版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
免疫革命 がんが消える日 日本経済新聞社(編集) - 日本経済新聞出版社
..
日経プレミアシリーズ

免疫革命 がんが消える日

新書判
192ページ
定価 830円+税
ISBN
9784532263317
Cコード
C1247
教養 新書 医学・歯学・薬学

出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年1月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-03-18 日本経済新聞  朝刊

紹介

「これは革命だ」──尽くす手がないと言われた末期がん。
そのがん細胞が小さくなるだけではなく、一部の患者ではがん細胞が消滅する結果が出た。

その新薬は、小野薬品工業とBMSによる免疫薬「オプジーボ」。

14年9月に悪性黒色腫の治療薬として製造販売承認を受け、その対象範囲を徐々に広げている。
肺がん、腎臓がん、血液がんでの適用が認められ、さらに胃がんや食道がんへの適用拡大も予定。
まさに「がん治療の最終兵器」として注目されている。

本書はそのオプジーボを軸に、がん治療の最前線に迫るルポルタージュだ。

誰にでも効果があるのか。
重篤な副作用を招く危険性がある、というのは本当か。
他の治療法と併用して平気なのか。
数千万円という費用は下がるのか。
これからどんな類似薬が登場するのか。

日経の専門記者が、もっとも知りたい疑問に答える!

目次

プロローグ--「余命3カ月」からの生還

第1章 オプジーボの衝撃

第2章 免疫療法のしくみ

第3章 現場発「オプジーボの希望」

第4章 「超」高額薬、オプジーボ

第5章 効果は高い、副作用も重い

第6章 過熱する開発競争、「ポストオプジーボ」は?

エピローグ──がんは永遠に「不治の病」か

上記内容は本書刊行時のものです。