版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:12:"夏目漱石";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-623-07893-6";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:378:"『吾輩は猫である』『坊ちゃん』『草枕』と近代日本文学に燦然と輝く軌跡を残し、「日本人の先生」とも称される漱石。本書は、書き残されたあらゆる文章と着実な証拠のみにもとづいて、漱石の思考内容とその推移を照らし、漱石その人の〈内的〉な部分を見通す評伝である。";s:6:"author";s:27:"佐々木 英昭(著/文)";s:10:"publishers";s:21:"ミネルヴァ書房";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:21:"ミネルヴァ書房";s:12:"release_date";i:1482073200;}

ミネルヴァ日本評伝選

夏目漱石 人間は電車ぢやありませんから

佐々木 英昭(著/文)
発行:ミネルヴァ書房

四六判   410頁 
定価 3,500円+税

ISBN 978-4-623-07893-6   C0323

書店発売日 2016年12月19日
登録日 2016年12月2日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-01-08 日本経済新聞  朝刊

紹介

『吾輩は猫である』『坊ちゃん』『草枕』と近代日本文学に燦然と輝く軌跡を残し、「日本人の先生」とも称される漱石。本書は、書き残されたあらゆる文章と着実な証拠のみにもとづいて、漱石の思考内容とその推移を照らし、漱石その人の〈内的〉な部分を見通す評伝である。

目次

序 章 日本人の先生

第一章 七人の親たち
 1 夜店にさらされる赤ん坊
 2 乱暴な坊っちゃん
 3 ダブルバインド・ゲーム
 4 殴打しあう父母
 5 美しい母娘
 6 実父に愛想をつかす
 7 母はすべて「夢である」

第二章 “Be studious”(勉強するんだぞ)
 1 金之助武勇伝
 2 武士に二言なし
 3 塩原の殿様
 4 好んで漢籍を学びたり
 5 漢詩を見る、南画を読む
 6 迂路して大学予備門へ
 7 長兄との永別
 8 美しい囮
 9 落第から首席へ

第三章 文科大学の偉物「狂にくみせん」
 1 居移気説
 2 生徒にして私塾教師
 3 「真性変物」米山保三郎
 4 子規、絶倒す
 5 奇人マードックに食らいつく
 6 「F+f」の萌芽とスペンサー
 7 心といふ正体の知れぬ奴

第四章 たゞ一本の錐さへあれば
 1 嫂の死を句にする
 2 善悪二性共に天賦なり
 3 「送籍」と「催眠術」の文藻
 4 大学院生にして嘱託教員
 5 「何かしなければならん」と焦る
 6 円覚寺参禅と記者志望の挫折

第五章 松山・熊本の俳人教師
 1 松山の中学教師となる
 2 俳人「愚陀仏」デビュー
 3 結婚して熊本へ
 4 剣呑なる「人生」
 5 『トリストラム・シャンデー』
 6 寺田寅彦に俳句を説く
 7 『草枕』の女との交情、鏡子入水

第六章 ロンドンで世界を構想する
 1 俳句の進境と東西比較詩論
 2 英国留学
 3 「自己本位」へのコペルニクス的転回
 4 池田菊苗との対話から『ノート』の構想へ
 5 『ノート』の哲学――開化ハsuggestionナリ
 6 夏目、精神に異状あり
 7 「気狂になつて帰つた」?

第七章 東京帝大講師、小説家として登場
 1 『英文学形式論』と『サイラス・マーナー』
 2 予の周囲のもの悉く皆狂人なり
 3 『吾輩は猫である』の誕生
 4 ない腕を出してくれ
 5 やめたきは教師、やりたきは創作
 6 「木曜会」という極楽浄土
 7 「一夜」の連句的世界
 8 『オセロ』に斬り込む
 9 俳句的小説『草枕』の成功

第八章 「烈しい精神」の文学へ
 1 「オイラン憂ひ式」もいいが……
 2 「暗示」のリレー
 3 朝日入社と「文芸の哲学的基礎」
 4 時鳥厠半ばに出かねたり
 5 「彽徊趣味」から「推移趣味」へ
 6 「無意識の偽善者」の姉たち
 7 「囚はれる」三四郎
 8 運河のような小説――『それから』
 9 『門』の恋、その「うそ」
 10 修善寺の大患

第九章 「描いた功徳」が罪悪を清める
 1 博士号辞退問題
 2 道徳と芸術の一致――「文芸と道徳」
 3 「卑怯」の意味――『彼岸過迄』
 4 狂気ふたたび――『行人』の中断
 5 「罪」を書いて成仏――『心』
 6 「技巧」への囚われ――『道草』
 7 語り出す女たち――絶筆『明暗』
 8 「則天去私」と「泣いてもいいよ」

主要参考文献
あとがき
夏目漱石略年譜
人名・事項索引

著者プロフィール

佐々木 英昭(ササキ ヒデアキ)

*2016年10月現在 龍谷大学国際学部准教授

上記内容は本書刊行時のものです。