版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:31:"都鄙問答経営の道と心 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-532-19421-5";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:328:"「貪るものは家を亡ぼす」「倹約は創造の母」「和の経営、暖簾の尊重」-。江戸時代に記された石門心学の真髄『都鄙問答』を通して、日本の経営の「道と心」を解き明かした瞠目の書。企業の不祥事が相次ぐ今、求められる清廉の経営とは。";s:6:"author";s:22:"由井 常彦(著/文)";s:10:"publishers";s:27:"日本経済新聞出版社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:27:"日本経済新聞出版社";s:12:"release_date";b:0;}

日経ビジネス人文庫 都鄙問答

都鄙問答経営の道と心 清廉の経営

由井 常彦(著)
発行:日本経済新聞出版社

  275頁 


ISBN 978-4-532-19421-5  

奥付の初版発行年月 2007年10月
登録日 2017年3月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-03-18 日本経済新聞  朝刊
評者:橋本徹(日本政策投資銀行相談役)

紹介

「貪るものは家を亡ぼす」「倹約は創造の母」「和の経営、暖簾の尊重」-。江戸時代に記された石門心学の真髄『都鄙問答』を通して、日本の経営の「道と心」を解き明かした瞠目の書。企業の不祥事が相次ぐ今、求められる清廉の経営とは。

目次

経営の聖典『都鄙問答』第1部 現代に読む『都鄙問答』(石田梅岩の思想の革新性-書名、序文と思想的背景
商人に学問は必要か-ビジネスと教育
貪る者は家を亡ぼす-市場経済と営利心
「天のなす所」と「見えざる神の手」-利潤の源泉と利潤率
倹約は創造の母-堅実経営のすすめ
商人と屏風は歪めば立たず-取引の公正・正直
和の経営、暖簾の尊重-人間関係と家の存続
生きがいの探究-「性理問答」について)
第2部 「道と心の経営」をたどる(心学の創始者、石田梅岩-商人奉公から思想教化の生涯
日本人のモラル「心学」の道-江戸時代の心学の発展
近代化と伝統と-明治期の会社と心学思想
「企業は人」の経営-大企業時代の到来、道と心
戦後の経営で何が変化したか-日本の産業民主主義)
「道と心の経営」は生きうるか

上記内容は本書刊行時のものです。