版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:39:"わかっていただけますかねえ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-560-09047-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1506:"全米図書賞最終候補、ストーリー賞受賞 古代ローマの属州の書記、フランス革命の死刑執行人、ヒマラヤ・崑崙を調査するナチの探検隊、世界初のソ連女性宇宙飛行士、チェルノブイリ原発事故に遭った技師など、歴史の裏面を題材に、「作家のための作家」と評される米国の異才が放つ、11の傑作短篇集。 「ゼロメートル・ダイビングチーム」 語り手ボリスは原子力エネルギー局の主任技師。上の弟はチェルノブイリ原発の技師で、事故の当日は夜勤に就いていた。原子炉近くで釣りをしていた下の弟も事故に遭遇。ボリスは事故調査を担当するが、上の弟は3週間後に死亡した。下の弟は25歳で障がい者年金をもらって暮らす身に。事故は操作ミスのせいにされ、病院から刑務所に移された職員もいる。事故から2年後の早朝、ボリスは自然が豊かに繁茂する光景を目にする。事故の日に夜勤した職員の多くが亡くなり、地域住民の多数が癌などの病で今も苦しむ。ここにまた人が住めるようになるか、誰にもわからない……。 本書は、年代も地域もトピックも多岐にわたる、異彩を放つ歴史的フィクション。「全米図書賞」最終候補に選ばれ、優れた短篇集に与えられる「ストーリー賞」を受賞している。";s:6:"author";s:43:"ジム・シェパード(著/文)…他1名";s:10:"publishers";s:9:"白水社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"白水社";s:12:"release_date";i:1477148400;}

エクス・リブリス

わかっていただけますかねえ

文芸 ラノベ

ジム・シェパード(著/文), 小竹 由美子(翻訳)
発行:白水社

ジム・シェパード(著/文), 小竹 由美子(翻訳)
発行:白水社

四六判   278頁 
定価 2,600円+税

ISBN 978-4-560-09047-3   C0097

書店発売日 2016年10月23日
登録日 2016年8月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

全米図書賞最終候補、ストーリー賞受賞
 古代ローマの属州の書記、フランス革命の死刑執行人、ヒマラヤ・崑崙を調査するナチの探検隊、世界初のソ連女性宇宙飛行士、チェルノブイリ原発事故に遭った技師など、歴史の裏面を題材に、「作家のための作家」と評される米国の異才が放つ、11の傑作短篇集。
 「ゼロメートル・ダイビングチーム」
 語り手ボリスは原子力エネルギー局の主任技師。上の弟はチェルノブイリ原発の技師で、事故の当日は夜勤に就いていた。原子炉近くで釣りをしていた下の弟も事故に遭遇。ボリスは事故調査を担当するが、上の弟は3週間後に死亡した。下の弟は25歳で障がい者年金をもらって暮らす身に。事故は操作ミスのせいにされ、病院から刑務所に移された職員もいる。事故から2年後の早朝、ボリスは自然が豊かに繁茂する光景を目にする。事故の日に夜勤した職員の多くが亡くなり、地域住民の多数が癌などの病で今も苦しむ。ここにまた人が住めるようになるか、誰にもわからない……。
 本書は、年代も地域もトピックも多岐にわたる、異彩を放つ歴史的フィクション。「全米図書賞」最終候補に選ばれ、優れた短篇集に与えられる「ストーリー賞」を受賞している。

著者プロフィール

ジム・シェパード(シェパード)

1956年、米国コネチカット州生まれ。作家、ウィリアム大学創作家教授。これまで6作の長篇と4作に短篇集を発表。村上春樹の翻訳アンソロジー『恋しくて』(中央公論新社、2013年)にジム・シェパードの短篇「恋と水素」が収録され、吉本ばななに高く評価された。邦訳に『14歳のX計画』(白水社、2005年)がある。本作で全米図書賞最終候補に選出され、優れた短篇集に与えられるストーリー賞を受賞している。

小竹 由美子(コタケ ユミコ)

翻訳家。ジャクリーン・ウィルソン『みそっかすなんていわせない』(偕成社、1995年)など児童書・ヤングアダルト、ノーベル文学賞作家のアリス・マンローなど一般の海外小説の翻訳を数多く手がけている。白水社の邦訳書にA.N.ウィルソン『猫に名前はいらない』(2004年)、ジム・シェパード『14歳のX計画』(2005年)、ポール・トーディ『イエメンで鮭釣りを』(2009年)、『ウィルバーフォース氏のヴィンテージ・ワイン』⁽2010年)、ポール・ハーディング『ティンカーズ』(2012年)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。