版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:30:"リズムの本質 新装版";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-622-08654-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:928:"星の運行や四季の変遷のリズム、波の運動や植物の生長のリズム、動物の身体運動のリズム、生理のリズム、生活のリズム、音楽のリズム、色彩・文様のリズム、線のリズム、詩のリズム……われわれはリズムの世界に住んでいるが、そのリズムとは?  さて何であるのか? それは周期的な反復現象であるが、同じ意味で使われる拍子(Takt, タクト)とはどう違うのか?ここに「生命」と「精神」についての独創的な思想家クラーゲスの真の思索と探求がはじまる。その魅力、若さ、強さ、深さ――彼の精神の火の点じられるところ、すべては明晰な秩序に置かれる。彼は人を豊かにし、より多くの体験を与える。この個性的な名著を流麗な日本語で読者に贈るのは大きな喜びである。";s:6:"author";s:55:"ルートヴィヒ・クラーゲス(著/文)…他1名";s:10:"publishers";s:15:"みすず書房";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:15:"みすず書房";s:12:"release_date";i:1504796400;}

リズムの本質 新装版

哲学・宗教 ラノベ

ルートヴィヒ・クラーゲス(著/文), 杉浦實(翻訳)
発行:みすず書房

B6判   152頁 
定価 2,700円+税

ISBN 978-4-622-08654-3   C1010

書店発売日 2017年9月8日
登録日 2017年8月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

星の運行や四季の変遷のリズム、波の運動や植物の生長のリズム、動物の身体運動のリズム、生理のリズム、生活のリズム、音楽のリズム、色彩・文様のリズム、線のリズム、詩のリズム……われわれはリズムの世界に住んでいるが、そのリズムとは?  さて何であるのか? それは周期的な反復現象であるが、同じ意味で使われる拍子(Takt, タクト)とはどう違うのか?
ここに「生命」と「精神」についての独創的な思想家クラーゲスの真の思索と探求がはじまる。その魅力、若さ、強さ、深さ――彼の精神の火の点じられるところ、すべては明晰な秩序に置かれる。彼は人を豊かにし、より多くの体験を与える。
この個性的な名著を流麗な日本語で読者に贈るのは大きな喜びである。

目次

序文
第1章 現象研究の意味について
第2章 拍子の化現性
第3章 分節的持続性としてのリズム
第4章 意識と体験
第5章 リズムの打拍可能性について
第6章 反復と更新
第7章 リズムの空間・時間性
第8章 対極的持続性としてのリズム
第9章 拍子の生命内実について
第10章 展望

事項訳注
人名訳注
解説
あとがき

著者プロフィール

ルートヴィヒ・クラーゲス(ルートヴィヒクラーゲス)

1872-1956。ドイツのハノーファーに生れる。初めライプツィヒ大学に、後にミュンヘン大学に学ぶ。ニーチェの影響を受け、その思想を伝えて心(魂)と精神との対立関係を説くところから独自の性格理論を展開する。1897年ミュンヘンに「ドイツ筆跡学会」を設立、「筆跡学雑誌」の編集執筆にあたる。1905年には「表現学ゼミナール」を開設、第一次大戦勃発まで隆盛を極めた。22年と23年に彼の生哲学の中核を含む『宇宙生成的エロスについて』と『リズムの本質について』を発表し、29年には主著『魂の対抗者としての精神』が刊行された。終始民間学者として活躍した。著書は上記のほか『性格学の基礎』(邦訳 岩波書店、1957)『表現学の基礎理論』(勁草書房、1964)『生命と精神』(勁草書房、1968)など。

杉浦實(スギウラミノル)

1932年大阪府に生れる。1962年大阪市立大学大学院修士課程修了。専攻 ドイツ文学。九州大学名誉教授。著書『表現学と諸科学』(共著、教育出版センター、1993)『統合ドイツの文化と社会』(共著、九州大学出版会、1996)。訳書 ハンス・カウフマン『ドイツ現代文学批判――危機と変革』(共訳、ミネルヴァ書房、1970)『現代ドイツ短編集』(共訳、1980)『現代ドイツ詩集』(共訳、1991、以上三修社)『エルベは流れる――東ドイツ短編集』(共訳、同学社、1992)ヴォルフガング・エメリヒ『東ドイツ文学小史』(共訳、鳥影社、1999)。

上記内容は本書刊行時のものです。