版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:81:"ゴルフはフィニッシュからつくる!! ごうだ流スイング完成法";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-532-26353-9";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1629:"スコアアップのカギは「スイングのフィニッシュ」にあり。◆本書の内容ならびに特色ベストスイングづくりは、個々人のフィニッシュからつくり上げる――この合田理論を実践して、めきめきスコアアップを実現しているアマチュアゴルファーが激増している。本書は、やれば必ず上手くなるこの理論を実践的に解説。体格、筋力、柔軟性、長年のゴルフプレーでこびりついた癖、持ち合わせている感性など各ゴルファーの状態に合わせたオーダーメイドスイングをタイプ別に詳細に展開し、各ゴルファーの特性に合わせたベストスイングを見つけ、作り上げる手法が本書内で細かく解説されていく。ちまたにあふれる押し付け型のレッスンではなく、どんなゴルファーにも対応し、必ず上達への道が開ける万能レッスン書となる。この手法は、ドライバーだけでなく、アイアン、アプローチ、パッティングなど全てのギアに共通の理論で、本書ではゴルフのあらゆるシーン向けのオーダーメイドレッスンを詳説。◆合田プロは、インストラクターとして超人気の理論派プロ。ツアーでは、メジャー優勝歴があるものの、華々しい活躍はあまりなかったが、近年インストラクターとして花開いた。都内に開設したゴルフスタジオは大人気で、予約がなかなか入らない状況。メディア露出も増えてきている。";s:6:"author";s:19:"合田 洋(著/文)";s:10:"publishers";s:27:"日本経済新聞出版社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:27:"日本経済新聞出版社";s:12:"release_date";i:1505142000;}

日経プレミアシリーズ

ゴルフはフィニッシュからつくる!! ごうだ流スイング完成法

新書 ラノベ

合田 洋(著/文)
発行:日本経済新聞出版社

新書判   200頁 
定価 850円+税

ISBN 978-4-532-26353-9   C1275

書店発売日 2017年9月12日
登録日 2017年8月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

スコアアップのカギは「スイングのフィニッシュ」にあり。

◆本書の内容ならびに特色
ベストスイングづくりは、個々人のフィニッシュからつくり上げる――この合田理論を実践して、めきめきスコアアップを実現しているアマチュアゴルファーが激増している。
本書は、やれば必ず上手くなるこの理論を実践的に解説。体格、筋力、柔軟性、長年のゴルフプレーでこびりついた癖、持ち合わせている感性など各ゴルファーの状態に合わせたオーダーメイドスイングをタイプ別に詳細に展開し、各ゴルファーの特性に合わせたベストスイングを見つけ、作り上げる手法が本書内で細かく解説されていく。ちまたにあふれる押し付け型のレッスンではなく、どんなゴルファーにも対応し、必ず上達への道が開ける万能レッスン書となる。
この手法は、ドライバーだけでなく、アイアン、アプローチ、パッティングなど全てのギアに共通の理論で、本書ではゴルフのあらゆるシーン向けのオーダーメイドレッスンを詳説。

◆合田プロは、インストラクターとして超人気の理論派プロ。
ツアーでは、メジャー優勝歴があるものの、華々しい活躍はあまりなかったが、近年インストラクターとして花開いた。都内に開設したゴルフスタジオは大人気で、予約がなかなか入らない状況。メディア露出も増えてきている。

目次

第1章 球筋はフィニッシュで決まる!

第2章 ベストスイングは人それぞれ。自分に合ったスイングを探そう

第3章 アプローチだってフィニッシュが大事

第4章 パッティングもフィニッシュが肝心

第5章 自分のポテンシャルを最大限に生かそう

第6章 フィニッシュからひもとく、スイング完成のためのドリル

著者プロフィール

合田 洋(ゴウダヒロシ)

プロゴルファー、ゴルフインストラクター
1964年、兵庫県生まれ。日大一高卒業。1984年にプロ転向後、ツアープロとして活躍。プロ入り9年目の1994年、国内メジャータイトルのひとつ日本プロで初優勝。ジャンボ尾崎との死闘は記憶に残る。その後、ツアーからティーチングプロとして都内にゴルフスタジオを開設し、後進の指導にあたっている。

上記内容は本書刊行時のものです。