版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:24:"平和の憲法政策論";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-535-52007-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:183:"日本国憲法の平和主義、グローバル化した安保体制、自衛隊・軍事問題を総合的に探究し、これからの憲法的平和政策のあり方を示す。";s:6:"author";s:21:"水島朝穂(著/文)";s:10:"publishers";s:15:"日本評論社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:15:"日本評論社";s:12:"release_date";i:1499785200;}

平和の憲法政策論

社会科学 ラノベ

水島朝穂(著/文)
発行:日本評論社

A5判   
定価 6,400円+税

ISBN 978-4-535-52007-3   C3032

書店発売日 2017年7月12日
登録日 2017年6月6日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日本国憲法の平和主義、グローバル化した安保体制、自衛隊・軍事問題を総合的に探究し、これからの憲法的平和政策のあり方を示す。

目次

第I部 ポスト冷戦期の「安全保障環境」の変化と憲法

第1章 安全保障と憲法・憲法学──腰をすえた議論のために

第2章 自衛隊の平和憲法的解編構想

第3章 平和政策への視座転換──自衛隊の平和憲法的「解編」に向けて

第4章 史上最大の災害派遣

第5章 東日本大震災後のアジアと日本



第II部 「人権のための戦争」と「戦争の民営化」

第6章 「平和と人権」考 ──J・ガルトゥングの平和理論と人道的介入

第6章補論 「人道的介入」の問題性──「軍事介入主義」への回廊

第7章 人間と平和の法を考える

第8章 国家の軍事機能の「民営化」と民間軍事会社



第III部 日本型軍事・緊急事態法制の展開と憲法

第9章 テロ対策特別措置法

第10章 ソマリア「海賊」問題と海賊対処法

第11章 日本型軍事法制の変容

第12章 「7・1閣議決定」と安全保障関連法

第13章 安保関連法と憲法研究者──藤田宙靖氏の議論に寄せて

第14章 緊急事態条項



第IV部 日米安保体制のグローバル展開

第15章 安全保障体制

第16章 日米安保体制のtransformationと軍事法の変質

第17章 米軍transformationと自衛隊の形質転換

第18章 「日米同盟」と地域的集団安全保障



第V部 ドイツ軍事・緊急事態法制の展開

第19章 緊急事態法ドイツモデルの再検討

第20章 ドイツにおける軍人の「参加権」──「代表委員」制度を中心に

第20章補論 「軍人デモ」と軍人法

第21章 軍隊とジェンダー──女性の戦闘職種制限を素材として

第22章 「新しい戦争」と国家──U・K・プロイスのポスト「9・11」言説を軸に

第23章 戦争の違法性と軍人の良心の自由

第24章 日独における「普通の国」への道──1994年7月と2014年7月



あとがき

著者プロフィール

水島朝穂(ミズシマ アサホ)

早稲田大学教授

上記内容は本書刊行時のものです。