版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ホモ・コントリビューエンス 加藤 尚武(著/文 | 編集) - 未来社
..

ホモ・コントリビューエンス 滝久雄・貢献する気持ちの研究

発行:未来社
A5判
560ページ
定価 5,800円+税
ISBN
9784624011970
Cコード
C0010
一般 単行本 哲学

出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年10月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

〈ホモ・コントリビューエンス〉(貢献する気持ち)という新しい概念は、東日本大震災以後の日本の現実にいかに対応するべきであるかをわれわれ日本人に深く問いかける実践的テーマとして哲学・思想の世界に登場した。この概念の発案者である滝久雄氏が主導するホモ・コントリビューエンス研究所のホームページや研究誌で公表されたこの概念をめぐる多岐ジャンルに亘る24本の論考を集めたこのテーマ初の画期的な論集。所長の加藤尚武氏の論考4本のほか、哲学・宗教・文学・芸術など各方面の識者によるさまざまな理論的研究によって今後この概念がひろく理解されていくための布石となる基本書。

【執筆者】
大谷卓史/加藤尚武/栗原隆/小林朋道/幸津國生/佐藤透/塩尻和子/シュタイネック羅慈/清水正之/朱坤容/関根清三/田中美子/田島卓/高橋文博/古田徹也/増田正昭/眞方忠道/宮坂純一/森一郎/ランドル・ショート/李萍

その他情報

〈ホモ・コントリビューエンス〉(貢献する気持ち)という新しい概念は、東日本大震災以後の日本の現実にいかに対応するべきであるかをわれわれ日本人に深く問いかける実践的テーマとして哲学・思想の世界に登場した。この概念の発案者である滝久雄氏が主導するホモ・コントリビューエンス研究所のホームページや研究誌で公表されたこの概念をめぐる多岐ジャンルに亘る24本の論考を集めたこのテーマ初の画期的な論集。所長の加藤尚武氏の論考4本のほか、哲学・宗教・文学・芸術など各方面の識者によるさまざまな理論的研究によって今後この概念がひろく理解されていくための布石となる基本書。

【執筆者】
大谷卓史/加藤尚武/栗原隆/小林朋道/幸津國生/佐藤透/塩尻和子/シュタイネック羅慈/清水正之/朱坤容/関根清三/田中美子/田島卓/高橋文博/古田徹也/増田正昭/眞方忠道/宮坂純一/森一郎/ランドル・ショート/李萍

加藤尚武(かとう ひさたけ)
1937年、東京生まれ。
1963年、東京大学文学部哲学科を卒業。東京大学文学部助手、山形大学教養部講師・助教授、東北大学文学部助教授、千葉大学文学部教授、京都大学文学部教授、鳥取環境大学学長、東京大学医学系研究科特任教授を歴任。元日本哲学会委員長。日本学術会議連携会員、京都大学名誉教授。ホモコントリビューエンス研究所所長。
《専門》
ヘーゲル哲学、環境倫理学、生命倫理学。現在は、徳倫理学、貢献心、利他主義の研究開発に従事している。
《受賞》
哲学奨励山崎賞(1979年)、和辻哲郎文化賞(1994年)、紫綬褒章(2000年)、建築協会文化賞(2002年)
《主な著書》
『ヘーゲル哲学の形成と原理』未來社、1980年
『バイオエシックスとは何か』未來社、1986年
『環境倫理学のすすめ』丸善ライブラリー、1991年
『哲学の使命』未來社、1992年
『ヘーゲルの「法」哲学』青土社、1993年
『21世紀のエチカ』未來社、1993年
『応用倫理学のすすめ』丸善ライブラリー、1994年
『技術と人間の倫理』NHKライブラリー、1996年
『現代倫理学入門』講談社学術文庫、1997年
『20世紀の思想』PHP新書、1997年
『脳死・クローン・遺伝子治療』PHP新書、1999年
『価値観と科学/技術』岩波書店、2001年
『合意形成とルールの倫理学』丸善ライブラリー、2002年
ほか多数。

著者プロフィール

加藤 尚武  (カトウ ヒサタケ)  (著/文 | 編集

1937年、東京生まれ。
1963年、東京大学文学部哲学科を卒業。東京大学文学部助手、山形大学教養部講師・助教授、東北大学文学部助教授、千葉大学文学部教授、京都大学文学部教授、鳥取環境大学学長、東京大学医学系研究科特任教授を歴任。元日本哲学会委員長。日本学術会議連携会員、京都大学名誉教授。ホモコントリビューエンス研究所所長。
《専門》
ヘーゲル哲学、環境倫理学、生命倫理学。現在は、徳倫理学、貢献心、利他主義の研究開発に従事している。
《受賞》
哲学奨励山崎賞(1979年)、和辻哲郎文化賞(1994年)、紫綬褒章(2000年)、建築協会文化賞(2002年)
《主な著書》
『ヘーゲル哲学の形成と原理』未來社、1980年
『バイオエシックスとは何か』未來社、1986年
『環境倫理学のすすめ』丸善ライブラリー、1991年
『哲学の使命』未來社、1992年
『ヘーゲルの「法」哲学』青土社、1993年
『21世紀のエチカ』未來社、1993年
『応用倫理学のすすめ』丸善ライブラリー、1994年。ほか多数。

上記内容は本書刊行時のものです。