版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
異次元緩和の終焉 野口 悠紀雄(著/文) - 日本経済新聞出版社
..

異次元緩和の終焉 金融緩和政策からの出口はあるのか

四六判
264ページ
定価 1,800円+税
ISBN
9784532357481
Cコード
C3033
専門 単行本 経済・財政・統計

出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年9月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-12-03 朝日新聞  朝刊
評者: 諸富徹(京都大学教授・経済学)

紹介

○異次元金融緩和が導入されてから、4年たった。2018年には黒田総裁の任期も来る。いまこそ、総括と展望が必要な時だ。日銀は、2016年9月に、「総括的な検証」を行っているが、とても十分とは言えない。

○異次元緩和は、日本経済のどこをどのように変えたのか? 基本的には、経済の基本を改善せず、国債市場を歪めただけの結果に終わった。日本銀行が意図したこと、意図の背後にある理論的な枠組みのどこに問題があったのか?そもそも目標や理論が間違っていたのではないか?

○このまま大量の国債購入が続くと、脱却はきわめて困難になる。なぜなら、金融市場の混乱などの問題解決がますます難しくなるからだ。また、仮に目標インフレ率が実現すると、日銀の財務上の問題、財政負担の増加などの問題が深刻になる。

○いま必要なのは、インフレ目標の達成にこだわることなく、できる限り早く異常な政策から脱却することだ。その際に起こりうる経済と市場の混乱を最小限にとどめるために、何が必要かを早急に検討すべきだ、と著者は説く。

目次

序 論 「金融政策の死」を「経済の死」につなげぬために

第1章 効果なしと分かっていた量的緩和をなぜ繰り返したのか?

第2章 弊害の大きいマイナス金利と長期金利操作

第3章 評価(1)物価上昇率目標は達成できず

第4章 評価(2)消費を増やさず、格差が拡大した

第5章 世界は金融緩和政策からの脱却を目指す

第6章 出口に立ちふさがる深刻な障害

第7章 本当に必要なのは構造改革

著者プロフィール

野口 悠紀雄  (ノグチユキオ)  (著/文

早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授
1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年イェール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より現職。専攻はファイナンス理論、日本経済論。著書に、『情報の経済理論』(東洋経済新報社、日経・経済図書文化賞)、『財政危機の構造』(東洋経済新報社、サントリー学芸賞)、『バブルの経済学』(日本経済新聞社、吉野作造賞)など。近著に『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』『仮想通貨革命』(いずれもダイヤモンド社)、『変わった世界 変わらない日本』(講談社現代新書)『金融政策の死』(日本経済新聞出版社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。