版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
プーチンの国家戦略 小泉 悠(著/文) - 東京堂出版
..

プーチンの国家戦略 岐路に立つ「強国」ロシア

発行:東京堂出版
四六判
336ページ
定価 2,200円+税
ISBN
9784490209501
Cコード
C0031
一般 単行本 政治-含む国防軍事

出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2016年9月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-01-08 読売新聞  朝刊
評者: 三浦瑠麗(国際政治学者、東京大学講師)
2016-11-27 日本経済新聞  朝刊
2016-11-20 毎日新聞  朝刊
評者: 岩間陽子(政策研究大学院大学教授・国際政治)

紹介

プーチン大統領が絶対的指導者として君臨するロシア。この大国は、どこに向おうとしているのか。軍事、核、宗教、ウクライナ、NATO、旧ソ諸国、北方領土問題、宇宙開発など多岐にわたる切り口からロシアの戦略に迫る。「軍事大国ロシア 新たな世界戦略と行動原理」で話題となった、いま注目の若手ロシア研究者 小泉悠氏の最新作。

目次

序章 プーチンの目から見た世界

第1章 プーチンの対NATO政策 ― ロシアの「非対称」戦略とは
    1 ロシア軍の「復活」  
    2 NATOに対する「弱者の戦略」  
    3 ロシアの軍事力を支える「介入」と「拒否」  

第2章 ウクライナ紛争とロシア-「ハイブリッド戦争」の実際
    1 「ハイブリッド戦争」の方法論  
    2 クリミア半島電撃戦   
    3 泥沼化するドンバス紛争――もう一つの「ハイブリッド戦争」  
    4 ロシアにとっての「ハイブリッド戦争」   

第3章 「核大国」ロシア
    1 ロシアと「核なき世界」  
    2 積極核使用ドクトリンへの傾斜?  

第4章 旧ソ連諸国との容易ならざる関係
    1 不信の同盟CSTO   
    2 「同盟」のレゾンデートル  
    3 ミンスクに「礼儀正しい人」が現れる日  

第5章 ロシアのアジア・太平洋戦略
    1 日中露の三角関係  
    2 極東ロシアの軍事力  

第6章 ロシアの安全保障と宗教
    1 宗教を巡るポリティクス  
    2 ロシアの安全保障と「イスラム・ファクター」  
    3 「イスラム国」とロシア  

第7章 軍事とクレムリン
    1 「シロヴィキ」の台頭  
    2 シロヴィキをめぐる軋轢  
    3 「国家親衛軍」をめぐって   

第8章 岐路に立つ「宇宙大国」ロシア
    1 宇宙作戦能力の回復   
    2 宇宙産業の建て直しはなるか   
    3 もう一つの重要課題――外国依存からの脱却  

結 び  

おわりに  

著者プロフィール

小泉 悠  (コイズミ ユウ)  (著/文

1982年千葉県生まれ。早稲田大学社会科学部、同大学院政治学研究科修了。政治学修士。民間企業勤務、外務省専門分析員、ロシア科学アカデミー世界経済国際関係研究所(IMEMO RAN)客員研究員などを経て、現在は公益財団法人未来工学研究所で客員研究員を務める。ロシアの軍事・安全保障を専門としており、特にロシアの軍改革、ハイブリッド戦略、核戦略、宇宙戦略などに詳しい。主著に『軍事大国ロシア 新たな世界戦略と行動原理』(作品社、2016年)があるほか、『軍事研究』誌等でロシアの軍事・安全保障に関する分析記事を執筆している。テレビ、ラジオなどのメディア出演も多い。

上記内容は本書刊行時のものです。