版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:12:"拾った女";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-594-07507-1";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1447:"幻の傑作ノワール、登場ローレンス・ブロック絶賛!哀しみ色の街で破滅へとひた走る愛――。「直球ど真ん中のノワールと見せかけて、実は読者の手元で変化する曲球」――若島正「チャールズ・ウィルフォードより優れたクライム・ノヴェルなんて誰にも書けない」――エルモア・レナード「ディヴィッド・グーディスのロマンティシズム、ホレス・マッコイの手になる疎外された除け者たちの肖像、チャールズ・ジャクソンが「失われた週末」で描きだした酒浸りの人生。本書はその鮮やかな融合だ」――ウディ・ハウト (『Pulp Culture』『Neon Noir』著者)サンフランシスコ、夜。小柄でブロンドの美しい女がカフェに入ってきた。コーヒーを飲んだあと、自分は文無しのうえハンドバッグをどこかでなくしたという。店で働くハリーは、ヘレンと名乗る酔いどれの女を連れ出し、街のホテルに泊まらせてやる。翌日、金を返しにやって来たヘレンと再会したハリーは、衝動的に仕事をやめヘレンと夜の街へ。そのまま同棲を始めた二人だったが、彼らの胸中に常につきまとっていたのは、死への抗いがたい誘いだった。巨匠初期の傑作遂に登場!〈解説・杉江松恋〉";s:6:"author";s:46:"チャールズ ウィルフォード(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"扶桑社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"扶桑社";s:12:"release_date";i:1467558000;}

拾った女

チャールズ ウィルフォード(著/文)
発行:扶桑社

文庫判   
定価 950円+税

ISBN 978-4-594-07507-1   C0197

書店発売日 2016年7月4日
登録日 2016年6月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2016-12-25 産經新聞  朝刊
評者:西野智紀(書評家)
2016-08-07 読売新聞  朝刊
評者:中村計

紹介

幻の傑作ノワール、登場
ローレンス・ブロック絶賛!

哀しみ色の街で
破滅へとひた走る愛――。

「直球ど真ん中のノワールと見せかけて、
実は読者の手元で変化する曲球」――若島正

「チャールズ・ウィルフォードより優れた
クライム・ノヴェルなんて誰にも書けない」
――エルモア・レナード

「ディヴィッド・グーディスのロマンティシズム、
ホレス・マッコイの手になる疎外された除け者たちの肖像、
チャールズ・ジャクソンが「失われた週末」で描きだした
酒浸りの人生。本書はその鮮やかな融合だ」
――ウディ・ハウト (『Pulp Culture』『Neon Noir』著者)



サンフランシスコ、夜。小柄でブロンドの
美しい女がカフェに入ってきた。コーヒー
を飲んだあと、自分は文無しのうえハンド
バッグをどこかでなくしたという。店で働
くハリーは、ヘレンと名乗る酔いどれの女
を連れ出し、街のホテルに泊まらせてやる。
翌日、金を返しにやって来たヘレンと再会
したハリーは、衝動的に仕事をやめヘレン
と夜の街へ。そのまま同棲を始めた二人だ
ったが、彼らの胸中に常につきまとってい
たのは、死への抗いがたい誘いだった。巨
匠初期の傑作遂に登場!〈解説・杉江松恋〉

著者プロフィール

チャールズ ウィルフォード(チャールズウィルフォード)

Charles Willeford チャールズ・ウィルフォード 1919年アーカンソー州生まれ。幼くして孤児となり、流浪の青年時代を送ったのち、年齢を偽って陸軍に入り、めざましい戦果をあげる。53年に長編デビュー。長く不遇だったが、80年代に再評価され、カルト的な人気を得た。88年に死去。邦訳作品に『マイアミ・ブルース』(創元推理文庫)『マイアミ・ポリス』『マイアミ・ポリス 危ない部長刑事』『マイアミ・ポリス 部長刑事奮闘す』『危険なやつら』『炎に消えた名画(アート)』(以上、扶桑社ミステリー)など。

上記内容は本書刊行時のものです。