版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
一橋ビジネスレビュー 2017年SUM.65巻1号 一橋大学イノベーション研究センター(編集) - 東洋経済新報社
..

一橋ビジネスレビュー 2017年SUM.65巻1号 ノーベル賞と基礎研究――イノベーションの科学的源泉に迫る

A4変型判
192ページ
定価 2,000円+税
ISBN
9784492820766
Cコード
C3034
専門 単行本 経営

出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年6月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

特集は「ノーベル賞と基礎研究――イノベーションの科学的源泉に迫る」。日本出身のノーベル賞受賞者が3年連続で誕生し、日本の科学技術への評価が高まっている。その一方で、ノーベル賞は20、30年前の研究成果を評価しているに過ぎず、今日の大学・研究機関・企業を取り巻く状況から将来の科学技術の先行きを憂う声もある。基礎研究はなぜ必要なのか。ノーベル賞受賞者の分析やインタビュー、政策的背景、基礎研究の状況やその効果に関する解析、ビジネスとのかかわりまでを多面的に分析する。ビジネス・ケースは、ワイナリーを運営する社会福祉法人のこころみ学園/ココ・ファーム・ワイナリーと、再生可能エネルギーを活用した地域復興に成功している福島市の土湯温泉。特別インタビューはノーベル化学賞受賞者である野依良治氏。

目次

[特集]ノーベル賞と基礎研究
日本の政策的な文脈から見るノーベル賞(赤池伸一・原泰史)
ノーベル賞受賞者の特性分析から見える革新的研究の特徴(原泰史・壁谷如洋・小泉周)
スター・サイエンティストが拓く日本のイノベーション(齋藤裕美・牧兼充)
大学の研究力をどのように測るか?(小泉周・調麻佐志)
基礎研究重視へと変化する韓国(チャ・ドゥウォン)
5つの「なぜ?」でわかるノーベル経済学賞(安田洋祐)

[マネジメント・フォーラム]
野依良治(科学技術振興機構 研究開発戦略センター長)

[ビジネス・ケース]
こころみ学園/ココ・ファーム・ワイナリー:
 人が「働くこと」の意味を問い直す――知的障害者支援施設の挑戦
土湯温泉:再生可能エネルギーを活用した地域復興

[連載]
ビジネスモデルを創造する発想法 第4回(井上達彦)
クリエイティビティの経営学 第3回(稲水伸行)

著者プロフィール

一橋大学イノベーション研究センター  (ヒトツバシダイガクイノベーションケンキュウセンター)  (編集

一橋大学イノベーション研究センター(ヒトツバシダイガクイノベーションケンキュウセンター)

上記内容は本書刊行時のものです。