版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
数学史のすすめ 高瀬正仁(著/文) - 日本評論社
..
詳細画像 0

数学史のすすめ 原典味読の愉しみ

発行:日本評論社
四六判
定価 2,700円+税
ISBN
9784535787780
Cコード
C3041
専門 単行本 数学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年10月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

数学が創られた現場を知るには、原典を読み、数学者の言葉に耳を傾けるしかない。自らの体験で語る、実践的数学史の愉しみかた。

目次

はじめに―数学史とは何か

序章 多変数関数論の古典に親しんだころ

第一章 ガウスの著作『アリトメチカ研究』の解読をめざして

第二章 アーベルの代数方程式論と楕円関数論

第三章 数論のはじまり

第四章 類体論の最初の一歩

第五章 微積分の泉

第六章 リーマンのアーベル関数論

第七章 黎明の多変数関数論

著訳書解題

あとがきにかえて―数学史のすすめ

著者プロフィール

高瀬正仁  (タカセ マサヒト)  (著/文

数学者・数学史家

上記内容は本書刊行時のものです。