版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:36:"あきれた紳士の国イギリス";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-582-85840-2";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:183:"著者が妻のロンドン転勤に伴い通信社を辞め、家事と小学生の娘の世話に専念することに。そこで見えてきた「紳士の国」の素顔とは。";s:6:"author";s:24:"加藤 雅之(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"平凡社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"平凡社";s:12:"release_date";i:1489676400;}

平凡社新書

あきれた紳士の国イギリス ロンドンで専業主夫をやってみた

加藤 雅之(著/文)
発行:平凡社

新書判   240頁 
定価 800円+税

ISBN 978-4-582-85840-2   C0295

書店発売日 2017年3月17日
登録日 2017年1月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-04-23 読売新聞  朝刊
2017-04-15 日本経済新聞  朝刊

紹介

著者が妻のロンドン転勤に伴い通信社を辞め、家事と小学生の娘の世話に専念することに。そこで見えてきた「紳士の国」の素顔とは。

目次

《目次》
はじめに
第1章 「紳士の国」は本当か
紳士の国の運転マナー/なぜ、紳士の国なのか
ジョン・レノンはイギリス的か/サッチャーはパンク政治家
狭い道を飛ばすのがイギリス流/おまわりさんも守らない歩行者信号
どうしてそんなに急ぐのか/遅れてもネバーマインド/食事は燃料
味より大切なものがある/食事の時間はフランスの半分

第2章 シャイな人たちとのおつきあい
最初はとっつきにくいイギリス人/金離れはいいけれど
英陸軍を早期退職して専業主夫に/サッカーの話は要注意/欧州では珍しい制服
何着ていても大丈夫/半袖マンに袖無しレディー/英語が通じる国だから
ウィンブルドンテニスの観戦作法/持ち前の冷静さはどこへ/車掌のユーモア

第3章 子供を現地校に通わせてみた
日本とすっかり変わった生活/お母さん方とのおつきあいも勝手が違う
会話が弾んだと思ったのに/そして、日本のお母さん方
伝統的な階級があった時代のほうが幸せ?/一味違った補習校の世界
イギリス独自の学校用語/「決して怪しいものではありません」
あっという間に娘に先を越された英語/学校に教科書なし/子供を医者に連れていくと
ただより高いものはない/「あなたには扁桃腺がありません」/イギリスでも深刻な学力低下
1年の半分以上が休み/ストレスのネタに事欠かない車での送り迎え
イギリスでの交通違反/最大の難敵、自転車/入学式も卒業式もなし

第4章 それでもイギリスはおいしい?
最大の腕の見せどころも、問題続出/5年間の料理メニュー/レシピ通りに作っても
イギリスのスーパー事情/重宝した韓国人街/焼き魚の主役はスズキとクロダイ
ニジマスは中華蒸しで/オイスターカードは使ってもカキは食べない
茹でたロブスターをつつく男/臭う肉も胡椒をかければ
卵は確かめずに買ってはいけない/野菜嫌いのベジタリアン
ウェールズを代表するネギ/なじみのない野菜もゾロゾロ
財布にやさしい果物/見た目はフランスパンなのに/紅茶はがぶ飲みするけど
成年男子はビールが主食/厨房に妻を入れるべからず

第5章 住まいが私を苦しめる
住まいはビクトリア様式の元小学校/トイレの水が止まらない
最後まで、家は私を苦しめた/手の甲を直撃する便座
屋根が落ちるのはあたりまえ/危険すぎる掃除/イギリスはうるさい
会社を辞めて一番うれしかったこと/イギリス人は家に名前をつけるのが好き
通り一つ隔てると/ロンドンのトイレ事情/しつけがいいはずの犬でいっぱい
ミュージカルがおすすめ/イギリスでは乗り越しが犯罪/庭はいいけど、お食事は
長い休みはイギリス以外に

あとがき

著者プロフィール

加藤 雅之(カトウ マサユキ)

1962年東京都生まれ。 ジャーナリスト。87年早稲田大学大学院文学研究科フランス文学専攻修士課程修了後、時事通信社入社。主に経済・国際関係を中心に記者、編集者として活動、2002年から06年までジュネーブ特派員を務めた。11年からフリーとなり、16年5月までロンドン在住。著書に『イタリアは素晴らしい、ただし仕事さえしなければ』(平凡社新書)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。