版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
資本主義の思想史 ジェリー・Z・ミュラー(著/文) - 東洋経済新報社
..

資本主義の思想史 市場をめぐる近代ヨーロッパ300年の知の系譜

A5判
612ページ
定価 6,000円+税
ISBN
9784492371176
Cコード
C3033
専門 単行本 経済・財政・統計
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年12月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

人々は市場とどう向き合ってきたのか? 資本主義の勃興期、1700年代から今日に至る、300年にわたる膨大な知の歩みを時代背景と当時の最良の言説とともに描き出す。取り上げるのは、経済学者にとどまらず、文学者、哲学者、政治家など幅広い。取り上げる人物:ボルテール、アダム・スミス、ユストゥス・メーザー、エドマンド・バーク、ヘーゲル、カール・マルクス、マシュー・アーノルド、マックス・ウェーバー,ゲオルク・ジンメル,ヴェルナー・ゾンバルト、ルカーチ・ジェルジ、ハンス・フライヤー、ヨゼフ・シュンペーター、ジョン・メイナード・ケインズ、ヘルベルト・マルクーゼ、フリードリッヒ・ハイエク。

目次

はじめに
第1章 歴史的背景――権利、正義、徳
第2章 ヴォルテール――「高貴な出自の商人」
第3章 アダム・スミス――道徳哲学と経済学
第4章 ユストゥス・メーザー――文化の破壊者としての市場
第5章 エドマンド・バーク――商業、保守主義、知識人
第6章 ヘーゲル――選択するに値する人生
第7章 カール・マルクス――ユダヤ人高利貸しから普遍的搾取に至るまで
第8章 マシュー・アーノルド――俗物にビジネスというドラッグを断たせる
第9章 ウェーバー、ジンメル、ゾンバルト――共同体、個人、合理性
第10章 ルカーチとフライヤー――共同体の探求から、全体性の誘惑に至るまで
第11章 シュンペーター――技術革新と怨恨
第12章 ケインズからマルクーゼへ――豊かさとそれに対する不満
第13章 フリードリヒ・ハイエク――早過ぎた自由主義者
結論
謝辞
訳者解題

索引

著者プロフィール

ジェリー・Z・ミュラー  (ジェリー ミュラー)  (著/文

ジェリー・Z・ミュラー
アメリカ・カトリック大学歴史学科教授
アメリカ・カトリック大学歴史学部教授。1977年ブランダイス大学卒業、1984年コロンビア大学にてPh.D.取得。1996年より現職.専門は近代ヨーロッパの知性史、資本主義の歴史。主な著書に、Adam Smith in His Time and Ours(Free Press)、The Other God that Failed: Hans Freyer and the Deradicalization of German Conservatism、Conservatism: An Anthology of Social and Political Thought from David Hume to the Present、Capitalism and the Jews(いずれもPrinceton University Press)などのほか、『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙や『フォーリン・アフェアーズ』誌などへの寄稿も多数。

池田 幸弘  (イケダ ユキヒロ)  (翻訳

池田 幸弘(イケダ ユキヒロ)
慶應義塾大学経済学部教授
慶應義塾大学経済学部教授。1959年東京都生まれ。82年慶應義塾大学経済学部卒業、89年同大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。94年ホーエンハイム大学経済・社会科学部にて経済学博士号(Dr. oec.)取得。2004年より現職、17年10月より同学部長。専門は、経済学史・経済思想史。主な著書にDie Entstehungsgeschichte der "Grundsatze" Carl Mengers(Scripta Mercaturae)、War in the History of Economic Thought(共編著、Routledge)、『経済思想にみる貨幣と金融』(共編著、三嶺書房)、『近代日本と経済学』(共編著、慶應義塾大学出版会)、『オーストリア学派の経済学』(共著、日本経済評論社)、翻訳書に『貨幣論集(ハイエク全集)』(共訳、春秋社)、『ゴッセン人間交易論』(日本経済評論社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。