版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:31:"赤軍記者グロースマン ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-560-02624-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:286:"「20世紀ロシア文学の最高峰」ヴァシーリイ・グロースマン。スタリングラート攻防戦からクールスク会戦、トレブリーンカ絶滅収容所、ベルリン攻略戦まで、作家が最前線で見聞した"戦争の非情な真実"を記す。";s:6:"author";s:33:"Beevor, Antony(著/文)…他4名";s:10:"publishers";s:9:"白水社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"白水社";s:12:"release_date";b:0;}

赤軍記者グロースマン 独ソ戦取材ノート1941-45

Beevor, Antony(著), Vinogradova, Luba(著), 川上 洸(訳), ヴィノグラードヴァ リューバ(編), ビーヴァー アントニー(著 )
発行:白水社

  520, 15頁 


ISBN 978-4-560-02624-3  

奥付の初版発行年月 2007年6月
登録日 2017年7月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-07-16 読売新聞  朝刊
評者:土方正志(出版社「荒蝦夷」代表)

紹介

「20世紀ロシア文学の最高峰」ヴァシーリイ・グロースマン。スタリングラート攻防戦からクールスク会戦、トレブリーンカ絶滅収容所、ベルリン攻略戦まで、作家が最前線で見聞した"戦争の非情な真実"を記す。

目次

第1部 ドイツ軍侵攻の衝撃-一九四一年(砲火の洗礼(八月)
悲惨な退却(八〜九月)
ブリャーンスク方面軍で(九月)
第五〇軍とともに(九月)
ふたたびウクライナへ(九月)
オリョール失陥(十月)
モスクワ前面へ撤退(十月))
第2部 スタリングラートの年-一九四二年(南西方面軍で(一月)
南方での航空戦(一月)
黒師団とともにドネーツ河岸で(一〜二月)
ハーシン戦車旅団とともに(二月)
「戦争の非常な真実」(三〜七月)
スタリングラートへの道(八月)
九月の戦闘
スタリングラート・アカデミー(秋)
十月の戦闘
形勢逆転(十一月))
第3部 失地回復-一九四三年(攻防戦の後(一月)
祖国の領土を奪回(早春)
クールスク会戦(七月))
第4部 ドニェープルからヴィースワへ-一九四四年(修羅の巷ベルジーチェフ(一月)
ウクライナ横断オデッサへ(三〜四月)
バグラチオーン作戦(六〜七月)
トレブリーンカ(七月))
第5部 ナチの廃墟のさなかで-一九四五年(ワルシャワとウッチ(一月)
ファシスト野獣の巣窟へ(一月)
ベルリン攻略戦(四〜五月)

上記内容は本書刊行時のものです。