版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
核戦争の瀬戸際で ウィリアム・J・ペリー(著/文) - 東京堂出版
..

核戦争の瀬戸際で

発行:東京堂出版
四六判
320ページ
定価 2,500円+税
ISBN
9784490209785
Cコード
C1031
教養 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年12月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-03-31 日本経済新聞  朝刊
評者: 中西寛(京都大学教授)
2018-02-18 朝日新聞  朝刊

紹介

現在、北朝鮮の核問題に世界中が注目しているが、北朝鮮と米国を巡る危機は、すでに1994年に起こっていた。当時のクリントン政権で国防長官を務めたペリー氏が、核戦争の瀬戸際で生きてきた自らの人生を振り返った自伝、 『My Journey at the Nuclear Brink 』 待望の翻訳。

目次

序 章  もしワシントンで核兵器テロが起こったら?
第1章  キューバ危機、核の悪夢
第2章  天空の火
第3章  ソビエト核ミサイルの脅威
第4章  シリコンバレーの原風景
第5章  国防次官への就任要請
第6章  「相殺戦略」の実施とステルス技術の登場
第7章  アメリカの核戦力強化
第8章  核警報、軍縮、そして失われた核不拡散の機会
第9章  外交官としての国防次官
第10章 冷戦の終結、再び民間人として
第11章 首都ワシントンへの帰還
第12章 国防長官就任
第13章 核兵器解体、ナン・ルーガー法の実施
第14章 北朝鮮の核危機
第15章 STARTⅡと核実験禁止条約をめぐる戦い
第16章 NATO、ボスニア、ロシアとの安全保障の絆
第17章 ハイチ「無血」侵攻と西半球安全保障の確立
第18章 軍事能力と福利厚生のあいだの「鉄の論理」
第19章 武器よさらば
第20章 途切れていたロシアとの安全保障の絆
第21章 共通の土台を求めて
第22章 北朝鮮政策の見直し
第23章 イラクでの大失策
第24章 「冷戦主義者」たちの新たなヴィジョン
第25章 核なき世界を目指して
終 章  日本 私の人生を変えた国

著者プロフィール

ウィリアム・J・ペリー  (ウィリアム J ペリー)  (著/文

1927年生まれ。江戸時代に日本へ来航したペリー提督は5代前の伯父にあたる。 ビル・クリントン政権において国防長官を務めた(1994年2月3日から1997年1月23日)。現在、スタンフォード大学教授。1947年に軍隊へ志願。入隊直後に占領地日本へ派遣され、東京滞在約2ヶ月、沖縄滞在約1年半の経験を持つ。ベトナム戦争へも従軍。

松谷 基和  (マツタニ モトカズ)  (翻訳

1975年生まれ。東京大学大学院を経て、ハーバード大学大学院博士課程修了。現在、東北学院大学准教授。専門は朝鮮半島史、東アジア研究。

上記内容は本書刊行時のものです。