版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:18:"移民の経済学";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-492-31488-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1176:"「移民が来ると国が貧しくなる?」「移民で治安が悪くなる?」論争に決着!データに基づいた決定版、ついに刊行!アメリカや欧州などで繰り広げられている移民排斥論は根拠あるものなのか。今いる不法移民には何をなすべきか。国境開放化をどう考えるべきか。移民にまつわる各分野の専門家が徹底分析。日本にも多くの示唆を与える研究成果!【本書「解説」より】本書は、現在アメリカで論争の的になっている移民政策に対する警告の書である。これまで、移民のもたらす経済的効果さらに文化的、政治的効果については、膨大な研究成果が蓄積されてきた。それにもかかわらず、現在、メディア、議会および一般社会で行われている議論の多くは感情的なものであり、移民問題に関する学術的研究に基づいていない。こうした懸念から、これまでの膨大な研究成果をまとめて提示し、移民政策論議をより客観的かつ建設的なものに深めることを意図している。";s:6:"author";s:51:"ベンジャミン・パウエル(編集)…他4名";s:10:"publishers";s:21:"東洋経済新報社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:21:"東洋経済新報社";s:12:"release_date";i:1477580400;}

移民の経済学

社会科学 ラノベ

ベンジャミン・パウエル(編集), 藪下 史郎(翻訳 | 監修), 佐藤 綾野(翻訳), 鈴木 久美(翻訳), 中田 勇人(翻訳)
発行:東洋経済新報社

四六判   368頁 
定価 2,800円+税

ISBN 978-4-492-31488-3   C3033

書店発売日 2016年10月28日
登録日 2016年9月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-01-08 日本経済新聞  朝刊
評者:奥村洋彦(学習院大学名誉教授)
2016-11-20 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者:栗原裕一郎(評論家)

紹介

「移民が来ると国が貧しくなる?」「移民で治安が悪くなる?」

論争に決着!
データに基づいた決定版、ついに刊行!

アメリカや欧州などで繰り広げられている移民排斥論は根拠あるものなのか。
今いる不法移民には何をなすべきか。
国境開放化をどう考えるべきか。
移民にまつわる各分野の専門家が徹底分析。
日本にも多くの示唆を与える研究成果!

【本書「解説」より】
本書は、現在アメリカで論争の的になっている移民政策に対する警告の書である。これまで、移民のもたらす経済的効果さらに文化的、政治的効果については、膨大な研究成果が蓄積されてきた。それにもかかわらず、現在、メディア、議会および一般社会で行われている議論の多くは感情的なものであり、移民問題に関する学術的研究に基づいていない。こうした懸念から、これまでの膨大な研究成果をまとめて提示し、移民政策論議をより客観的かつ建設的なものに深めることを意図している。

目次

解説――移民政策への警告の書
第1章 イントロダクション
第2章 国際労働移動の経済効果
第3章 移民の財政への影響
第4章 アメリカ移民の市民的・文化的同化政策
第5章 雇用ビザ:国際比較
第6章 穏当な移民改革案
第7章 移民の将来:自由化と同化への道
第8章 国境の開放化に関する急進的な見解
第9章 結論:代わりとなる政策的視点
謝辞
参考文献
索引
著者紹介
監訳者・訳者紹介

著者プロフィール

ベンジャミン・パウエル(ベンジャミン パウエル)

ベンジャミン・パウエル
テキサス工科大学教授
テキサス工科大学教授(経済学)・自由市場研究所所長。学術誌Review of Austrian Economicsエディターなど歴任。Ph.D.(経済学、ジョージ・メイソン大学) 学術論文等に加え、一般向けに移民問題について執筆。

藪下 史郎(ヤブシタ シロウ)

藪下 史郎(ヤブシタ シロウ)
早稲田大学政治経済学術院名誉教授
早稲田大学政治経済学術院名誉教授。1966年東京大学経済学部卒業、1972年イェール大学Ph.D.取得後、東京都立大学(現・首都大学東京)、横浜国立大学を経て、1991年より早稲田大学政治経済学部教授、2014年3月退職。

佐藤 綾野(サトウ アヤノ)

佐藤 綾野(サトウ アヤノ)
高崎経済大学経済学部准教授
高崎経済大学経済学部准教授。1992年日本女子大学家政学部卒業、1999年早稲田大学政治経済学部卒業、2005年早稲田大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学、博士(経済学)。新潟産業大学経済学部専任講師、高崎経済大学経済学部専任講師を経て、2009年より現職。

鈴木 久美(スズキ クミ)

鈴木 久美(スズキ クミ)
山形県立米沢女子短期大学社会情報学科准教授
山形県立米沢女子短期大学社会情報学科准教授。1993年早稲田大学政治経済学部卒業、2006年早稲田大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学後、早稲田大学政治経済学術院助手、米沢女子短期大学社会情報学科専任講師を経て、2010年より現職。

中田 勇人(ナカタ ハヤト)

中田 勇人(ナカタ ハヤト)
明星大学経済学部准教授
明星大学経済学部准教授。1998年早稲田大学教育学部卒業、2003年一橋大学大学院商学研究科博士課程単位取得満期退学後、明星大学経済学部専任講師を経て、2009年より現職。

上記内容は本書刊行時のものです。