⑤ 地域の「マイカー」快走(広島県三次市)
 JR西日本社長インタビュー

第4部 農の行く先
 ① 集落法人 後継者いない(広島県三次市布野町)
 《特集》農の行く先 間近に迫る「大離農時代
 ② 過疎集落 止まらぬ獣害(広島県安芸高田市高宮町)
 ③ 迫るTPP畜産家懸念(広島県神石高原町)
 ④ 産地一体の取り組み鍵(岡山県新見市・広島県北広島町)
 ⑤ 「農地守る」企業の挑戦(広島県北広島町・東広島市豊栄町)
 ⑥ 野菜栽培 攻める若手(山口県周南市・広島県庄原市東城町)
 ⑦ 新鮮野菜 都市へ直送便(広島県安芸高田市向原町)
 季節の移ろいスケッチ②

第5部 なるか林業再興
 ① 育った人工林「切りどき」(島根県吉賀町・広島県安芸太田町)
 《特集》先人の贈り物 実りのとき
 ② 木質チップ 発電で脚光(島根県江津市・広島県安芸高田市)
 ③ 老いる地主 荒れる山(広島県庄原市西城町)
 ④ 新たな植林 山主苦悩(山口県美祢市美東町・周南市)
 ⑤ 若者増加 伐採の主役(広島県三次市)
 季節の移ろいスケッチ③

第6部 大合併を経て
 ① 旧町の中学校 一人きり(山口県岩国市美川町)
 ② 「病院充実」協定守られず(広島県府中市上下町)
 ③ 細る財政優遇 市に痛手(島根県浜田市)
 ④ 「市内一律」定住に逆風(広島県庄原市総領町・廿日市市)
 ⑤ 住民自治 明治の「村」復活(島根県雲南市吉田町)

第7部 地域おこし協力隊
 ㊤ よそ者と地元 温度差(広島県安芸太田町)
《特集》地域おこし協力隊 若い力、山村で奮闘
 ㊥ 任期後 自立の道険し(広島県庄原市東城町・広島県神石高原町)
 ㊦ 「山くじら」託され発奮(島根県美郷町)
 季節の移ろいスケッチ④

第8部 新しい風
 ① 子育て世帯の移住続々(広島県北広島町)
 《特集》夢を求めて 若者たちの田園回帰
 ② 地域一丸で定住を支援(広島県庄原市口和町)
 ③ 田畑守る新たな担い手(山口県岩国市周東町)
 ④ Iターン 歓迎と不安(山口県岩国市美川町)
 ⑤ 有機農業志し田舎へ(広島県安芸高田市)
 ⑥ 子育て支援充実 移住増(島根県邑南町)
 《関連ニュース》中国地方八町村 人口社会増

第9部 次代につなぐ
 ① IT企業 田舎に活力(島根県吉賀町・雲南市掛合町)
 ② 柿チョコ よそ者が磨き(広島県安芸太田町)
 ③ 住民出資 農村コンビニ(広島県三次市)
 ④ 町ぐるみ 産声V字回復(岡山県奈義町)
 ⑤ 古里教育 帰郷の種まき(島根県吉賀町)
 座談会「農山村の未来図」
 識者インタビュー

第10部 明日へ
 ① 進む過疎化 移住者が光
 ② 集落消滅の備え いまこそ
 ③ 迫る大離農時代 逆手に
 ④ 生活交通 柔軟な発想で
 ⑤ 住民自治 活力高める鍵
 ⑥ 田舎らしさ 再生の力に

その他情報

東京を中心に巻き起こった地方消滅論をきっかけに、過疎はいつまで続くのか、過疎地はいまどういう状況なのかを探るため、取材をはじめた中国新聞取材班が「中国山地のいま」を直視しつつ、時代の潮流を読み、明日への展望を提示する。写真・図版多数収録。

はじめに

第1部 最前線の現実
 ① 那須集落 6人になった(広島県安芸太田町)
 《特集》那須に生きる。今日も、明日も
 ② 原野に戻る「千枚田」(山口県岩国市錦町)
 ③ 点在5戸「5年後は……」(広島県庄原市東城町)
 ④ 悲願の駅 乗客「ゼロ」(島根県邑南町)
 ⑤ 伝統神楽 拠点は街に(広島県安芸高田市高宮町・島根県邑南町)
 ⑥ 豪雪の里それでも住む(広島県北広島町)
 ⑦ 限界集落に赤ん坊の声(広島県三次市作木町)
 中国新聞社・島根大共同集落調査 全六九市町村アンケート
  中国地方四市町 一〇年で八集落消滅
 アンケート詳報 集落は老いている
 季節の移ろいスケッチ①

第2部 過疎半世紀
 ① 高齢者も減る時代に(広島県三次市・庄原市)
 ② 統廃合 消える学びや(島根県津和野町・広島県安芸太田町)
 ③ 整った農地 後継不足(広島県北広島町)
 ④ 衰退加速 中心部すら(広島県庄原市東城町・島根県美郷町)
 ⑤ 流出対策 歯止めならず(島根県益田市匹見町)
 人口推移調査
衰える農山村 戦後日本の写し絵

第3部 揺らぐ交通
 ① 細る鉄路 募る危機感(広島県庄原市東城町・西城町)
 ② 三セク鉄道黒字へ腐心(鳥取県若桜町・八頭町・山口県岩国市)
 ③ 鉄道の代替バス苦境(広島県安芸太田町)
 ④ タクシー助成好循環(岡山県美咲町・久米南町)
 ⑤ 地域の「マイカー」快走(広島県三次市)
 JR西日本社長インタビュー

第4部 農の行く先
 ① 集落法人 後継者いない(広島県三次市布野町)
 《特集》農の行く先 間近に迫る「大離農時代
 ② 過疎集落 止まらぬ獣害(広島県安芸高田市高宮町)
 ③ 迫るTPP畜産家懸念(広島県神石高原町)
 ④ 産地一体の取り組み鍵(岡山県新見市・広島県北広島町)
 ⑤ 「農地守る」企業の挑戦(広島県北広島町・東広島市豊栄町)
 ⑥ 野菜栽培 攻める若手(山口県周南市・広島県庄原市東城町)
 ⑦ 新鮮野菜 都市へ直送便(広島県安芸高田市向原町)
 季節の移ろいスケッチ②

第5部 なるか林業再興
 ① 育った人工林「切りどき」(島根県吉賀町・広島県安芸太田町)
 《特集》先人の贈り物 実りのとき
 ② 木質チップ 発電で脚光(島根県江津市・広島県安芸高田市)
 ③ 老いる地主 荒れる山(広島県庄原市西城町)
 ④ 新たな植林 山主苦悩(山口県美祢市美東町・周南市)
 ⑤ 若者増加 伐採の主役(広島県三次市)
 季節の移ろいスケッチ③

第6部 大合併を経て
 ① 旧町の中学校 一人きり(山口県岩国市美川町)
 ② 「病院充実」協定守られず(広島県府中市上下町)
 ③ 細る財政優遇 市に痛手(島根県浜田市)
 ④ 「市内一律」定住に逆風(広島県庄原市総領町・廿日市市)
 ⑤ 住民自治 明治の「村」復活(島根県雲南市吉田町)

第7部 地域おこし協力隊
 ㊤ よそ者と地元 温度差(広島県安芸太田町)
《特集》地域おこし協力隊 若い力、山村で奮闘
 ㊥ 任期後 自立の道険し(広島県庄原市東城町・広島県神石高原町)
 ㊦ 「山くじら」託され発奮(島根県美郷町)
 季節の移ろいスケッチ④

第8部 新しい風
 ① 子育て世帯の移住続々(広島県北広島町)
 《特集》夢を求めて 若者たちの田園回帰
 ② 地域一丸で定住を支援(広島県庄原市口和町)
 ③ 田畑守る新たな担い手(山口県岩国市周東町)
 ④ Iターン 歓迎と不安(山口県岩国市美川町)
 ⑤ 有機農業志し田舎へ(広島県安芸高田市)
 ⑥ 子育て支援充実 移住増(島根県邑南町)
 《関連ニュース》中国地方八町村 人口社会増

第9部 次代につなぐ
 ① IT企業 田舎に活力(島根県吉賀町・雲南市掛合町)
 ② 柿チョコ よそ者が磨き(広島県安芸太田町)
 ③ 住民出資 農村コンビニ(広島県三次市)
 ④ 町ぐるみ 産声V字回復(岡山県奈義町)
 ⑤ 古里教育 帰郷の種まき(島根県吉賀町)
 座談会「農山村の未来図」
 識者インタビュー

第10部 明日へ
 ① 進む過疎化 移住者が光
 ② 集落消滅の備え いまこそ
 ③ 迫る大離農時代 逆手に
 ④ 生活交通 柔軟な発想で
 ⑤ 住民自治 活力高める鍵
 ⑥ 田舎らしさ 再生の力に

上記内容は本書刊行時のものです。