版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:15:"処世の別解";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-486-02163-6";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:453:"世に溢れる夢、希望、努力といった「前向きな言葉」の洪水に閉口している人に向け、「辞める」ことから逆算する「人生の別解」の重要性を示す。 他人との比較を拒み、自分の能力向上のみに専心することで、「最悪の選択」は避けられると力強く説く。 長く科学教育に携わってきた著者独特の切口が冴える「脱力の勧め」である。 ";s:6:"author";s:19:"吉田 武(著/文)";s:10:"publishers";s:21:"東海大学出版部";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:21:"東海大学出版部";s:12:"release_date";i:1509289200;}

処世の別解 -比較を拒み「自己新」を目指せ-

教育 ラノベ

吉田 武(著/文)
発行:東海大学出版部

B6判   176頁 
定価 1,300円+税

ISBN 978-4-486-02163-6   C0037

書店発売日 2017年10月30日
登録日 2017年10月3日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

世に溢れる夢、希望、努力といった「前向きな言葉」の洪水に閉口している人に向け、「辞める」ことから逆算する「人生の別解」の重要性を示す。
他人との比較を拒み、自分の能力向上のみに専心することで、「最悪の選択」は避けられると力強く説く。
長く科学教育に携わってきた著者独特の切口が冴える「脱力の勧め」である。

目次

はじめに
第 1 部 警句に疑問符を!
第 1章「数学は積み重ね」と言われても
第 2章「センスが必要だ」と言われても
第 3章「レベルが問題だ」と言われても
第 4章「本を数多く読め」と言われても
第 5章「取捨選択せよ」と言われても
第 6章「名作を読め」と言われても
第 7章「自由に考えろ」と言われても
第 8章「思いやりを持て」と言われても
第 9章「もてなしの心を持て」と言われても
第10章「劣等感を力にせよ」と言われても
第11章「物より心」と言われても
第12章「挫折を語れ」と言われても
第13章「運も実力の中」と言われても
第14章「何事も経験だ」と言われても
第15章「好きなことを探せ」と言われても
第16章「好き嫌いをなくせ」と言われても
第17章「これは事実だ」と言われても
第18章「メモを取れ・目を見て話せ」と言われても
第19章「謙虚になれ」と言われても
第20章「競争から降りよ」と言われても

第 2 部 幻想に終止符を!
第21章「改革」にまつわる幻想
第22章「合理性」にまつわる幻想
第23章「アメリカと語学教育」にまつわる幻想
第24章「知識と暗記」にまつわる幻想
第25章「虚と美」にまつわる幻想
第26章「三日坊主」にまつわる幻想
第27章「独創と模倣」にまつわる幻想
第28章「若さと言葉」にまつわる幻想
第29章「無邪気な子供」にまつわる幻想
第30章「オンリーワン」にまつわる幻想
第31章「スポーツ」にまつわる幻想
第32章「生存競争」にまつわる幻想
第33章「幻想」にまつわる幻想
おわりに

その他情報

著者からのコメント『処世の別解』によせて
本書は、悩める人に贈る「脱力の勧め」である。競争を煽る世の中に翻弄され、欲してもいない「夢」や「希望」を語ることに疲れた人。争いを嫌い、そこから距離を取ることを「逃げ」と批判され困惑している人。「あの時、辞めれば/辞めなければ」という後悔をしたくない人のために、人生訓や諺など世の常識を支えている言葉について再考する。本書が求めるものは、永続的な指針であって、その場限りの答ではない。「多数派の言葉」がもたらす「圧力」を退け、小事を大事と思わせる「幻想」に終止符を打つことである。「短絡的な結論」「最悪の判断」を避けるためには、「辞める」ことを選択肢に含む「別解」の模索が、そしてこれを「攻め」と捉える発想の転換が、何より重要なのである。

出版社からのコメント
著者は、「本書は苦悶する人・悲観的な人のものであり、順風満帆の人・楽観的な人のものではない」と記し、「好調な人はその流れのままで」としてこれを肯定し、持論に誘導しない。苦しみの根源が「多数派の言葉」にあることを示し、そこから如何に「逃れるか」という議論に徹している。従って、読者の立場により読後感は大きく異なるだろう。しかし、心身ともに疲弊した末に「結論を急ぐ人」が多い昨今、全ての人が「表面的な激励が持つ危うさ」について知る必要があると説いている。なお記述は平易であり、難解な用語などは一切用いず、難読字にはルビを振っている。大著『虚数の情緒』などを通して、長く科学教育に貢献してきた著者独特の切口が冴える警世の書である。御一読を乞う。

著者プロフィール

吉田 武(ヨシダ タケシ)

吉田 武
京都大学工学博士(数理工学専攻)
数学・物理学の独習書を独自の視点から書き続けている。

上記内容は本書刊行時のものです。